OKJHayleyAtwell2_1

『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』(日本公開2023年7月21日)の相手役トム・クルーズについて、究極のプロフェッショナルと語る、グレースを演じたヘイリー・アトウェル(Hayley Atwell)。

OK! インタビュー☆ヘイリー・アトウェル:『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』(後編)

シリーズ第7作目でトム・クルーズが演じるイーサン・ハントの相手役グレースを演じるダイナミックで魅力的な俳優ヘイリー。

━━あなたは『ハワーズ・エンド』(Howard’s End)や『ある公爵夫人の生涯』(原題:The Duchess)などの時代劇にも出演しています。文学の古典を演じるのは、映画『ミッション:インポッシブル』やあなたが出演したMCU映画に出演するのと比べて、どのくらい違いますか?

私は演劇の出身で、そのような物語によく見られる文章の質を高く評価しています。文学作品では会話やキャラクターの成長が非常に尊重されており、キャラクターの苦闘や旅が時代を超越しているように感じることがよくあります。これらの物語は、特定の歴史的背景を超えた普遍的な人間のテーマを探求しているため、古典とみなされます。

しかし、大作映画で演技しているときは、特に肉体的なレベルで、より高いレベルの強度が求められます。そして同時に、ストーリーを前進させる方法で自分のキャラクターを他のキャラクターと結びつけることを模索しています。また、映画全体で行われる大規模なアクションシーンに対応する緊張のレベルにも気を付けています

━━では、与えられた役割に対して適切な考え方を身につけるには何が必要ですか?

カメラが回るとすぐに、私はそれに関与しなければなりません。そしてそれは、たくさんの呼吸とその感情の中心に自分を集中させることです。そして時々、何かについて考えてみると、『ブラック・ミラー』(原題:Black Mirror)のように、それは数年前に祖母を亡くしたこと、そして私が祖母と話せたら何と言うだろうかという考えに関するものでした。それらのことを思い出すと、ある意味、自分自身に再びトラウマを負ってしまうので、それは大変ですが、私は自分の仕事でうまくいきたいと思っています。私は撮影現場で醸し出す雰囲気を本当にとても気にかけていて、もしかしたら私にとって不利益になるかもしれません。

彼らは本当に長時間働いていて、私の前にも後にもいて、仕事を続けたいと思っており、私はそれを尊重したいと思っています。カメラが回っているとき、彼らは私を尊重してくれるので、遊んだりおしゃべりしたい気持ちと、「そんなことをしたら『アクション』に参加できなくなるよ。」というバランスに本当に苦労しています。

━━あなたが演じる機会があった中で、最も恐ろしい女性キャラクターの1つは、マーベルコミック映画や『エージェント・カーター』(Agent Carter)シリーズのペギー カーター(Peggy Carter)ですか?

マーベルが私にテレビシリーズのチャンスをオファーしてくれたのは、マーベルが私について非常に強力で知的な女性で、非常に強い存在感を持っていると考えたからです。ペギーは女性にとって非常にポジティブで強力な象徴です。彼女はスーパーパワーを持っていないため、戦いに勝つには自分の機知と知性に頼らなければなりませんでした。

ペギーはとても面白くて、演じるのが本当に素敵でした。さまざまな(スーパーヒーロー)イベントに行ったとき、このキャラクターに本当に憧れている若い女性がたくさんいることに気付きました。他の女性たちがより自信を持ち、人生においてより有能であると感じるようになりました。それは私にとって非常に重要なことだと思いますし、おそらくそうなれて、うれしいです。

━━『キャプテン・アメリカ』(Captain America)やアベンジャーズ(The Avengers)の映画の多くのプレイヤーの1人であるのではなく、自分を中心とした独自のシリーズを持つことも力になりましたか?

(『エージェント・カーターED』での)その経験から学んだ興味深いことの1つは、シリーズのスターとしてセットの雰囲気を確立できるということです。私はその機会を利用して、シリーズの撮影中にリラックスして自信に満ちたムードを作り出しました。そして何が起こるかというと、セットの他の人々はその点であなたのリードに従う傾向があります。

OKJHayleyAtwell2_2

━━素晴らしいパフォーマンスの秘訣は何ですか?

