OKJElleFanning2_1

絶賛テレビシリーズ『THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~』でロシアのエカチェリーナ2世を演じ、彼女と一緒に成長し、学んできたと語る、エル・ファニング(Elle Fanning)。

OK! インタビュー☆エル・ファニング:『THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~』(後編)

絶賛テレビシリーズのシーズン3がスタート。ロシアのエカチェリーナ2世を演じ自分自身がとても成長したと感じるエル。

━━エカチェリーナ2世(Catherine II)のようなキャラクターがあなたに力を与え、インスピレーションを与えてくれると感じますか?

ええ、確かに。私が彼女を演じ始めたのは約5年前ですが、その間に自分自身がとても成長したと感じています。私は自分自身にずっと自信があり、自分の仕事と創造的な選択に自信を持っています。若い頃は常に自分自身に疑問を抱くことがありますが、私は常に恐れ知らずで、自分自身に挑戦することに熱心でした。

しかし、ビジネスについて学び、このような役割に成長する機会を与えられるほど、さまざまなレベルで安心感が高まります。そして、ニコラスのような人が一緒に仕事をしてくれて、いつも一緒に仕事をするのがとても楽しくて、とても協力的だったので、私はとても幸運でした。

━━歴史上の人物を演じること、そしてそれに伴う制限から逃れることに、どのように慣れてきましたか?

現時点では、それは心配ありません。私たちはこの時点で、特に今シーズンでは、非常に自由を選択し、これらのキャラクターの独自のバージョンを作成しました…。彼らは現代の世界、50年代、どの国の世界に置くこともできますし、それは今でも変わりません。

共感できるロマンスと権力の台頭、そしてそれらのダイナミクスはすべて同じです。私たちが間違いなく付け加えることもいくつかありますが、彼女が前進し実行した進歩的なアイデアという意味で、私たちは彼女に敬意を表します。それらはすべて真実でした。

━━あなたが最も愛するエカチェリーナ2世の特徴は何ですか?

私は彼女のほとんど法外なほどの自信と意志の強さを尊敬します。彼女は自分が何を達成できるかについてクレイジーな感覚を持っていて、かなり恐れ知らずです。

━━エカチェリーナ2世は若い女性のロールモデルですか?

エカチェリーナ2世は女性の肯定と女性のエンパワーメントの同義語です。エカチェリーナ2世はロシアに教育をもたらし、多くの点で非常に貧しく中世的な国を近代化するために戦いました。そして、フランスからもたらされた啓蒙思想を導入しました。彼女は高度に教養があり、活力があり、好奇心旺盛で、前向きな女性でした。すべての女性が彼女からインスピレーションを得られると思います。

━━エカチェリーナ2世はヴォルテール、ルソー、百科事典を読んでいます。18世紀の哲学者の独創的な文章も研究しましたか?

いいえ、ここアメリカではカリキュラムに含まれていないので、学校でも勉強しませんでした。私はエカチェリーナ2世についてあまり知りませんでした。

しかし、スポンジのようにすべてを吸収する女性を演じて、私は多くのことを学びました。彼女は人生のすべてを非常に知的に観察していました。私も彼女のように、素晴らしいアイデアからインスピレーションを受ける方法を知っていて、将来のことを考えて恐れることなく現実に立ち向かうことができる人になりたいと強く思っています。

━━このシリーズを見る女性は、彼女の権力への渇望をどのように理解すべきですか?

特に若い女性は、自分の力を管理する方法を教えられるべきです。私は幼い頃からこれを深く信じてきました。両親はいつも私に自分で決める自由を与え、自分の力を信じるように促してくれました。エカチェリーナ2世は常に完璧だったわけではなく、常に恐れを知らなかったわけではなく、たくさんの間違いを犯しました。しかし、彼女は非常に多くのことを成し遂げ、社会で権力を行使する女性という点で、時代をはるかに先取りしていました。だからこそ、彼女を演じるのがとてもエキサイティングだと思います。

━━これまでの人生で、強い女性のロールモデルはたくさんいましたか?

