Kana2022.9.16.8

2022年9月16日- The Toy Insider’s Holiday of Play 2022(後編)

2022年9月16日- The Toy Insider’s Holiday of Play 2022(前編)

今回も面白い新作玩具がたくさん。実際にスタッフの方と一緒に製品に触りながら製品をチェック出来るのは、やはり良いですね。今回は息子のテンションが上がった新製品や、私が子供たちに良いねと思った玩具をご紹介いたします☆

スナップ付きのビルディング コンポーネントを使用して単純な「行と列」のベース グリッド上に電子回路を組み立て、基本的なエンジニアリング、エレクトロニクス、および回路の概念を学ぶ事が出来る、Snap Circuits®。8歳以上で将来のエンジニアになりたい子供に最適なサイズと複雑さの異なる幅広いキット、5歳以上の子供向けに設計された初心者セットもあります。この初心者向けのキットはボタンを押すとプロペラ部分が上に飛ぶ仕掛けで、2歳の息子もどこのボタンを押せばプロペラ部分が上に飛ぶのか理解しながらボタンを押すのを楽しんでいました。目的に対するプロセスを学びながら遊ぶ知育玩具です。プロペラ部分を飛ばすSnap Circuits Juniorのアメリカ国内での希望小売価格は$44.99(送料・税別)。

10月で7歳になる娘が少し前に3Dを作りたいと言っていたのを思い出しました。6歳以上の子供が安全に使用できるように設計され、使いやすい3Dペンでカラフルな3D構造を形成することが出来る、現在、250万を超える 3Doodlerが出荷されている最も売れている3Dプリント製品を販売するThe 3Doodler。「あなたが想像したものは何でも描くことができます。それはあなたの脳からあなたの手へ、すぐそこに行きます。」とのことで、アイディア次第でいろいろな物が作れます。溶かして使うカラフルな棒状のプラスチックなど、別売りでパーツも購入出来ます。3Doodler Start+ Essentials 3D Printing Pen Setのアメリカ国内での希望小売価格は$44.99(送料・税別)。

私も小さい時に幾何学模様を描くため定規を持っていて、グルグル回しながら幾何学模様を描いていました。懐かしい。小さい円の定規とか失くしやすかった・・・そこを解決した新製品を発見! PlayMonster Spirograph®の新製品は、なんと大きなパーツの中に小さなパーツが入っているので紛失しないよう改良されていました。画期的です。自分で描いた幾何学模様を回転しながら光でプロジェクターのように照らすSpirograph® Animatorのアメリカ国内での希望小売価格は$29.99(送料・税別)。

息子が何度も何度も乗りたいと興奮しました、FlybarのRacer Bumper Car。18ヶ月から4歳まで安全に乗れるモデルです。左折や右折や360度グルグル回るのも手のひらで簡単に操縦できます。平たい場所でスムーズに動きます。バッテリーは一晩で充電でき、交換用バッテリーも用意されているので、子供の成長に合わせて十分に楽しむことができます。耐久性のあるプラスチックシェルと偏平防止ホイールで作られ激しい遊びに耐えられる強度を備えています。なんと大人も乗れる大きさのバンパーカーもあります。広い場所でお友達を集まって乗ったら楽しそう! Racer Bumper Carのアメリカ国内での希望小売価格は$129.00(送料・税別)。

インフレが玩具にも影響を与えている為、いつもよりも多めに予算を組んだり、人気の玩具の売り切れを避ける為に早めに購入する必要があったりとした上で、主催のThe Toy Insideが収集したデータによると、消費者は今年のホリデーシーズンに玩具やゲームに最大15%多く支払うことになると予想されます。その点を踏まえて今回のホリデーギフトガイドでは、出来る限り消費者側が購入しやすい価格の玩具やゲームを幅広く取り揃え、ただ遊ぶだけでなく、子供たちに何かを残せる事も配慮したセレクションだった印象です。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から少しずつ元気を取り戻してきている玩具市場。その市場をどのようにもっと活性化させるのか、アメリカの市場の動向は日本の市場にも参考になると思います。

  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫と一緒に、NYで生まれた娘と息子、2人の子供の子育てに日々奮闘中。

    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。

    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、エンターテインメントの最新情報から、子育てや学校事情、NYの近況報告まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。

    チームユニフォームを着てジジ・ハディッドとベラ・ハディッドも熱烈観戦していたNYを本拠としているナショナルホッケーリーグ(NHL)所属のニューヨーク・レンジャース(New York Rangers)のファン。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2022_10_3_1
    ダウンジャケットを着ている人もちらほら・・・、今日のNYは気温が10度を下回る寒い1日となりました。…
  2. Kana2022_9_27_1
    今週の土曜日、10月1日は娘の7歳のお誕生日! その前日の金曜日は学校のクラスでお祝いをしてもらおう…

レーサー鹿島Blog

  1. “アメリカ最古のモーターサイクルブランド”インディアンモーターサイクル、日本初のオーナーズイベン…
  2. ライダーの命を守るアライヘルメットのメンテナンス基地には、各セッション後、たくさんのヘルメットが持ち…
ok!family
PAGE TOP