OKJHayleyAtwell1_1

『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』(日本公開2023年7月21日)の相手役トム・クルーズについて、究極のプロフェッショナルと語る、グレースを演じたヘイリー・アトウェル。

OK! インタビュー☆ヘイリー・アトウェル:『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』(前編)

シリーズ第7作目でトム・クルーズが演じるイーサン・ハントの相手役グレースを演じるダイナミックで魅力的な俳優ヘイリー。

過去10年にわたり、ヘイリー・アトウェル(Hayley Atwell)は、マーベル・シネマティック・ユニバース(Marvel Cinematic Universe:MCU)で『エージェント・カーター』(原題:Marvel’s Agent Carter)としてアクション・ヒーローを演じるだけでなく、シリアスなドラマ(『Howard’s End, Conviction』)も演じることができる、ダイナミックで魅力的な俳優としての地位を確立してきました。

後者の役割は、新作映画『ミッション: インポッシブル』(Mission: Impossible)でグレース(Grace)役をキャスティングしていた際、トム・クルーズ(Tom Cruise)、そして特にトム・クルーズの頼りになる『ミッション:インポッシブル』監督のクリストファー・マッカリー(Christopher McQuarrie)の注目を集めました。

「クリス(クリストファー・マッカリー)は私が『プライド』(The Pride)のステージに上がっているのを見ていて、その後、私をディナーに連れて行ってこう言いました。「あなたが持っているこれとこれがあります。あなたもそうだし、私もそれを私の映画に取り入れたいと思っています。」 アトウェルは「それが何なのかは分かりませんでしたが、やりたいと思いました。」と回想しました。

現在41歳の女優は、7月14日にイギリスやアメリカの劇場で公開された『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』(原題: Mission: Impossible: Dead Reckoning Part One)(日本公開:2023年7月21日)でエージェントのイーサン・ハント(Ethan Hunt)を演じるクルーズの相手役として共演しています。

クルーズとアトウェルに加えて、この映画にはレベッカ・ファーガソン(Rebecca Ferguson)(イルサ・ファウスト:Ilsa Faust役)、サイモン・ペッグ(Simon Pegg)(ベンジー・ダン:Benji Dunn役)、ヴィング・レイムス(Ving Rhames)(ルーサー・スティッケル:Luther Stickell役)、ヴァネッサ・カービー(Vanessa Kirby)(ホワイト・ウィドウ:The White Widow役)、ヘンリー・ツェニー(Henry Czerny)(ユージン・キトリッジ:Eugene Kitttridge役)が出演しています。ポム・クレメンティエフ(Pom Klementieff)(主要な悪役パリス:Paris役)とイーサイ・モラレス(Esai Morales)も物語に重要な役割を果たしています。

アトウェルと監督は、本作の世界プレスツアー中、クルーズをワンマンスタジオと評し、可能な限り最高の映画を作るための全力の献身を惜しみなく称賛しました。「彼は毎日、全員の名前を覚え、時間通りにセットに現れ、全員に挨拶し、目を見て、全員がその日に成長するために何が必要かを確認しており、彼のプロフェッショナリズムと献身のレベルを感じます。そして、みんなに伝染するんです。」とアトウェルは語ります。

「彼はいつも自分自身を追い込んでいます。決して落ち着くことはありません。だからこそ彼は今の姿であり、彼は自分の名声をとても気楽に、とても軽やかな気持ちで、そしてとてもオープンな心でいることができます。トムは純粋な魂です。彼は本当に特別な人間だと思います。」とクルーズについて続けます。

OKJHayleyAtwell1_2

写真左から:アトウェルと、『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』でイルサ・ファウスト役のレベッカ・ファーガソン。

アトウェル演じるグレースの性格については厳格な秘密が課せられているが、マッカリー監督は詳細を明かしました。「ヘイリーは見知らぬ土地にいる見知らぬ人を表しています。彼女はこの世から来たものではない人で、スパイでもない。どちらかと言えば、彼女は混沌のエージェントであり、この物語に放り込まれたランダムな要素のようなものです。」

現在までで第7作目の『ミッション:インポッシブル』映画であるデッドレコニングは、完成までに4年かかりました。このプロジェクトが非常に野心的な取り組みであることが判明したため、由緒ある『ミッション:インポッシブル』シリーズの最初からプロデューサーを務めてきたクルーズは、映画を2つのパートに分割することを決定しました。その結果、視聴者は『デッドレコニング パート2』を見るには来年の夏まで待たなければなりません。

イギリス人とアメリカ人の2つの国籍を持つアトウェルは、モチベーションを高めるスピーカーである両親の一人っ子として育ちました。デール・カーネギーの自己啓発バイブル『人を動かす』(原題 : How to Win Friends and Influence People)の1974年のロンドンワークショップに参加していたときに両親は出会い、恋に落ちました。しかし、ヘイリー(彼女の名前はイギリスの女優ヘイリー・ミルズ(Hayley Mills)にちなんで名付けられました。)がまだ2歳のとき、両親は離婚し、彼女はロンドンで母親と一緒に学生時代を過ごすことになりました。そして、毎夏ミズーリ州カンザスシティで父親(シャーマンをしている)と一緒に過ごしました。

長年にわたり、さまざまなBBC TVミニシリーズに出演した後、アトウェルは、短編TVシリーズ『エージェント・カーター』、そして最終的には『アベンジャーズ/エンドゲーム』(原題: Avengers:Endgame)のキャプテン・アメリカのエージェントのカーター(Carter)役として世界的な知名度を獲得しました。

━━トム・クルーズは、『ミッション:インポッシブル』シリーズを史上最も人気のある映画シリーズの1つに変えることに成功しました。彼にどの程度感銘を受けましたか?

彼の熱意は、彼の素晴らしい労働倫理と同様に、非常にインスピレーションを与えてくれます。彼はビジネスのすべて、映画の作り方、そして観客が評価する素晴らしい映画を届ける方法についてすべてを理解している究極のプロフェッショナルです。

━━トム・クルーズとクリストファー・マッカリーと一緒に、このような大規模なプロジェクトに取り組むのはどのような感じでしたか?

2人ともとても信頼できました、安全だから失敗できない、といろいろなことに挑戦することができました。彼らは私が閉塞感を感じる代わりに、より多くのことをさせてくれたので、限られた種類の方法で最善を尽くしただけだと思います。

━━アクションやアドベンチャーの要素が強い映画に惹かれているようですが?

自分の想像力を探求するのは、とても興味深いと思います。ほとんどの俳優はこの作品のそこが気に入っていると思います。キャラクターに身を投じて、それをどのように現実化できるかを考えます。

俳優としての私の責任は、キャラクターを最大限に表現し、私が特定の役にもたらすものがすべて観客の共感を呼ぶことを願うことだと信じています。私が演じている人物に人々を結びつけ、根底にある物語に深く引き込んでもらいたいと思っています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Phil Lewis / WENN

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_6_16_1
    NY時間の昨日、6月16日は父の日! Father’s Dayということで、娘と息子は張り切って学校…
  2. Kana2024_6_6_1
    ここ最近のNYは、日中は25度を超え日差しが強く暑いのですが、夕方以降は気温が15度まで下がり過ごし…

レーサー鹿島Blog

  1. 2024/6/21

    26R ready to race!
    LOTUS ELAN 26R on the race track.…
  2. 2024/6/21

    KATANA 1000S 1981
    SUZUKI GSX1000S KATANA 1981 @Sodegaura Forest Race…
ok!family
PAGE TOP