私にとって、それはセットの初日から最後の日まで、作品に対する輝きと情熱を生かし続けることです。私は最近、より大きな自信を持つようになり、それを仕事や人生全体に貫いていきたいと思っています。

━━あなたはイギリスとアメリカの両方の文化の中で育ったという、非常に興味深い経歴をお持ちですね。

そういう文化の多様性を経験できてよかったです。私はカンザスシティに住み、その後父親と一緒にカリフォルニアに住み、イギリスとアメリカのさまざまな学校に通い、両国を観察し探索する機会がありました。他の人の人生や物語に強い好奇心を抱くことで、私はこうして演技の本能を養ったのだと確信しています。

頻繁に動き回ると、観察者になり、人々とその習慣、そして彼らが住んでいる場所やその小さな世界がどのようなものであるかによって、世界をどのように異なるように認識するかを研究します。

━━それで、あなたは非常にニューエイジ的な子供として成長しましたか?

(笑)そうだと思います。私は社会意識が高く、ベジタリアンでフリー・ザ・ドルフィンズの行進や反戦デモなどに参加していたので、学校の他の子供たちは私を嫌っていました。

━━あなたのお母さんは、お父さんと同じくらい霊的に意識が高く、あるいは霊的に関わっていましたか?

いいえ、同じではありません。しかし、私が演技や演劇に興味を持つようになったのは母のおかげです。彼女は私を映画や演劇を見に連れて行くのが大好きで、演劇は一種の共同体験であると信じていました。

私は自分の部屋で多くの時間を費やして、自分の想像上の演劇を上演し、プライベートな演劇の世界に自分自身を移していました。11歳のとき、母に連れられてレイフ・ファインズ(Ralph Fiennes)の『ハムレット』(Hamlet)の芝居を見に行ったことがきっかけで、女優になりたいと思いました。

━━父親のグラント(Grant)は、あなたの俳優としてのキャリアをどう評価していますか?

彼は私の仕事が大好きです。彼は、演技とは、キャラクターを演じるときに自分の存在を他人の精神の中に投げ込むことを伴うため、非常に精神的な事業であると信じています。父親を見ていると、自分の生活リズムを持った男性で、時間を守ることやくだらない世間話をすることなどの日常的な関心事は、ほとんど異質な概念であることが分かります(笑)。

彼は人々に会うとき、常に彼らのスピリットとエネルギーを感じようとし、気まずさや強制を感じさせない方法でそれを行います。人に対してそのような寛容さと思いやりを持ちたいと思っています。

━━最終的に、どのキャラクターを演じるかは、どうやって決まるのですか?

還元的だったり決まり文句だと感じられるものは演じたくありません。台本を読んでいるとき、私は常に観客の注目を集めるような、独特で刺激的なものを探しています。私は過去に十分な仕事をしてきましたが、今のような選択肢はありませんでした。ですから、プロジェクトに取り組むときは全力で取り組んでおり、その役が視聴者にとっても同じように、私にとっても記憶に残るものになるようにしたいと思っています。

ヘイリー・アトウェルによる上記のコメントは、現地時間6月19日月曜日にローマで開催された『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』のプレミアに出演中になされたものである。 現地時間2022年6月3日にワシントン DC で開催されたイベント「Awesome Con」に出演した際の追加コメントを含みます。彼女のコメントは長さと明確さのために編集されています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Phil Lewis / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. kana2024_5_19_1
    日本時間5月17日~19日まで地元、東京・浅草で開催されました三社祭、3日間で約191万人が訪れたと…
  2. Kana2024_5_11_1
    NY時間の昨日、5月12日は母の日でした。Happy Mother’s Dayということで、私は日本…

レーサー鹿島Blog

  1. ALPHA SHOP渋谷店の取材時に出会ったヘルメットバッグのスモール版が素敵です!スマフォ、財…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週(5月19日)は1959年創業のアメリカのミリタリーブ…
ok!family
PAGE TOP