Kana2021.11.7.1

初めて食べたPlant Based Meat-植物肉-

健康面や環境面や経済面などの多くの分野で常に世間を賑わす“食”に関するトピック。

ここ数年前くらいから、大豆やえんどう豆や小麦などの植物性タンパク質を加工した“Plant Based Meat”の“植物肉”や、牛や豚などの家畜を殺さない為に“クリーンミート”と呼ばれる家畜から採取した細胞を培養した“培養肉”のいわゆる‟人工肉”について研究や商品化が世界中で活発となっています。

その背景には、世界の食糧危機問題として将来の食肉生産事情や、健康意識の高まりや地球環境を考え、ヴィーガン(Vegan:完全菜食主義者)としてのライフスタイルの急増などの理由があります。アメリカではお馴染みのファーストフードチェーンなどで既に“植物肉”のハンバーガーが販売されていますし、一般的なスーパーマーケットでも約$10~“植物肉”が販売されており、気軽に購入できます。

Kana2021.11.7.2

お肉大好きな我が家では、特に“植物肉”を購入することもなかったのですが、主人がたまに外食で“植物肉”を食べて美味しいというので、私もスーパーマーケットで、2009年に設立し2019年5月に米国ナスダックへ株式を上場した植物肉ベンチャーのBEYOND MEAT(ビヨンド・ミート)のヒット商品の‟植物肉”パテ、BEYOND BURGERを購入してみました。

初めていただく“植物肉”。焼いていただきました。お味は・・・“本物のお肉みたい”と聞くこともありますが、私的には食感や柔らかく本物のお肉のように感じますが、味は“本物のお肉”とは違ったお味という印象です。エンドウ豆を多く使っているとのことで、独特なにおいが気になる感じでした。“本物のお肉”の味の代わりとして頂くということでなければいいのかな・・・。

将来“人工肉”を頻繁に食するようになることが避けられないのであれば・・・“培養肉”の方もチャンスがあれば頂いてみたいと思います。ブームだからということではなく、将来的な食肉生産事情や環境のことを考えると、“人工肉”の更なる開発や商品化は必要不可欠のように感じます。

  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫と一緒に、NYで生まれた娘と息子、2人の子供の子育てに日々奮闘中。

    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。

    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、エンターテインメントの最新情報から、子育てや学校事情、NYの近況報告まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。

    チームユニフォームを着てジジ・ハディッドとベラ・ハディッドも熱烈観戦していたNYを本拠としているナショナルホッケーリーグ(NHL)所属のニューヨーク・レンジャース(New York Rangers)のファン。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2021.11.21.18
    開催されなかった昨年の分まで楽しもうと会場内は多くのコスプレイヤーの方々で盛り上がっています。今年は…
  2. Kana2021.11.21.9
    今回はアニメのペイントがされた、所謂“痛車”の展示が2019年よりも多く、会場内で10台くらい目にし…

レーサー鹿島Blog

  1. SUZUKI GSX 1100Sカタナをはじめとする数々の名車を生み出し、国内外のモータースポーツシ…
  2. 「ル・マン24時間」を走った伝説のレースカー、「MAZDA 767B」の咆哮が箱根の山に響き渡るまで…
ok!family
PAGE TOP