OKJBradleyCooper1_1

12月8日から日本の一部劇場で公開、12月20日にNetflixで全世界にストリーミングされる『マエストロ: その音楽と愛と』で映画の監督、脚本の共同執筆、マーティン・スコセッシ(Martin Scorsese)とスティーヴン・スピルバーグ(Steven Spielberg)と共にプロデュースをし、主人公の世界的指揮者レナード・バーンスタインを演じたブラッドリー・クーパー(48歳)。

OK! インタビュー☆ブラッドリー・クーパー:『マエストロ: その音楽と愛と』(前編)

映画の監督、プロデュース、脚本の共同執筆も務め、主人公の世界的指揮者レナード・バーンスタインを演じたブラッドリー・クーパー。

幼い頃、フィラデルフィアで育ったブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)は、自分の部屋で交響楽団の指揮者のふりをして何百時間も過ごしたに違いないと回想します。新作映画『マエストロ: その音楽と愛と』(原題:Maestro)では、伝説的なニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者レナード・バーンスタイン(Leonard Bernstein)をタイトルロールとして演じ、クーパーはマーラーの交響曲第5番の演奏中に指揮台に立って生のオーケストラを指揮するという念願をついに叶えました。それにもかかわらず、バーンスタインをチャネリングし、指揮者の仕事を遂行するプロセスは、映画の監督、プロデュース、脚本の共同執筆も務めたクーパーにとって、困難な挑戦でした。

「(指揮は)私がこれまで経験した中で最も恐ろしいことでした。そして、この5年間で会った多くの人がこう言ったのだから、とても奇妙なことです。『ところで、指揮者って一体何をするのですか? あそこで(腕を振って)いるじゃないですか?』 そして私の答えは、『それはあなたがこれまでにやりたいと思った中で最も難しいことですよ。』です。それは不可能です。」とクーパーは語りました。

クーパーは控えめすぎます。11月22日に英国や米国の一部の劇場で公開され、12月20日にNetflixで全世界にストリーミングされる『マエストロ: その音楽と愛と』(日本では12月8日から一部劇場で公開)では、バーンスタインがコンサート出演にもたらした興奮と激しさを完全に捉えています。40年にわたり、この有名な音楽の天才は、ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan)やクラウディオ・アバド(Claudio Abbado)らと並び、世界で最も重要で才能のある交響楽団指揮者の一人としての地位を確立しました。

クーパーのバーンスタインに対する執着は、映画ミュージカル『ウエスト・サイド物語』(原題:West Side Story)や『キャンディード』(原題:Candide)、エリア・カザン(Elia Kazan)の代表作『波止場』(原題:On the Waterfront)、テレビ放映された若者のコンサート、そして彼のバーンスタイン『ミサ』曲と、作曲家としても同じく有名な男の帝国の威圧感を捉える広範な試みによって償われた映画『マエストロ: その音楽と愛と』で完全に証明されています。

「6分25秒の音楽を作るのに6年半かかりました。これまでの人生でこのようなことは一度も経験したことがないし、二度とないかもしれません。」とクーパーは『マエストロ: その音楽と愛と』の指揮シーケンスの準備について語りました。

物語のほとんどは、バーンスタインと、コスタリカ系チリ人の女優フェリシア・モンテアレグレ・コーン(Felicia Cohn Montealegre)(キャリー・マリガン(Carey Mulligan)が演じる)との結婚を中心に展開します。彼女とは、1946年にバーンスタインがニューヨーク・フィル史上最年少の指揮者となった後、ニューヨーク市のパーティーで初めて出会いました。

バーンスタインには数多くの同性愛関係があり、それを妻にほとんど隠さなかったにもかかわらず、彼とモンテアレグレは、1978年に肺癌で彼女が亡くなるまで、ほぼ調和のとれた情熱的な恋愛を楽しんでいました。(バーンスタインは1990年に心臓発作により72歳で亡くなります。)

この映画を製作するために、クーパーはバーンスタインの3人の子供たち、ニーナ・バーンスタイン・シモンズ(Nina Bernstein Simmons)、アレクサンダー・バーンスタイン(Alexander Bernstein)、ジェイミー・バーンスタイン(Jamie Bernstein)に協力を求め、彼らの協力を得ました。彼らは多くの個人的な詳細や亡き両親の思い出を彼に語りました。

映画製作中にレナード・バーンスタインの存在を感じたかどうか尋ねられたクーパーは、被写体に会ったことはありませんでしたが、次のように語りました。「彼は確かに、ずっと私と一緒にいました。彼のエネルギーがどういうわけか私に伝わってきて、本当に彼のことを知っているような気がします。」

『マエストロ: その音楽と愛と』は、クーパーにとってプロデューサー、俳優、脚本家として3つのアカデミー賞にノミネートされた『アリー/ スター誕生』(原題:A Star Is Born)(2018年公開)に続く2作目の監督作品となります。48歳のブラッドリー・クーパーはニューヨーク市に住んでおり、元パートナーでモデルのイリーナ・シェイク(Irina Shayk)と6歳の娘レア(Léa)の親権を共有しています。現在、モデルのジジ・ハディッド(Gigi Hadid)との交際が噂されています。

[注:ブラッドリー・クーパーによる以下のコメントは、最近締結されたSAG/AFTRA俳優組合のストライキに先立ってなされたものです。]

━━スティーヴン・スピルバーグ(Steven Spielberg)監督は当初、あなたを主演に迎えて『マエストロ: その音楽と愛と』を監督する予定でしたが、最終的にあなたに監督のバトンを渡すことにしました。それはどのようにして起こったのでしょうか?

スティーヴンは長い間この物語の監督をしたいと思っていましたが、『アリー/ スター誕生』を見た後、私が適任だと判断しました…それは私にとって素晴らしい機会であり、5年後にこの映画が実現しました。

━━交響楽団の指揮者に関するこの種の野心的なプロジェクトに資金を見つけるのは困難でしたか?

クラシック音楽を扱った映画(ちなみに半分モノクロです。)に多額の投資を希望したのは、Netflixだけでした。レディー・ガガ(Lady Gaga)以外誰も『アリー/ スター誕生』を信じていませんでしたが、それでも誰もがそれを好きになりました。

━━ほとんどの観客が映画館ではなく自宅でストリーミングを通じて映画を体験することは重要ですか?

私は『ゴッドファーザー』(原題:The Godfather)、『地獄の黙示録』(原題:Apocalypse Now)、『ディア・ハンター』(原題:The Deer Hunter)、『タクシードライバー』(原題:Taxi Driver)を映画館で見たことがありませんが、それらの映画は私の人生を変えました。コンテンツが魂に直接届くのであれば、どこで見られるかは重要ではありません。それでも必ず届きます。

Words © Jan Janssen / Wenn
Photo © WENN.com

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_2_20_9
    2024年2月20日-Coterie New York(前編)時間や場所の指定に数量と限りが…
  2. Kana2024_2_20_1
    NY時間の2月19日の週は、真冬の休み(Midwinter Recess)ということで娘と息子の通う…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週の放送(2月25日)は先週末、パシフィコ横浜に4万人を超え…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週の放送(2月25日)は先週末、パシフィコ横浜に4万人を超え…
ok!family
PAGE TOP