OKJRachelBrosnahan2_1

『マーベラス・ミセス・メイゼル』でミッジを演じ、エミー賞、SAG賞、ゴールデングローブ賞主演女優賞を2回受賞したレイチェル・ブロズナハン(Rachel Brosnahan)。

OK! インタビュー☆レイチェル・ブロズナハン:『マーベラス・ミセス・メイゼル』に別れを告げる(後編)

Amazon Primeのヒット作品はレイチェルをスターに押し上げ、シリーズがシーズン5で完結。

━━『マーベラス・ミセス・メイゼル』(原題:The Marvelous Mrs. Maisel)の主なテーマの1つは、ショーが2人の女性の間の親密な友情をどのように探求するかということでしたか?

一般化したくないのですが、2人の女性の間のこの種の友情を描いたシリーズを見るのは珍しいことです。それはとてもとても珍しいことで、彼らはお互いをとても思いやり、サポートし合っています。彼らはお互いに大きな信頼を置き、人生や最も親密な考えを共有する2人の女性です。

ファンとしてこのシリーズを見ていると、彼らの関係は本当に美しいと思うでしょう。最初は何気ない関係だったが、その後、ミッジ(Midge:ミリアム “ミッジ”・メイゼル(Miriam “Midge” Maisel))の人生がこのような激動を経験すると、お互いを見つけ、理解し合った2人の間に絆が育まれていくのが分かります…。

ミッジとスージー(スージー・マイヤソン(Susie Myerson):アレックス・ボースタイン(Alex Borstein)が演じる)の友情は、シリーズ最大のロマンスです。彼らの絆は決して切れることなく、お互いを必要とし、支え合う女性同士の真実のラブストーリーです。彼らはガスライト(The Gaslight:コメディクラブ)でこのまったく予測不可能でありながら運命的な夜に出会い、そこでスージーは自分の中に決して見ることができなかった何かをミッジの中に見ます。

━━この種のシリーズに取り組むことで、個人レベルであなたにどのような影響や変化がありましたか?

この番組に取り組み、ミッジから絵を描くことで、自分にはできるとは思っていなかったことが、できることを学びました。したがって、この章から先に進むときに、そのことを少しでも保持できれば幸いです。ミッジはとても回復力があり自信に満ちており、彼女の自己啓発の感覚は私にインスピレーションを与えてくれました。

何よりも私は彼女の積極的な性格、特に彼女の野心家が大好きでしたが、それは私に時々欠けていた資質でした。彼女はあなたを世界に挑戦させたいと思っているような女性です。

━━ミッジは多くの浮き沈みを経験します。彼女の選択にがっかりしたことはありますか?

ミッジが下した決断や、彼女が自分のやり方で邪魔をし続けていることにイライラした時期が確かにありました。そして時々、私はただ彼女を揺さぶりたかったのです。しかし、進歩は必ずしも直線的ではありません…。特に彼女が直面していたすべての障害を抱えて人生で自分の道を見つけようとしているときなど。

━━ミッジが、5シーズンにわたって視聴者がこれほど熱狂的に反応して、これほど魅力的でインスピレーションを与える女性になったのはなぜですか?

ミッジは当時の社会的制約に従って生きてきたため、なぜその人生を受け入れたのかについて、真剣に疑問を抱いたことはなかったと考えています。そして、その特権的な世界が崩壊した後、彼女は自分には他の多くの可能性が開かれていることに気付き、独自の道を歩み始めるつもりです。

そして社会における役割を規定する多くの社会的慣習やダブル・スタンダードに反抗する勇気と意志の力を持っていました…それは彼女が女性たちに与える最大の教訓だと思います。

━━『ミセス・メイゼル』は、平等を獲得するためにこれまで戦われてきた、そしてこれからも戦わなければならないすべての戦いについて女性たちに思い出させるシリーズなのでしょうか?

そう思います。ミッジが経験したこれらの感情や経験は、今日でも同じもののために戦っているため、非常に時代を超えています。そして今、私たちは、女性が発言し始め、自分の声を見つけ出す全く新しい波を目にし始めています。

彼女が直面しなければならなかった問題は、現在にも関係しています。彼女が自分の地位を確立しようと努力し始めると、女性が持つ力という点で、競争の場がいかに男性に大きく傾いているか、そして女性には男性と同じ機会がいかに与えられていないかがすぐに分かります。

OKJRachelBrosnahan2_2

━━『ミセス・メイゼル』の最終エピソードの撮影を終えるとすぐに、長い休憩を取る代わりに、再び戦いに戻り、2月にブロードウェイの『The Sign in Sidney Brustein’s Window』で(オスカー・アイザック(Oscar Isaac)の相手役で)演じることに決めました。その経験はどのようなものでしたか?

それは私にとって新しいことに挑戦し、別の世界で生きる方法でした。コメディをやったことのない状態からテレビでスタンドアップコメディアンを演じることになったので、『ミセス・メイゼル』をやるのは私が今までやった中で最も怖かったことの1つでした。私は毎日緊張していました。今はその高みを追い求めていると思います。

━━演技をすることでどんな刺激を受けますか?

演技に関して私が最も気に入っていること、そして常に愛し続けていることの1つは、遠くにいる、時にはほとんど手が届かないように感じる人物に完全に変身する能力です。

それは、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(原題:House of Cards)のような番組から『ミセス・メイゼル』のような番組に移行する機会でした。これは非常に大きな飛躍であり、挑戦であり、私が人間として、そしてパフォーマーとして大きく成長するのに役立ちました。

━━世界に名を残したいと思っていた女性として、自分自身の自信をどこで見つけたと思いますか?

高校生の頃、たくさんの男友達と遊んでいたのですが、男友達がたくさんいると、彼らは女性と比べて自信を持ち、野心家になる傾向があることが分かりました。彼らはただ自分たちの願望に従い、意見を言うことを恐れませんでした。それは私に多くのことを教えてくれました。そしてそれは、私がもっと力強く主張するように努めるべきだと考えるようになりました。

父も私に大きな影響を与えました。私たちは多くの点で似ていて、彼は私の人生におけるもう1人の重要な男性の存在であり、そのおかげで、強い意志と野心を持つこと、そして多くの自信喪失で自分自身に負担をかけないことがどのように役立つかを私をさらに意識させてくれました。

━━将来の自分自身の目標は何ですか?

私は、私たちの現実を反映する方法で、私たちの複雑さや欠陥を探求する女性についての物語に参加したいと思っています。私たちは、そうした物語のいくつかが語られ始めているのを目にし始めており、そのプロセスが継続し、私たちが何者であるかについての理解を深めていきたいと思っています。

ブロズナハンによる上記のコメントは、4月18日火曜日、フランスのカンヌで、彼女が『マーベラス・ミセス・メイゼル』の最終シーズンを宣伝していたカンヌシリーズ・フェスティバルの期間中になされたものである。彼女のコメントはわかりやすくするために要約および編集されています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Nicky Nelson / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_5_26_1
    NY時間の本日2024年5月27日は、Memorial Day(メモリアルデー:戦没将兵追悼記念日)…
  2. kana2024_5_19_1
    日本時間5月17日~19日まで地元、東京・浅草で開催されました三社祭、3日間で約191万人が訪れ今年…

レーサー鹿島Blog

  1. LOTUS 23B vs LOTUS ELAN 26R.Festival of SIDEWAY …
  2. GINETTA G12、ため息が出ます。Festival of SIDEWAY TROPHY…
ok!family
PAGE TOP