OKJTimotheeChalamet2_1

12月8日に日本で公開されるポール・キング監督のミュージカル・コメディ『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』で主人公のウィリー・ウォンカを演じるZ世代を代表する男性セックスシンボルのティモシー・シャラメ(Timothée Chalamet)(27歳)。

OK! インタビュー☆ティモシー・シャラメ:『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』(後編)

主人公の風変わりなショコラティエ、ウィリー・ウォンカを喜びと希望に満ちた人物として演じる、最もホットな若手スターのティモシー・シャラメ。

━━『君の名前で僕を呼んで』を監督し、昨年の『ボーンズ アンド オール』(原題:Bones and All)でも一緒に仕事をして以来、イタリア人監督ルカ・グァダニーノ(Luca Guadagnino)があなたに大きな影響を与えてきたことをよく認めていますか?

彼は私にとって父親のような存在です。彼は、『君の名前で僕を呼んで』(原題:Call Me By Your Name)で最初から最後まで私を導いてくれました。この映画は私のキャリアの転換点となり、私は彼に大きな恩義を感じています。

最後の映画では、彼は私が脚本について意見を述べるのを許可してくれました。全体的に私は彼に理解され、励まされ、サポートされていると感じています。彼は、俳優が人間の魂の最も本物の要素を自由に探求できる、刺激的で快適な作業環境を作り出すことができる監督の1人です。

━━これまで携わった映画セットで最高の経験は何ですか?

『DUNE/デューン 砂の惑星』でルカとドゥニ・ヴィルヌーヴ(Denis Villeneuve)と仕事をしたことは別として、ウェス・アンダーソン(Wesley Anderson)と仕事をしたことと、『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(原題:The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun)でこの素晴らしいキャストの一員として参加できたことはとても気に入りました。撮影を始める前に、私は何人かの人から、ウェスの撮影方法は非常に異なっていて、俳優の間に素晴らしい化学反応を生み出していると言われていました。

その一例として、私たち(キャスト)は(フランスの)同じホテルで寝て、毎晩一緒に夕食をとりました。そして、私のような若い俳優にとって、ビル・マーレイ(Bill Murray)やティルダ・スウィントン(Tilda Swinton)のような名優に会えてとても幸運でした。2人ともとてもリラックスしていて、家族も一緒にいました。撮影現場の雰囲気と、時には同じシーンを40テイクも撮って、自分が正しいと感じるまで撮るよう要求するウェスに後押しされることも本当に楽しかったです。それは刺激的だと思いました。

━━『君の名前で僕を呼んで』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたことは、あなたとあなたのキャリアにどのような影響を与えましたか?

ノミネートされたことは私のキャリアにとって大きな後押しになりました。それは私に非常に若い年齢で即座に信頼を与え、その後、俳優にとって聖杯のような興味深いオファーをたくさん受け取るようになりました。その年の『レディ・バード』(原題:Lady Bird)(アカデミー主演女優賞ノミネート)で一緒に仕事をしたシアーシャ・ローナン(Saoirse Ronan)と一緒に賞シーズンを過ごしたことを覚えています。そのおかげで、私たち2人ともプレッシャーにずっと楽に対処できるようになりました。

━━あなたは自分をハリウッドにおけるZ世代の代表だと思いますか?

私は 1995年12月27日に生まれたので、ミレニアル世代とZ世代の間にいるような感じでした。正直に言うと、私は世界の住人であると感じていますし、私たちは皆つながっていると心から信じています。あなたがどこに住んでいるかは関係ありません。フランスでフランス人派遣に取り組んだ後、仕事でブダペストに行き、そこでの若者の願望がニューヨークやパリの若者の願望といかに同じであるかを見て感銘を受けたことを覚えています。

━━あなたはフランスとアメリカの両方のルーツを持っていますね。ご両親と2つの国で育ったことについて話していただけますか?

フランス人である私の父は、ル・パリジャン(Le Parisien)紙のジャーナリストとして働いていて、ニューヨークに出張に行きました。彼は現在、国連で働いています。私の母はダンサーで、今は不動産業で働いています。

15歳までほぼ毎夏フランスで過ごしていましたが、拠点はいつもニューヨークでした。妹と私がフランス人であると感じているのか、それともアメリカ人であると感じているのかは分かりません。彼女がパリにしばらく滞在している間、私はほとんどニューヨークに滞在していました。

━━あなたの姉のポーリン(Pauline)は女優です。あなたはまだ彼女の近くにいるのですか?

私は数歳年上の姉ととても仲が良いです。彼女とはよく話しますし、両親ともよく話し合います。でも、姉は私が何も、ほとんど何に対しても決して隠し事をしない唯一の人です(笑)。私にも仲の良い友達が何人かいますが、仕事が多いと定期的に連絡を取り合うのは難しいです。

私たちはフランスとアメリカの文化の両方が大好きで、両方の視点を持つことは常に興味深いものであり、ニューヨークやパリのような都市が提供する種類の生活を楽しむことができたのは私たちにとって素晴らしいことでした。どちらの文化も芸術に重点を置いており、それは明らかに私が高く評価していることです。

━━俳優業に専念しようと思ったのはいつですか?

アイヴァン・ライトマン(Ivan Reitman)が『ステイ・コネクテッド~つながりたい僕らの世界』(原題:Men, Women & Children)の役にキャスティングした2014年から俳優の仕事をしていましたが、『原題:HOMELAND』などいくつかのテレビシリーズで働いた後、高校卒業後にコロンビア大学に入学しました。

しかし、その時点では、映画の仕事のオファーが非常に多かったので、文学の研究を続けることが困難になりました。クリストファー・ノーラン(Christopher Nolan)が『インターステラー』(原題:Interstellar)に出演するために私を雇った後、その演技が私の人生における本当の野心であることをすでに知っていたと思います。

しかし、『レディ・バード』をやって初めて、シアーシャ・ローナンやルーカス・ヘッジズ(Lucas Hedges)のような優れた俳優たちと仕事をし、彼らや監督のグレタ・ガーウィグ(Greta Gerwig)から多くのことを学び、演技に完全に専念しようと決心しました。

━━あなたは、自分たちの世代が置かれているような窮状について、かなり率直に発言してきましたね。

言うまでもなく、今日若いのは簡単なことではありません。ソーシャルメディアの時代において、私たちは常に他人の判断や批判にさらされています。

そして私たちは、地球温暖化や国家主義的・権威主義的運動の台頭といった実存の脅威にも対処しています。しかし、私たちは自分自身に忠実であり続け、それがどんなに困難であっても決して自由の感覚を失わない必要があると感じています。

ティモシー・シャラメによる上記のコメントは、4月25日にラスベガスで開催されたシネマコン2023 イベントで、『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』(原題:Wonka)と『デューン 砂の惑星 PART2』(原題:Dune: Part Two)のプロモーションで行われたものです。彼のコメントは、長さと明瞭さのために要約および編集されています。

Words © Jan Janssen / Wenn
Photo © Mario Mitsis / WENN.com

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_7_8_1
    NYも連日30度越えの暑い日が続いていますが・・・日本の猛暑の報道を見て皆さまの体調を心配しています…
  2. Kana2024_6_24_1
    7月に入りました。いよいよ夏の到来! どのくらい毎日暑くなるのでしょうか・・・。毎日、モニタ…

レーサー鹿島Blog

  1. モータージャーナリストでラリードライバー竹岡圭さんの参戦発表会を取材してきました!三…
  2. 「全日本EV-GPシリーズ」第3戦@袖ヶ浦フォレストレースウェイ/2024年6月29日(土)…
ok!family
PAGE TOP