OKJ.Cate-Blanchett.2.1

エリザベス一世からシンデレラの継母まで幅広い役柄を見事に演じ、多くの賞の受賞の栄誉に輝くケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)(53歳)。

ケイト・ブランシェット:「次に何が起こるのか分からないワクワクした気持ちでいるときが1番幸せ」(後編)

公私のバランスを巧みに操るオーストラリア出身の名女優ケイト。

実際、ケイトの小さい頃の夢は“旅をすること”で、優秀な成績で高校を卒業した後、メルボルン大学で経済と美術を専攻したケイトは、1年後に大学を中退し、世界を見聞するための旅に出る道を選んだという。そして、帰国後国立演劇学院(NIDA:The National Institute of Dramatic Art)に入学した彼女は1992年にNIDA卒業した後、全ての俳優が夢見る成功を手にしている。

そして、同期で伝説のオーストラリア舞台俳優と呼ばれるジェフリー・ラッシュ(Geoffrey Rush)の相手役として初舞台を踏んだケイトは、次の出演作でシドニー・シアター・クリティックスの最優秀新人賞(Sydney Theatre Critics’Best Newcomer Award)を獲得し、その後、他の出演作で見事最優秀女優賞を手にしている。そして、そうした輝かしい舞台経歴がケイトを映画界の成功へと導いたといっても過言ではない。

OKJ.Cate-Blanchett.2.2

ケイトが世界中から注目を集めた大作映画『エリザベス』(原題:Elizabeth)! そしてその映画で主役のエリザベス一世役を見事に演じきったケイトは、その後70作を優に超える映画作品に加え、20作以上の舞台作品にも出演している。

『アビエイター』(原題:The Aviator)でアカデミー賞を受賞したケイトだが、それ以上に誰もが知る有名な出演作品といえば、言わずと知れたファンタジー冒険映画三部作『ロード・オブ・ザ・リング』(原題:The Lord of the Rings)の中で演じた霊妙なガラドリエル(Galadriel)に違いない。

そして仕事の成功の裏に隠れた私生活をのぞいてみると、意外や意外、公私のバランスを巧みに操るケイトは4人の子供たちに恵まれた幸せな結婚生活を送っている。

劇作家であり、映画脚本家でもあるアンドリュー・アプトン(Andrew Upton)とオーストラリアで巡り合い、1997年に結婚した2人は、その後3人の息子を授かり、1人の養女を迎えている。

かつてケイトは、アンドリューと共に歩む人生について次のように語っている。

「誰かと一緒に歳を重ねていくには、ある時は恋人や友達、そして敵や同僚、見知らぬ他人、さらに兄弟姉妹といった顔を持ち、互いに様々な役目を演じる必要があると思うの。そう、ソウルメイトとの繋がりには、どこか心の奥底で微妙に通ずる独特なニュアンス持ち続けることが必要なのではないかしら?」

「次に何が起こるのか分からないワクワクした気持ちでいるときが1番幸せ。」と語るケイトには、これから先何が起きるのか、自分自身でさえ予測不可能な未知のことばかりだという。どうやら誰もケイトの輝かしいキャリアを傷つけることはできないようだ!

Words © Emma Marsden
Photo © WENN.com

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2022_11_25_2_1
    NY時間の11月25日、マンハッタン(Manhattan)のミッドタウン(Midtown)のハドソン…
  2. Kana2022_11_25_1
    11月24日のThanksgiving Day(サンクスギビング・デイ:感謝祭)の翌日の25日も娘の…

レーサー鹿島Blog

  1. 33回目を迎える「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」、いよいよ3日(土曜日)に筑波サーキ…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週日曜日(4日)も先週に引き続き「バイカーズパラダイス南箱根」を…
ok!family
PAGE TOP