OKJ_KeanuReeves1_1

2023年3月24日全米公開映画『原題:ジョン・ウィック:チャプター4』で演じた伝説の暗殺者ジョン・ウィックが大好きと語るキアヌ・リーブス。

OK! インタビュー☆キアヌ・リーブス:『原題:ジョン・ウィック:チャプター4』(前編)

「私がこれまでに作ったアクションの中で最も難しい映画であり、それがこの映画の良さです。」と語る、キアヌ・リーブス。

8年間にわたって、キアヌ・リーブス(Keanu Reeves)は、『ジョン・ウィック』(原題:John Wick)の3 本の映画の成功により、更なるキャリアを積みました。リーブスとウィックはカルトの古典と見なされるようになり、彼らを取り巻く新しい神話を作りました。これは、『マトリックス』(原題:The Matrix)の主人公ネオ(Neo)の神話をも凌駕します。

『ジョン・ウィック』フランチャイズでは、リーブスと監督のチャド・スタエルスキ(Chad Stahelski)が、西部劇映画でこれまでに見られた最も複雑なアクションシークエンスのいくつかを上演しました。訓練を受けた暗殺者であるウィックは、妻の死後、平和を求めて奮闘します。

リーブスは現在、『原題:ジョン・ウィック:チャプター4』(John Wick:Chapter 4)でアクション映画に戻り、2023年3月24日にアメリカ、英国の劇場で公開されます。リーブスは、彼がこれまで試みた中で最も精巧で複雑なアクションシークエンスであると伝えています。

「『原題:ジョン・ウィック:チャプター4』は、私がこれまでに作ったアクションの中で最も難しい映画であり、それがこの映画の良さです。」とリーブスは語ります。 「この映画には、他のどの映画よりも多くのアクションがあります…誰もが私たちをより大きく、よりクレイジーにすることを望んでおり、私たちはそうしています。あなたは本当にそれを見る必要があります。アクションシークエンスはより長く、より複雑で、より多くです。複雑ですが、鍵となるのはジョン・ウィックの戦闘シーンのエネルギーであり、それはこの映画のいたるところにあります。」

『原題:ジョン・ウィック:チャプター4』に関するプロットの詳細は限られていますが、ウィックが主席連合(ハイテーブル)を倒す方法を見つけたことは分かっています。しかし、彼の自由を得るために、彼は強力なグローバル同盟を結んで、邪悪な新しい敵を克服しなければなりません。ビル・スカルスガルド(Bill Skarsgård)は、ウィックの最新の敵であるグラモン侯爵(The Marquis de Gramont)を演じています。グラモン侯爵は、戦闘で彼を打ち負かすことができれば、ジョンにハイテーブルからの自由を与えることに同意します。

監督のスタエルスキは、「ウィックの最新の旅は、派手な武道と共に観客を深く暗い神話に連れて行きます。善悪と醜悪、それを座頭市と掛け合わせ、ギリシャ神話に投げ入れたら、おそらくこれに近いものが得られるでしょう。」と昨年に語りました。

OKJ_KeanuReeves1_2

写真左から:キアヌのパートナーであるアーティストのアレクサンドラ・グラントとキアヌ・リーブス。

『原題:ジョン・ウィック:チャプター4』では、イアン・マクシェーン(Ian McShane)(ウィンストン役:Winston)、ローレンス・フィッシュバーン(Laurence Fishburne)(バワリー・キング役:The Bowery King)、ランス・レディック(Lance Reddick)が「コンチネンタル・ホテル・ニューヨーク」のコンシェルジュであるシャロン(Charon)として共演しています。

58歳のキアヌ・リーブスは、パートナーであるアーティストのアレクサンドラ・グラント(Alexandra Grant)(49歳)とロサンゼルスに住んでいます。

━━あなたにとってジョン・ウィックとは何ですか?

私はジョン・ウィックが大好きです。キャラクターが大好きです。非常に多くのクレイジーなことをすることができる特別な役割です。馬に乗って戦ったり、凶悪なナイフを使って戦ったりするが、それはまさにジョン・ウィックの世界であり、他とは一線を画している。何が起こるかわかりません。

ジョンは殴られ、窓に投げ飛ばされ、轢かれますが、彼を止めるものは何もありません。彼は打ちのめされるたびに立ち直り続けます。私は彼の意志と、彼がどのように回復して前進し続けることができるかが大好きです。これはたとえ誇張されていても、私たち全員が日々の課題に直面している様子を表していますが、克服する方法を見つけています。

━━厳しい旅路でジョンが最終的に求めているものは何ですか?

彼はどうすれば自由になれるかを理解しようとしています。彼は自分の人生のために戦っています。ジョンには末永く幸せに暮らしてほしい。彼の妻が亡くなったので、それは実際には不可能かもしれませんが、今、彼はそこから立ち直ろうとしています。

━━『原題:ジョン・ウィック:チャプター4』の準備中に、格闘技のテクニックに関して何か新しいことを学びましたか?

ヌンチャク(格闘技用の武器)は新しいものでした。しかし、それはより高いレベルに到達することでした。格闘技にはレベルがあり、レベルが上がるにつれて理解が深まります。映画の戦いについて以前よりもよく知っているので、この映画ですべてをやらなければなりませんでした。そして、この映画のために柔道といくつかの新しい投げ方を学びました。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Adriana M. Barraza / WENN

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_5_11_1
    NY時間の昨日、5月12日は母の日でした。Happy Mother’s Dayということで、私は日本…
  2. Kana2024_5_5_1
    最長で10連休となりました、今年のゴールデンウィークはいかがだったでしょうか?NY時間の20…

レーサー鹿島Blog

  1. ALPHA SHOP渋谷店の取材時に出会ったヘルメットバッグのスモール版が素敵です!スマフォ、財…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週(5月19日)は1959年創業のアメリカのミリタリーブ…
ok!family
PAGE TOP