OKJ_PatsyKensit2_1.

4回の結婚歴があり、現在は億万長者の不動産王パトリック・キャシディ氏と婚約中のゴージャスな55歳の女優、パッツィ・ケンジット(Patsy Kensit)。

OK! 独占インタビュー☆パッツィ・ケンジット:「私たちは皆、間違えたり、愚かなことをしたりします」(後編)

女優のパッツィ・ケンシットが、エルトン・ジョンからの知恵の言葉、有害な見出しとの闘いなどについて語る。

パッツィと一緒に長く過ごすほど、私たちは彼女の輝きとポジティブなエネルギーの背後にある秘密を知りたくなります。4歳の時にバーズ・アイ・フローズン・ピース(Birds Eye Frozen Peas(食品))のコマーシャルで一躍有名になった彼女は、間違いなくセレブの舞台を何度も経験しています。

波乱万丈の恋愛生活であれ、スポットライトを浴びた容姿であれ、パッツィは長年にわたって多くの有害な見出しに対処しなければなりませんでした。彼女はこう語ります。かつてエルトン・ジョン(Sir Elton John)が私に「そんな風に1日を始めてはいけない!」と言ったので、(新聞を読むのを)やめました。当時、雑誌には“Fatsy Patsy”(太り気味なパッチィ)のような見出しが載っていました。」

パッツィは、あまりにも頻繁に体形について叩かれた結果、広場恐怖症を発症しており、それは今でも管理しなければならない問題だと言います。「私は広場恐怖症を持っていますが、ロックダウンが起こったときは家から出られなかったので、とても良かったです。ストレスを感じるとそれが私に忍び寄ってきます。」と彼女は語ります。

「それは、体形のことで体を恥じたことから始まりました。そして、私はライフスタイルを変え、服装も変えました。私は30代の頃、“Fatsy Patsy”と呼ばれて苦労していました。 見出しはひどいもので、衝撃的でした。」

ロンドン生まれのスターは、23年前にヘロインの過剰摂取により41歳で亡くなった親しい友人ポーラ・イェーツ(Paula Yates)の死にも深く影響を受けたと語りました。「私は彼女のことをよく知っていました。すべてがあまりにも悲劇的で、私に衝撃を与えました。でも、あなたはどうするつもりですか? 家で座って自分自身を残念に思うつもりですか?」

現在、彼女が見つけた心の平安はライフスタイルの大きな変化によるもので、元『エマーデール』(Emmerdale:イギリスのメロドラマ)のスターは、今では瞑想が日常生活の一部になっていると語りました。

「9年前に瞑想を始めましたが、それが私の人生を変えました。私は朝のランニングをしていますが、長年うつ病に苦しんできたので、それは私の精神的健康に良いのです。」と彼女は言います。

『イーストエンダーズ』(EastEnders:BBCで放送されている連続テレビドラマ)では、エマ・ハーディング(Emma Harding)がスクリーン上の娘ローラ(Lola)と演じるように設定されています。

OKJ_PatsyKensit2_2

90年代に元夫リアム(元オアシス(Oasis)のスター、リアム・ギャラガー(Liam Gallagher))とナイトクラブから落ちてよく腹を立てていたパッツィも、今ではアルコールは適度に楽しむものになっているとも語りました。

「50代になって一番良かったことは、他人がどう思おうと本当に気にしません。私たちは皆、間違えたり、愚かなことをします。私たちは人間です。自分の人生を振り返ってみると、本当に大変な人生でした。本当に良い時もあれば、ひどい時もありました。今、私は物事に対して全く異なる見方をしています。お酒を飲むのは楽しいですが、飲まないのも楽しいです。疲れているので、午後の昼寝は天国です。」と続けました。

60歳を目前に控えたパッツィが、“この節目の誕生日をどのように祝うつもりなのか?” と気になりますが彼女が歳を重ねることをポジティブに捉えていると聞いて嬉しく思います。

「スカイダイビングをしてみたいし、60歳になったら家族で祝ってもらうし、もしかしたら孫ができるかもしれない。60歳になるのを楽しみにしています。つまり、それは素晴らしいことです。恐怖はどこにありますか? 25歳に戻りたいとは思いません。」とパッツィは言います。

「私たちはこれほどの力を持っており、今ではこれほどの女性コミュニティーがあり、決して議論されなかった事柄について話し合います。ヴィクトリア朝時代には、女性は精神病院に入れられていました。」

自分が更年期障害であることは“確信している” というパッツィは、ある時点で頭の霧がひどくなり、家を出てもその理由を思い出せないほどだったことを認めました。これらすべては、スターが2013年に癌の恐怖を感じ、緊急子宮摘出術で2つの良性腫瘍を切除したのとほぼ同じ時期に起こりました。

「店に行き、“私はここで何をしているんだろう?” という感じでした。キャベツと梨とタイツを買って、それを持って帰りました。」

1993年に20年間のガンとの闘病の末、母親のマージー(Margie)を亡くしたパッツィは、HRT(Hormone Replacement Therapy:ホルモン補充療法)が自分には効果がなかったことを知り、今はトローチ剤でホルモンをコントロールしていると言います。「これらのトローチは専門の薬局で作られており、私は半分を服用しています。味はあまり良くありませんが、効果があります。」

パッツィのキャリアに関して言えば、このスターはかつてないほど多忙を極めており、秘密厳守を誓っている探偵番組のクリスマススペシャルの撮影を終えたところです。私たちのチャットが終わりに近づくと、彼女はこう言いました。

「私はとても幸運です。世界で最高のエージェントに恵まれました。本当に感謝しています。」

Words © Ali Graves / OK! Magazine
Photos © Lorna Roach / OK! Magazine

END.

AMERIKANA Journal

  1. kana2024_5_19_1
    日本時間5月17日~19日まで地元、東京・浅草で開催されました三社祭、3日間で約191万人が訪れたと…
  2. Kana2024_5_11_1
    NY時間の昨日、5月12日は母の日でした。Happy Mother’s Dayということで、私は日本…

レーサー鹿島Blog

  1. ALPHA SHOP渋谷店の取材時に出会ったヘルメットバッグのスモール版が素敵です!スマフォ、財…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週(5月19日)は1959年創業のアメリカのミリタリーブ…
ok!family
PAGE TOP