はい。私の姉、母、叔母、祖母は皆、私に決意と自信を与えてくれた女性です。特に私の母は、人生において自分の考えを常に口にし、人々に優しさと敬意を持って接する、非常に率直で明晰な人物の好例でした。彼女はおそらく私に最も影響を与え、多くの点で見習おうとした女性です。

━━あなたはプロスポーツ選手の家族の出身です。(彼女の母親はテニスのプロ、父親はマイナーリーグの野球選手でした)彼らの競争心は共感できますか?

私はいつも勝ちたい、成功したいと思っていました。競争力を持つことは何も悪いことではないと思います。競争力があると、自分の限界を超え続けたくなるのです。

私の(母方の)祖父はプロフットボールのクォーターバックのリック・アリントン(Rick Arrington)(1970年から1972年までフィラデルフィア・イーグルス(Philadelphia Eagles)でプレー)で、叔母はスポーツ記者です。そして、姉がテレビや映画でたくさん仕事をし始めたとき、それは私にとってインスピレーションと模範でもありました。私の大きな部分は、自分には守るべき遺産があると感じています。

━━若くして演技を追求することで迷いや不安を感じたことはありますか?

姉で女優ダコタ(・ファニング(Dakota Fanning))が私に道を切り開いてくれました。初めて映画を撮影したのは1歳半のときでした。『アイ・アム・サム』(原題:I am Sam)の回想シーンで、私はダコタの赤ちゃん役を演じました。ですから、私はこの業界で育ってきましたが、場違いに感じたり、怖気づいたりしたことは一度もなかったと言えます。私はいつもそのことに伴う安心感がありました。私が子供時代を逃したと思う人もいるかもしれませんが、私は一度もそのように感じたことはありません。

私はいつも、自分は旅行をしたり、同年代の人のほとんどが経験できないことを体験したりすることができ、とても普通でありながら、とても興味深い人生を送ってきたと感じてきました。

━━ファッションセンスで有名になりましたね。どこからそれを入手しますか?

私はいつも洋服に興味があり、ヴォーグ(Vogue)誌を読んで、トップデザイナー全員と知り合うようになりました。私は特にヴィンテージが大好きで、ロサンゼルスのマグノリア大通りにあるブティックで何年もショッピングをしています。

私は、オンラインショッピングはあまり好きではないので、直接買い物をすることが好きです。また、キャットウォークで最新のものを見るのが好きで、レッドカーペットで何を着るべきかについてのアイデアも得られます。それを嫌う人もいますが、私はプレミアやそのような大きなイベントで衣装を選ぶのに時間を費やすことができるのがとても楽しいです!

━━お気に入りのヴィンテージドレスはありますか?

祖母から譲り受けた、50年代に遡るボールガウンを持っています。ターコイズ色のストラップレスで、祖母は16歳のときにそれをプロムで着ていました。私もいつか実際に着てみたいと思うのですが、どういうわけか今まで着たことはありません。

エル・ファニングによる上記のコメントは、英国でライオンズゲート+(Lionsgate+)で視聴可能な『THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~』シーズン3のプロモーション中に、現地時間5月6日にZoomを通じて行われました。彼女のコメントは、長さと明瞭さのために要約および編集されています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photo © Nicky Nelson / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_5_26_1
    NY時間の本日2024年5月27日は、Memorial Day(メモリアルデー:戦没将兵追悼記念日)…
  2. kana2024_5_19_1
    日本時間5月17日~19日まで地元、東京・浅草で開催されました三社祭、3日間で約191万人が訪れ今年…

レーサー鹿島Blog

  1. LOTUS 23B vs LOTUS ELAN 26R.Festival of SIDEWAY …
  2. GINETTA G12、ため息が出ます。Festival of SIDEWAY TROPHY…
ok!family
PAGE TOP