OKJRachelBrosnahan1_1

『マーベラス・ミセス・メイゼル』でミッジを演じ、エミー賞、SAG賞、ゴールデングローブ賞主演女優賞を2回受賞したレイチェル・ブロズナハン。

OK! インタビュー☆レイチェル・ブロズナハン:『マーベラス・ミセス・メイゼル』に別れを告げる(前編)

Amazon Primeのヒット作品はレイチェルをスターに押し上げ、シリーズがシーズン5で完結。

レイチェル・ブロズナハン(Rachel Brosnahan)は、『マーベラス・ミセス・メイゼル』(原題:The Marvelous Mrs. Maisel)がそんなことになるとは想像もしていませんでした。メイゼルは視聴者の心に深い感動を与えたことでしょう。離婚した女性がスタンドアップコメディアンに転向するという物語は、ありそうもない物語ですが、ブロズナハンの活気に満ちた快活な存在感がこのシリーズをAmazon Primeのヒット作品に変え、彼女を彼女自身のスターに押し上げました。

2017年3月にメイゼル夫人が初めてデビューして以来、ブロスナンはこの番組での作品でエミー賞、全米映画俳優組合賞(SAG賞)、そしてゴールデングローブ賞主演女優賞を2回受賞しました。シリーズがシーズン5で終了を迎えた今、視聴者は記憶に残る最高の女性主導のシリーズの1つに別れを告げるチャンスを迎えました。

「Four Minutes」(4分間)と題されたシーズン5シリーズの最終回では、ミッジ(Midge:ミリアム “ミッジ”・メイゼル(Miriam “Midge” Maisel))がどのようにしてスタンドアップコメディアンとして大ブレイクを果たしたのかがついに分かります。彼女は深夜のトーク番組「ゴードン・フォード・ショー」(The Gordon Ford Show)でライターとして働いていましたが、インタビューを受けている間に椅子から立ち上がってマイクを握り、即興のスタンダップ・ルーティンを披露しました。

「そのセットの最終バージョンを入手したのはおそらく撮影の約48時間前で、リハーサルはありませんでした。」とブロズナハンは回想しました。「そして、私はすぐに、これほど短期間であれだけの量の内容を学ぶことができないのではないかとパニックになりました。怖気づいていましたが、とても美しく書かれていて、本当に流れるように書かれています。」

「しかし、あのシーンは、ミッジの演技を魔法のようにするさまざまなものが完璧に融合したものでした。彼女は自分の人生と周囲の世界について大きな疑問を投げかけています。彼女の武器にはいくつかのジョークがありますが、残りは彼女の座席のそばにあります。彼女はセットの反対側から出ていきましたが、そのセットが始まった4分前とは違っていました。私はその最後の演技を読んで、エイミー(シリーズの共同制作者でショーランナーのエイミー・シャーマン=パラディーノ(Amy Sherman-Palladino))がどのようにミッジを送り出したのかを見るのがとても楽しみでした。」

『マーベラス・ミセス・メイゼル』は当初から観客と批評家の間で同様にヒットしました。最初のシーズンでエミー賞のコメディシリーズ部門にノミネートされ、ブロズナハンは主演女優賞を受賞しました。(現在までに66件のノミネートと20件の受賞を獲得しています。)

32歳のレイチェル・ブロズナハンはウィスコンシン州ミルウォーキーで生まれ、児童書の出版社で働くアメリカ人の父親とイギリス人の母親がイリノイ州ハイランドパークへの移住を決めた4歳までそこで暮らしました。そこで彼女は、高校のラクロス選手としてだけでなく、男子と戦うレスラーとしても活躍することになります。彼女は16歳で演技のクラスを受講し始め、その後2012年にニューヨーク大学ティッシュ芸術部を卒業しました。

彼女が女優として大きなブレイクを果たしたのは、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(原題:House of Cards)で問題を抱えた売春婦のレイチェル(Rachel)を演じたときでした。(この役には脚本に名前がなかったため、彼女自身の名前が使われました。)

当初、彼女は1つのエピソードにのみ登場する予定でしたが、彼女のパフォーマンスが非常に魅力的であることが判明したため、次のシーズンで彼女の役割を大幅に拡大する以外に選択肢がありませんでした。シリーズショーランナーのボー・ウィリモン(“Beau Willimon)は「画面から飛び出した!」と述べています。

ブロズナハンは、俳優でプロデューサーの夫ジェイソン・ラルフ(Jason Ralph)と一緒にニューヨークに住んでいます。

※『マーベラス・ミセス・メイゼル』シーズン5のネタバレが含まれています。

OKJRachelBrosnahan1_2

写真左から:『マーベラス・ミセス・メイゼル』でスージー・マイヤソンを演じたアレックス・ボースタインと、レイチェル。

━━『ミセス・メイゼル』の最終回はとても感動的でした。あなたと共演者のアレックス・ボースタイン(Alex Borstein)はどのように物事に対処しましたか?

ええ、私たちは2人ともすすり泣いていました。リハーサル中、私たちは目を合わせることができませんでした。私は彼女の額を見なければなりませんでしたが、彼女は私の顎を見ていました。私たちは半分服を着ており、文字通りお互いの目を見つめることができませんでした。アレックスはこれまで泣き叫んだことはありませんでしたが、あの最後の日以来、本当に泣き続けています。

━━このような宮殿のような環境でミッジが地球の裏側から、(アレックス・ボースタイン演じる)スージー・マイヤソン(Susie Myerson)と話しているのを見た瞬間についてどう思いますか?

それはすべてミッジの旅とミッジの人生の一部です。矛盾や大きな夢、高いところも低いところもたくさんありました。最初のシーズン中にエイミー(エイミー・シャーマン=パラディーノ)が私に言ってくれた言葉があり、それがとても美しいと同時に、とても悲しいと思ったので、ずっと心に留めていました。

最初のシーズン中に私はエイミーに、ミッジとジョエル・メイゼル(Joel Maisel)に何が起こるのか、そして再び一緒に戻ることはあるのかどうか尋ねました。彼女は私に、2度と同じ時間に同じページにいることは決してできないので、2度と一緒になることはないと言いました。

そして最終的に、ミッジはパークアベニューのペントハウスに20匹のプードルと一緒に住んでいましたが、それらのプードルは不思議なことにフィナーレに姿を現しませんでした。しかしミッジは、ジョエルが別れる前日を人生で最も幸せな日としていつも振り返っていました。

━━ミッジは最後に幸せを見つけたと思いますか?

ミッジは、最初にやろうとしたことを正確に実行した後、敷物を下から引きはがす前に、自分がやろうとしたことを正確に実行できたことを誇りに思っています。

彼女は自分が再建したこと、可能だとは思わずまったく別の方向に進んだこと、スージーとスタンドアップの両方でさまざまな意味でパートナーと人生最愛の人を見つけたことを誇りに思っています。彼女は誇りに思っており、充実感を得ています。彼女は幸せですか?分かりません。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Nicky Nelson / WENN

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. kana2024_5_19_1
    日本時間5月17日~19日まで地元、東京・浅草で開催されました三社祭、3日間で約191万人が訪れたと…
  2. Kana2024_5_11_1
    NY時間の昨日、5月12日は母の日でした。Happy Mother’s Dayということで、私は日本…

レーサー鹿島Blog

  1. ALPHA SHOP渋谷店の取材時に出会ったヘルメットバッグのスモール版が素敵です!スマフォ、財…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週(5月19日)は1959年創業のアメリカのミリタリーブ…
ok!family
PAGE TOP