OKJBond1_1

写真:現地時間2024年3月19日、英国シェフィールド(Sheffield)で、ホームレスの危機にある地元家族を支援する解決策について話し合うため、住宅ワークショップを訪れたウェールズ皇太子。

ウィリアム皇太子とカミラ王妃は深い絆を結ぶ(前編)

激動の数年間を経て、41歳のウィリアム皇太子が個人的なサポートを求められる数少ない人・・・それはカミラ王妃!

ウィリアム皇太子(William, the Prince of Wales)は計り知れない特権に恵まれた世界の出身かもしれないが、ウィリアム皇太子は私生活において時には困難な道を歩んできました。母親と祖母の死、弟との疎遠、父親のガン宣告、そして現在妻も同じ病気と闘っているため、ウィリアム皇太子が個人的なサポートを求められる人のリストは限られています。

しかし、激動の数年間を経て、41歳のウィリアム皇太子が指導を求めることができる家族が1人います。なぜなら、彼女も同じ困難な船に乗っているからです。
「最近の出来事で、ウィリアム皇太子とカミラ王妃(Queen Camilla)は明らかに距離がずっと近づいています。」とBBCの元王室特派員ジェニー・ボンド(Jennie Bond)はOK!に語りました。「彼らはほぼ文字通り、チャールズ国王(チャールズ3世:Charles III)とキャサリン妃(ウェールズ公妃キャサリン(Catherine, Princess of Wales))が回復するまで王冠の看護をすることになりました。」

1月に国王とキャサリン妃がロンドンのクリニックで治療を受けて以来、2人の関係がどのように強化されたかについてジェニーはこう語ります。「がん治療はこれまで進歩してきましたが、それでも恐ろしいことです。そして、カミラ王妃とウィリアム皇太子は世界のために(そして間違いなく彼らの配偶者にとっても)勇敢な顔をしている一方で、時にはこのすべてにどのように対処しているかをお互いに打ち明けることがあるかもしれません。女王(エリザベス女王(エリザベス2世:Elizabeth II))が亡くなったとき、ウィリアム皇太子は『人生で最も幸せな時』も『最も悲しい時』も、女王がどのようにそばにいてくれたかを語りました。今、カミラ王妃は彼と当時の時間を共有しており、それが2人の関係を確かなものにするに違いありません。」

ジェニーは、このような人前に立つ役職に就いている人の人生がどのようなものかを振り返り、「王室上級生が絶対的に信頼できる人は非常に少ないのですが、ウィリアム皇太子にとってカミラ王妃はその数の1人に違いないのです。そして、ウィリアム皇太子もカミラ王妃に精神的なサポートを提供しており、それは双方向のものであると確信しています。」と付け加えました。

もちろん、特に国王とダイアナ妃(ウェールズ公妃ダイアナ:Diana, Princess of Wales)との最初の結婚が破綻してからは、2人の関係は常に順風満帆だったわけではありません。しかし、長年紹介されていなかったにもかかわらず、ウィリアム皇太子はカミラ王妃に完全に心を許し、今では彼女をありのままに見ています。父親の親友であり、彼の相談役であり、問題のある状況に油を注ぐのに最適な立場にある人です。

「思春期のウィリアム皇太子は時間をかけて、カミラ王妃を父親の人生における『もう1人の女性』として受け入れました。母親の結婚生活の不幸を目の当たりにしていたため、カミラ王妃に対するウィリアム皇太子の感情は複雑でした。しかし、成熟するにつれ、カミラ王妃が父親をとても幸せにしているという認識が生まれ、ウィリアム皇太子は今では彼女が人生の最愛の人であることを知っています。」とジェニーは言います。

OKJBond1_2

現地時間2024年1月29日、チャールズ国王が前立腺肥大の手術を受けたロンドン中心部のロンドン・クリニック(The London Clinic)を出発したチャールズ3世(写真左)とカミラ王妃(写真右)。

75歳の国王と76歳のカミラ王妃は50年以上の付き合いがあり、4月9日に結婚19周年を祝う準備を進めていますが、君主の最近の健康状態の悪化が証明したことが1つあるとすれば、それは2人の間には永遠の愛があるということです。

この真の王室のラブストーリーには、カミラ王妃が自らの役職に就き、より多くの公務を引き受けるという即座の決断が組み込まれています。つい先日(現地時間)、彼女はシュルーズベリー(Shrewsbury)のファーマーズマーケットに出かけ、ウースター大聖堂(Worcester Cathedral)で行われた聖木曜日の礼拝で国王の代理を務めました。

カミラ王妃はまた、文学や家庭内暴力の被害者といった彼女の重要な関心を熱心に支援しており、これは彼女の真の価値が、ウィリアム皇太子だけでなく一般の人々によって、これまで以上に大きな規模で注目されていることを意味します。

「今、カミラ王妃とウィリアム皇太子の間には本当の温かさと愛情が芽生えていると思います。2人とも世間に対して勇敢な顔をして仕事を進めているのですが、きっと家でパートナーや子供の世話をしているほうがよいと思います。」とジェニーは言います。

王室専門家で『Majesty』誌の編集者でもあるイングリッド・スワード(Ingrid Seward)も、継息子の目に映るカミラ王妃の待望の復活について、ジェニーと同じ見解を示しています。「カミラ王妃は、寛容であると同時にストイックでもあります。」と彼女は言います。 「キャサリン妃は病気のおかげで、かつて彼女を激しく嫌っていたウィリアム皇太子に近づくようになりました。ウィリアム皇太子と ヘンリー王子(サセックス公爵ヘンリー王子:Prince Henry, Duke of Sussex)は、父親との結婚に至るまで、パパにカミラ王妃と結婚しないように懇願していました。

「カミラ王妃の明るさと、人々や出来事に対する率直なアプローチは、まさに今、君主国が必要としているものです。ウィリアム皇太子はそれを見て、彼女にとても感謝しているに違いありません。彼女は父親を落ち着かせることに熱心であるだけでなく、彼女なりのやり方で国を落ち着かせることにも努めています。いつも笑顔でチャールズ国王と義理の娘の進歩を明るく報告します。彼女はまさに私たち全員が今必要としている人です。」

Words © Rebecca Russell / OK! Magazine
Photos © Mirrorpix

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_5_26_1
    NY時間の本日2024年5月27日は、Memorial Day(メモリアルデー:戦没将兵追悼記念日)…
  2. kana2024_5_19_1
    日本時間5月17日~19日まで地元、東京・浅草で開催されました三社祭、3日間で約191万人が訪れ今年…

レーサー鹿島Blog

  1. ヒストリックカーレース「サイドウェイトロフィー」が行われた袖ヶ浦フォレストレースウェイで。TRI…
  2. ヒストリックカーレースのレギュレーション(1969年までの車両が参加)に合わせて、1960年…
ok!family
PAGE TOP