OKJ_KeanuReeves2_1

2023年3月24日全米公開映画『原題:ジョン・ウィック:チャプター4』で演じた伝説の暗殺者ジョン・ウィックが大好きと語るキアヌ・リーブス(Keanu Reeves)。

OK! インタビュー☆キアヌ・リーブス:『原題:ジョン・ウィック:チャプター4』(後編)

「私がこれまでに作ったアクションの中で最も難しい映画であり、それがこの映画の良さです。」と語る、キアヌ・リーブス。

━━平和を見つけるための闘争は、幸福を求める別の方法ですか?

それらは関連しています…幸福はしばしば私たちの過去に属しています。平和を求めたり、幸せを見つけたりすることは、私たちの絶え間ない欲求であり、多くの人がそれを探し求め、見つけたいと願っていると思います。私たちは過去からのその感情を知っているという事実に慰められ、時には振り返ることによってのみ本当に幸せになることができます…そこにノスタルジアが作用します。

━━幸福感と安らぎを感じさせるものは何ですか?

毎朝、目を開けて世界を見るのはいつだって素晴らしいものです。すべてがとてもシンプルに思えます! だから私は、「ここにいてよかった!」という安心感を与えるとても好きな表現をよく使います。その大きな感謝の気持ちで十分です。そう感じるために、たくさんの物や所有物に囲まれる必要はありません。

━━あなたは非常に独立した生活を送っており、時には遊牧民のような生活を送ってきたことを認めています。あなたの演技のキャリアは、あなたをグラウンディング(精神的なエネルギーと身体的なエネルギーのバランスを取ること)するという点でどのように役立ちますか?

多くの仕事をこなし、ある映画のセットから別の映画のセットへと絶えず移動することは、人生でよりつらい時期のいくつかを克服する上で重要でした。映画のセットごとに、新しい家族の一員になったような気分になり、やりがいのある仕事に就けることを幸運に思います。しかし、私はまだ内なる強さと知恵を見つけることに取り組んでおり、うまくいけば、より楽観的に未来を見据えています。

━━演技を始める前にプロのアイスホッケーのゴールキーパーになりたいと思っていたカナダで育ったのはいつですか?

私は、笑いと人生を楽しむのが好きな、とてもエネルギッシュな子供でした。 10 代の頃、他の何百万人ものカナダの子供たちと同じように、私の唯一の情熱はアイスホッケーをすることでした。私はできる限り頻繁に練習し、プレーし、冬季オリンピックでカナダのチームのためにプレーすることを夢見ていました。

15歳のときに演技を始め、アイスホッケーをしながら演技のクラスに参加し、コミュニティシアターを始めました。でもその後、『るつぼ』(原題:The Crucible)という高校の演劇でジョン・プロクター(John Proctor)を演じ、その瞬間から俳優になりたいと思いました。そのすべてが私の人生を変え、18 歳になる頃には演技で生計を立てていました。

━━今も昔も変わらず演技を楽しんでいますか?

私は演技が大好きです、それは私の技術です。学校が大嫌いで、15歳の時、母に「僕が役者になってもよいですか?」と相談しました。彼女は、「もちろん、あなたが望むものは何でも!」と言ってくれました。 3週間後、私は演技の授業を始めました。演技自体については、アンソニー・ホプキンス(Anthony Hopkins)が演技について“学ぶようなもので、絵を描くようなものだ”と言っているのを聞いたことがありますが自分もそうだと思います。その技術と技術、絵の具の使い方は、キャンバスに傑作を作ることに似ています。やればやるほど分かります。

━━映画に夢中になったときのことを覚えていますか?

『セルピコ』(原題:Serpico)や『タクシードライバー』(原題:Taxi Driver)のような映画が公開されたとき、私は12歳でした。私の演技のヒーローはアル・パチーノ(Al Pacino)とロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro)で、彼らは私が映画を始めるきっかけになりました。 15歳のときに学校で演技の授業を受け始め、それ以来ずっとその夢を追い続けてきました。

━━あなたのキャリアのこの段階で、これまで演じる機会がなかった役を演じてみたいと思っているタイプの役はありますか?

いいえ、さまざまな種類の映画で、さまざまなキャラクターを演じることができて、とても幸せです。 10代の頃のことを今でも覚えています。俳優として生計を立てることができるようになることを本当に望んでいたのですが、その後、多くの素晴らしい俳優と仕事をする機会を得て、人々が見て楽しんだいくつかの興味深い作品に参加できたことに感謝していました。とても幸運で、すべてに感謝しています。私は、ここにいることをうれしく思います。

━━映画に対するあなたの魅力をどのように説明しますか?

私は映画を見て育ちました…。今でも映画を見に行って大きなスクリーンと大きな音を聞くのが大好きです。友達と一緒に映画を見に行くときのワクワク感が大好きです。皆さんにその経験をしてほしいです。私は映画を作るのが大好きです。私は彼らスタッフの一員であることが大好きで、大画面でそれらを見るのが大好きです。

キアヌ・リーブスによる上記のコメントは、2022年12月3日にブラジルのサンパウロで開催されたCCXP22イベントに出演した際に行われたものです。『マトリックス レザレクションズ』(原題:The Matrix Resurrections)のリーブスとの以前のインタビューからのコメントを追加しています。キアヌ・リーブスのコメントは、長さと明確さのために要約および編集されています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photo © Adriana M. Barraza / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2023_9_30_8
    2023年9月30日-Toy Fair®(前編)広いスペースを使っているメーカーのブースの多…
  2. Kana2023_9_30_1
    ここ最近、ずっと雨ばかり降っていたNYでしたが、NY時間の10月2日の本日は久しぶりの晴天、暖かい1…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週末(10月8日)の放送は、「MotoGP日本GP」を特集します…
  2. 「JMCレストアMTG」を終えたサーキットで。月面のよう。からの・・・未来都市。…
ok!family
PAGE TOP