OKJ_PedroPascal1

『The Last of Us』でジョエル・ミラー、『マンダロリアン』でディン・ジャリンを演じるチリ生まれのペドロ・パスカル。

OK! インタビュー☆ペドロ・パスカル:HBOのヒットドラマ『The Last of Us』(前編)

『The Last of Us』、『マンダロリアン』とハリウッドで最大のシリーズの2つに出演の今最もホットな俳優の1人のペドロ・パスカル。

ペドロ・パスカル(Pedro Pascal)は、ヒットした新しいHBOシリーズ、『The Last of Us』でストリーミングの世界を席巻しました。第1シーズンの終わりに近づく終末論的なドラマは、大衆の想像力を捉え、テレビ界の王者としてのパスカルの地位を確固たるものにしました。また、史上最も高額なテレビ制作の1つであり、各エピソードの予算は推定1,000万~1,500万ドル(約13億6500万円~約20億4700万円)です。

当然のことながら、HBOのテレビドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』(原題:Game of Thrones,略称GOT)のシーズン4は、性的に貪欲なオベリン・マーテル(Oberyn Martell)王子を演じたパスカルの主要な演技のブレークスルーを示したドラマです。

そして、『The Last of Us』がシーズン1の9つのエピソードの終わり、チリ生まれのパスカルは、『マンダロリアン』(原題:The Mandalorian)シーズン3が3月1日にDisney+で配信が開始され、マンダロリアンのディン・ジャリン(Din Djarin)として戻ってきました。

では、47歳のパスカルは、ハリウッドで今最もホットな俳優の1人として登場したことをどのように評価しているのでしょうか?
「30代後半になるまで『ゲーム・オブ・スローンズ』での役の成功を手に入れませんでした。」とパスカルは言いました。「だから、私が助けられた回数・・・多くの人々のおかげで本当につらい時期を乗り切ることができたので、彼らに2度と私の夕食を買わせることは決してありません。私はその人々の世話をしたいです。彼らが私の世話をしてくれました。家賃を払うのを手伝ってくれたり、食料品を買うのを手伝ったりするために、常に私を救済することができる誰かがいました。」

『The Last of Us』で、パスカルはジョエル・ミラー(Joel Miller)を演じます。ジョエルは、文明のほとんどを一掃し、生き残った人々の多くを貪欲なモンスターに変えた壊滅的な真菌ウイルス(Fungal Virus)の生存者の1人です。イベントから20年後、ジョエルは、病気に免疫があり、治療の鍵を握っている可能性のある14歳の少女、エリー・ウィリアムズ(Ellie Williams)を保護する任務を負っています。
『マンダロリアン』で彼が演じたディンの任務には、ベビー・ヨーダ(Baby Yoda)と知られるグローグー(Grogu))の装甲守護者としての役割があります。
『The Last of Us』での役柄ジョエルと、『マンダロリアン』のディンの任務との間には、いくつかの興味深い類似点があり、両方が若い登場人物の親としての役割を果たしているため、パスカルは結婚したことがなく、自分の子供がいないという事実にもかかわらず、“The Internet Daddy”として知られるようになりました。

パスカルは、1973年にCIAが支援したクーデターによって、アウグスト・ピノチェト(Augusto Pinochet)将軍の下でファシストの独裁政権が権力を握った後、両親が生まれた故郷のチリから逃げることを余儀なくされた後に、最初はデンマークで、次に米国で育ちました。クーデターの2年後にサンティアゴ(Santiago)で生まれたパスカルの父親は、ペドロが10歳のときに米国に再定住する前、一家がデンマークで政治亡命を許可される前に、ピノチェト政権とその暗殺部隊によって差し迫った逮捕に直面していました。

パスカルの新たな人気により、彼は最近『サタデー・ナイト・ライブ』(Saturday Night Live,SNL)をホストし、コールドプレイ(Coldplay)のクリス・マーティン(Chris Martin)が「Fix You」のパフォーマンスを、パスカルと亡くなった母親のベロニカ(Veronica)に捧げました。

━━ハリウッドで最大のシリーズの2つに出演するのはどんな気分ですか?

私は自分の人生でこの時間を楽しみたいと思っています。また、できる限り多くのことを達成することを楽しみにしており、最近参加できて幸運だったような良いプロジェクトを見つけ続けたいと思っています。

━━あなたと『The Last of Us』の共演者であるベラ・ラムジー(Bella Ramsey)(エリー・ウィリアムズ役)は、登場人物に一度も会ったことがありませんが、どちらも『ゲーム・オブ・スローンズ』に取り組んでいました。それでも何らかのつながりを感じましたか?

『The Last of Us』の撮影中に実際に絆を結ぶ前に、絆ができたように感じました。私たちは2人とも、この記念碑的な『ゲーム・オブ・スローンズ』の家族の一員であり、その経験を生きてきたことで、壮大な品質を備えたこの新しい経験の準備ができていると感じていました。シリーズで期待できることを私たちに与えてくれました。

━━あなたとベラが初めて会ったのはいつですか?

セットで会いました。私はすでに数か月間撮影を行っていましたが、その後ベラがやって来て、それが私たちがお互いを知る方法でした…。私たちは丸1年を一緒に過ごしました。最初はお互いにとても恥ずかしがり屋でしたが、お互いを知るための完璧で段階的な方法でした。
そして、私たちの個人的な関係が進行する方法は、ドラマの過程でキャラクター間の関係が進化する方法と多くの点で似ていました。それはとても自然な進化で、今では親しい友人になっています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photo © Sheri Determan / WENN.com

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_7_8_1
    NYも連日30度越えの暑い日が続いていますが・・・日本の猛暑の報道を見て皆さまの体調を心配しています…
  2. Kana2024_6_24_1
    7月に入りました。いよいよ夏の到来! どのくらい毎日暑くなるのでしょうか・・・。毎日、モニタ…

レーサー鹿島Blog

  1. モータージャーナリストでラリードライバー竹岡圭さんの参戦発表会を取材してきました!三…
  2. 「全日本EV-GPシリーズ」第3戦@袖ヶ浦フォレストレースウェイ/2024年6月29日(土)…
ok!family
PAGE TOP