Kana2024_3_3_IBS1

2024年3月3日-IBS New York & IECSC New York

NY時間の昨日、3月3日。ひな祭り、桃の節句でした。我が家では、娘が生まれてから毎年飾っているひな人形を今年も飾っています。お仕事を終えて帰ってきたらみんなで食べようと、美味しそうなピンクの柏餅を用意していました。

現在Jacob K. Javits Convention Centerで開催中(3月3日〜5日まで)の、ヘアケアブランドやネイル・ケア・ブランド等の美容メーカーの出展ブースが並び、キャリア構築やスキル向上を目的に全米のサロン・オーナーや美容専門家が来場する大規模なビューティーの見本市のIBS(International Beauty Show)New Yorkと、同日同時開催のスパのオーナーやディレクター、スキンケア専門家、ワックス専門家、マッサージセラピストらが集まる、スパやエステなど美容に特化した展示会、北東部最大のスパショーとされるInternational Esthetics, Cosmetics & Spa Conferences (IECSC)New Yorkに、初日の3日行ってまいりました。(過去の関連ブログ記事:2023年3月5日-IBS New York & IECSC New York)

IBS New Yorkは、100年以上にわたり、新規ブランドの立ち上げや確立されたブランドが何千人もの美容専門家、サプライヤー、ディストリビューター、インフルエンサー、イノベーターらとつながるための信頼性の高いイベントです。昨年の開催では、IBS New York & IECSC New York合わせて、約30,000人を超える参加者がショーフロアを歩き回りました。

Kana2024_3_3_IBS2

会場内は多くの来場者で盛り上がっています。サロンまたはスパのオーナーや美容師免許を所持している人など、美容業界やスパ業界の関係者のみ入場できる展示会で、1日の入場料は昨年と同様で$79~となっており、新製品などを特別価格で購入でき、プログラムやクラス、IBS New Yorkと、IECSC New Yorkに自由にアクセスできます。

Kana2024_3_3_IBS3

ショーフロアのレイアウトでは昨年と異なり、IBS New York と IECSC New Yorkのブースのレイアウトが交換していました。出展ブース約270と、ややIECSC New Yorkの出展ブースが多い印象です。

最優先事項といっても過言ではない健康。スパおよびウェルネス業界は約119billionドルの市場です。アメリカ国内有数のスパとウェルネスのイベントのIECSCは、ニューヨークの他にラスベガス、フロリダでも開催しています。IECSC New Yorkの来場者の半数以上がエステシャンで、その多くがスパオーナーです。来場者の約30%が$20K+(約300万円)を消費しています。

IBS New Yorkの出展ブースは約200、来場者数約22,000の内、61%がサロン経営者です。来場者の39%がNYから集まり、アメリカ以外では約61ヶ国から参加しています。

IBS New YorkとIECSC New Yorkは、共に美容業界では大人気のイベントです。

Kana2024_3_3_IBS4

会場内の一部に設置されたステージでは、スペシャリスト、業界のアイコンによる、メイクアップやヘアテクニックなどのレクチャークラスが開催し無料で受講できます。他のフロアでも時間に分かれ、美容のテクニックはもちろん、ビジネスビルディングや体験型ワークショップなどの約130のクラスが開催しています。

IBS New York内のブースの多くがヘアケアブランドで、ブースで販売しているヘアエクステンションを購入すればその場で付けてくれるブースや、新製品のヘアアイロンを試せるブースが目立ちます。定価約$500のヘアアイロンが特別価格で購入することが出来るので多くの来場者が購入しています。私も髪の毛を伸ばしているので、綺麗にストレートにセットできるストレートアイロンが気になります。

Kana2024_3_3_IBS7

私も過去に経験しました。特別価格のホワイトニングキット$40を購入し、その場で歯のホワイトニングが出来るブースもいくつかあります。

Kana2024_3_3_IBS8

今、NYのファッションでもトレンドとなっている、パーマネントジュエリー。私も2本、手首に身に着けています。(過去の関連ブログ記事:2024年2月20日-Coterie New York(後編)) 会場内でもパーマネントジュエリーを販売するブースがいくつかあり、14Kゴールドフィルドか、シルバーのチェーンを購入し、専門家が専用の機械で溶接してくれます。費用はブースによって異なり、約$30~、約$70~でした。

Kana2024_3_3_IBS9

Kana2024_3_3_IBS10

Kana2024_3_3_IBS11

IECSC New York内のブースの多くでは、来場者が眉毛・アイラインアートメイクや、フェイシャル、ヘアケアなど、実際に施術を受け、体験していました。新製品となる機器など、高額になるものもあるので、やはり機能や効果を実際に体験して判断している様子です。

Kana2024_3_3_IBS12

ブースでは所狭しといった具合に施術ベッド が並び、来場者がフェイシャルなどの施術を受けています。どこのブースも賑わっていました。

Kana2024_3_3_IBS13

会場内では、その場ですぐに購入できるネイルアイテムや、マスクなどの販売ブースがいくつかあり、大盛況の様子でした。来場者の特権として特別価格で購入できるということもあり、多くの人が購買意欲が旺盛な様子で大きなキャリーバックなどを転がして会場内を歩いている方を多く見かけました。

市場を再活性化するために新しいアイデアやスピンオフを歓迎し、既存のビジネスがさらに進化することで、世界の売上高は増加し続けるとされる健康・美容業界。今後も市場の動向が気になります。

  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫と一緒に、NYで生まれた娘と息子、2人の子供の子育てに日々奮闘中。

    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。

    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、エンターテインメントの最新情報から、子育てや学校事情、NYの近況報告まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。

    チームユニフォームを着てジジ・ハディッドとベラ・ハディッドも熱烈観戦していたNYを本拠としているナショナルホッケーリーグ(NHL)所属のニューヨーク・レンジャース(New York Rangers)のファン。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_4_15_1
    今日のNYの最高気温は27度と汗ばむ1日となりました。今年の夏も暑そうだな・・・。気温が高く…
  2. 日本は、お花見シーズンですね。NYでも所々で満開の桜を鑑賞できます。道を歩いて満開の桜を見るとお花見…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週は東京ビッグサイトに11万3千人を集めた「第51回東京モー…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週(4月7日)も先週に引き続き、創刊36年の老舗クラシッ…
ok!family
PAGE TOP