OKJBond2_1

現地時間2024年3月13日、英国チェルトナム(Cheltenham)のチェルトナム競馬場で開催されたチェルトナム・フェスティバル2日目のスタイル・ウェンズデーに出席したカミラ王妃。

ウィリアム皇太子とカミラ王妃は深い絆を結ぶ(後編)

激動の数年間を経て、41歳のウィリアム皇太子が個人的なサポートを求められる数少ない人・・・それはカミラ王妃!

現地時間3月22日にキャサリン妃(ウェールズ公妃キャサリン(Catherine, Princess of Wales))が、がん診断のニュースを伝えた後、バッキンガム宮殿からの心のこもった声明の中で、チャールズ国王(チャールズ3世:Charles III)は「キャサリン妃の勇気ある発言をとても誇りに思っている。」と述べ、また自身は「王室の立場に留まっている。」と述べました。

過去数週間にわたって彼の最愛の義理の娘と最も密接な接触がありました。宮殿は、国王が「この困難な時期を乗り越え、家族全員に愛と支援を提供し続けます。」と付け加えました。

この言葉はBBCの元王室特派員ジェニー・ボンド(Jennie Bond)の心に響きました。「彼が近いではなく、最も近い(closest)と言ったことに感動しました。がんがすでに強い関係を強化したことは疑いの余地がありません。2人とも入院していたとき、チャールズ国王がキャサリン妃に会うために廊下をよちよちと歩いていたことを考えると、とても感動的です。そして、彼女の放送が放映される前日にウィンザー城で一対一の昼食をとった後、国王は非常に感情的になったと理解されています。

「王室幹部が、彼らの言うことはすべて安全であると確信して打ち明けられる人は非常に少ないのです。きっと2人とも、自分の感情だけでなく、化学療法の治療とそれがどのように感じたかについて話し合うことができて、安心したと感じていると思います。もちろん、キャサリン妃には頼れる父親がいるから、父親代わりを求めているわけではありませんが、チャールズ国王とは真に愛情深い関係を築いていると思います。そして彼は彼女を非常に誇りに思っているという事実を隠していません。

「結局のところ、チャールズ国王はずっと娘が欲しかったとダイアナ妃(ウェールズ公妃ダイアナ:Diana, Princess of Wales)が言ったことを思い出してください。そして彼は孫たちを愛していて、今ではウィンザー(Windsor)かサンドリンガム(Sandringham)でもっとたくさん孫に会います。子どもたちにとって、祖父と母親が病気であることを知るのは特につらいことでしょう。しかし、チャールズ国王もキャサリン妃と同じように、絆の強い小さなグループの中で、できる限り彼らをそのようなことから守ろうとしていると私は確信しています。」

チャールズ国王は、自分の子供たちのために望んでいたほどそこにいることができませんでしたが、息子と義理の娘に与えた支援は家族にとって第2の行為となりました。必要な時間をスポットライトから遠ざけようというチャールズ国王の励ましのおかげで、夫婦はお互いのためにそこにいて、ジョージ王子(Prince George)(10歳)、シャーロット王女(Princess Charlotte)(8歳)、ルイ王子(Prince Louis)(5歳)を育てるための安全な聖域を提供することができました。
ウィリアム皇太子は、彼が経験していることを理解しているカミラ王妃(Queen Camilla)のサポートに間違いなく慰めを見つけるでしょうが、人生で最も困難な時期にそうしたように、彼もまた自分の内なる力を呼び起こす必要があるに違いありません。

「彼は運命が残酷だと感じているに違いありません。15歳で母親を失い、人生最愛の人と結婚と子供という確固たる幸せを見つけたのに、それがこんな形で打ち砕かれるのはショックなことでしょう。」とジェニーは言います。「それに加えて、つらい別居によってたった1人の兄弟を失い、父親ががんと診断されたこともあり、ウィリアム皇太子は星が自分に不利な方向に向いていると感じているに違いありません。ありがたいことに、カミラ王妃は温かく、誠実で、母のような人で、大幅に増えた仕事量も引き受けながら、ウィリアム皇太子とキャサリン妃をサポートするために全力を尽くしてくれていると確信しています。」

OKJBond2_2

写真:キャサリン妃の両親で、ウィリアム皇太子の義理の両親のキャロル(Carole)(写真左)とマイケル・ミドルトン(Michael Middleton)(写真右)夫妻。

人生のあらゆることが変化しても、戦い続け、批判に耐え続けるウィリアム皇太子の計り知れない内なる強さはどこから来るのかについて、ジェニーはその力は亡き母親から受け継いだものだと振り返ります。

