Kana2021.11.21.9

2021年11月21日-ANIME NYC-Vol.2

今回はアニメのペイントがされた、所謂“痛車”の展示が2019年よりも多く、会場内で10台くらい目にしました。

大型の企業ブース以外にもTシャツやバッグなどのアクセサリーを販売するブースも多く賑わっています。

ARTIST ALLEYと呼ばれるエリアには、世界中から集まった約400人のアーティストの方々が自身の手書きのイラストやキーホルダーを販売しています。SNSで知り合ったりしたファンの人たちが直接お目当てのアーティストの方から購入できる機会ということもあり、盛り上がっています。

電飾飾りのお面やコスプレを盛り上がるソードなども販売しています。

会場内の一部では声優の方やアニメクリエイターの方のサイン会が行われています。

80年代に流行った日本の曲のレコードやゲーム機器を販売するブースや、80~90年代を代表するアーケードゲームの名作タイトルで遊ぶことが出来るゲーム機を設置したエリアなど、来場者の方はアニメの他にゲームも楽しむことが出来ます。

私も魅了され、影響を受けた、ダーク・ファンタジーの金字塔・・・『ベルセルク』。その『ベルセルク』の作者の三浦建太郎さんが今年の5月に亡くなり、そのニュースに私もショックで涙しました。その三浦建太郎さんのメモリアルブースが会場内に設置され多くのファンがお礼や思いの寄せ書きをしました。ストーリーや画力・・・全てにおいて凄い作品。その凄さに圧倒されたファンが文化や言語などを飛び越えて世界中にいることを実感しました。

2021年11月21日-ANIME NYC-Vol.1   2021年11月21日-ANIME NYC-Vol.3

  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫と一緒に、NYで生まれた娘と息子、2人の子供の子育てに日々奮闘中。

    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。

    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、エンターテインメントの最新情報から、子育てや学校事情、NYの近況報告まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。

    チームユニフォームを着てジジ・ハディッドとベラ・ハディッドも熱烈観戦していたNYを本拠としているナショナルホッケーリーグ(NHL)所属のニューヨーク・レンジャース(New York Rangers)のファン。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_5_26_1
    NY時間の本日2024年5月27日は、Memorial Day(メモリアルデー:戦没将兵追悼記念日)…
  2. kana2024_5_19_1
    日本時間5月17日~19日まで地元、東京・浅草で開催されました三社祭、3日間で約191万人が訪れ今年…

レーサー鹿島Blog

  1. ヒストリックカーレース「サイドウェイトロフィー」が行われた袖ヶ浦フォレストレースウェイで。TRI…
  2. ヒストリックカーレースのレギュレーション(1969年までの車両が参加)に合わせて、1960年…
ok!family
PAGE TOP