「人生のストレスの多い時期には身体的にも精神的にもろかったにもかかわらず、ダイアナ妃はタフでした。」とジェニーは言います。「ケンジントン宮殿の自宅でよくおしゃべりしていたときに、私が衝撃を受けたのは、彼女の自信と世界(そして自分自身)を笑い飛ばす能力でした。人生が彼女をタフにしてくれたが、ウィリアム皇太子にも同じ鋼の血が流れているのだと思います。彼は頑固でひたむきなところもありますが、世界の重みを背負っているのであれば、それは悪いことではありません。

彼の絶対的で譲れない優先事項は家族です。そしてその点で、私は彼を称賛します。彼の母親の影響は、彼が人々と接するリラックスした方法と、自分より裕福ではない人々を助けようとする彼の決意にあります。ホームレスの人々の窮状を初めて息子たちに見せたのはダイアナ妃でした。ウィリアム皇太子は今、自分の子供たちに、自分たちがどれほど恵まれているか、そして他の人が時には少しの助けを必要とするかもしれないということを十分に認識してほしいと語りました。」

彼の亡き母だけでなく、彼の祖母であるエリザベス女王(エリザベス2世:Elizabeth II)も、彼が言ったように、最も幸せなときも最も悲しいときも、彼のそばにいてくれました。これらの家長は将来の国王にとって力の柱であり、彼らの指導とインスピレーションは、21世紀の問題に取り組む準備ができている現代の君主を生み出すために働いています。

そして、ウィリアム皇太子は、自分が直面しているプレッシャーを理解してくれる数少ない人物の1人であるカミラ王妃から慰めを得るでしょうが、同時に、宮殿生活の枠から離れたミドルトン家に第2の家族を見つけました。

この強い家族の絆は本物であり、姉の診断のニュースを受けてジェームズ・ミドルトン(James Middleton)がインスタグラムの投稿で互いへの愛を完璧に表現しています。幼い頃の2人の家族の写真とともに、彼は次のように書いています。「長年にわたり、私たちは一緒に多くの山に登りました。私たちも家族として、あなたと一緒に登ります。」

「キャサリン妃がウィリアム皇太子に、自分の家庭生活に欠けていたものをすべて与えてくれたことは、疑いの余地がありません。友情、情熱、相互尊重に基づいた愛情深く深いパートナーシップ、そして義理の両親とのより広く安定した幸せな関係。マイケルキャロル・ミドルトン(Michael and Carole Middleton)夫妻は、ウィリアム皇太子を自宅に迎え入れ、家族の1人のように接しました。彼は彼らと一緒にリラックスし、彼らを信頼し、ごく少数の人々に対してしかできないやり方で、自分自身でいられるのです。」とジェニーは言います。

そして、キャサリン妃は現在嵐の真っ只中にいますが、3人の幼い子供たちを決定の中心に置くことを確実にして発表に臨んだキャサリン妃の思慮深い態度は、彼女とウィリアム皇太子の両者が、何が起こっても打ちひしがれないことを示している彼らの方法です。

キャサリン妃の影響もまた、ウィリアム皇太子を今日の人間にする鍵となったとジェニーは言います。 「彼らは20年以上前から知り合いで、彼女は彼の深い愛だけでなく尊敬も勝ち取っています。キャサリン妃自身も言ったように、ウィリアム皇太子がそばにいてくれるのは大きな慰めと安心感の源です。私はこれが強い結婚であると強く信じていますが、母の日の写真で彼女が結婚指輪をしていなかったという理由だけで、彼らが卑劣なゴシップに気付かれたかもしれないと知ると非常に悲しいです。

この健康危機を乗り越えれば、彼らの結婚生活はさらに強固なものになるでしょう。ウィリアム皇太子は、公務よりも家族を優先させたことに対する批判に耐える姿勢を示しており、キャサリン妃もその点でウィリアム皇太子をさらに愛していると私は確信しています。個人的には、妻が治療を終えて完全に回復するまで、彼が仕事に戻る義務を感じる必要はないと思います。私たちが強くて健康な将来の女王と国王を望むなら、彼らが今必要とするすべての時間を許可すべきです。」

Words © Rebecca Russell / OK! Magazine
Photos © Mirrorpix

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_5_26_1
    NY時間の本日2024年5月27日は、Memorial Day(メモリアルデー:戦没将兵追悼記念日)…
  2. kana2024_5_19_1
    日本時間5月17日~19日まで地元、東京・浅草で開催されました三社祭、3日間で約191万人が訪れ今年…

レーサー鹿島Blog

  1. ヒストリックカーレース「サイドウェイトロフィー」が行われた袖ヶ浦フォレストレースウェイで。TRI…
  2. ヒストリックカーレースのレギュレーション(1969年までの車両が参加)に合わせて、1960年…
ok!family
PAGE TOP