OKJSydneySweeney1_2

収益性の高い映画スターとなり人気の波に乗っていても「私は調子に乗るつもりはありません。」と語る、シドニー・スウィーニー(Sydney Sweeney)(26歳)。

OK! インタビュー☆シドニー・スウィーニー:ハリウッド最新の「ITガール」(後編)

興行収入2億ドルを突破した2023年のスーパーヒットとなったロマンティック・コメディー『原題: Anyone but you』で主役を演じたシドニー。

━━あなたはオーストラリアで多くの時間を仕事に費やしてきました。まずは『原題:Anyone but you』(邦題『恋するプリテンダー』:日本公開5月10日)、そして最近ではロン・ハワード(Ron Howard)監督の新作『原題:Eden』です。ダウンアンダー(親しみを込めて「オーストラリア」を指す言葉)で働くことについてどう思いますか?

オーストラリアは本当に素晴らしい場所です。そこでの生活がとてものんびりしているように見えるのが大好きです。人々も信じられないほどフレンドリーで社交的で、本当に人生を楽しんでいるように感じられます。そこで再び仕事ができることも、私にとって本当に大きな喜びでした。

初めてオーストラリアに行って、『原題: Anyone but you』の仕事を始めたとき、こんなに楽しかったなんて信じられませんでした。キャストもスタッフもとてもフレンドリーで、とても楽しい時間を過ごすことができました。これまで撮影現場でこんなに楽しい時間を過ごしたことはありませんでしたし、映画を作っている間ほど笑ったこともありませんでした。

━━この映画のロケ地をヨーロッパからオーストラリアに変更したのは、あなたが大きな責任を負ったのですね。

非常に多くの映画がパリ、ローマ、ロンドンで撮影されてきたので、もっとエキゾチックなものを探すことは困難でした。オペラハウス、港、通りやカフェ、ビーチなど、信じられないほど美しい場所がたくさんあるオーストラリアのシドニーで撮影するのは、特別なものになるだろうと思いました。オーストラリアで映画を制作することは、物語にさらなる次元を加えるようなものでした。

━━『原題: Anyone but you』 を世に送り出す責任を負ったプロデューサーの1人であったことも、非常に誇りに思っているのではないでしょうか?

私はいつもロマンティック・コメディーが大好きで、人々をその映画に夢中にさせるような魔法を復活させたいと思っていました。作業するのはとても楽しかったし、数年間開発してきたものが実際に形になるのを見ると、間違いなく満足感がさらに高まりました。また、シドニーの美しい環境で撮影して、観客にこの素晴らしい雰囲気を作り出したいとも思いました。

━━腕にクモを乗せるシーンで、怖いふりをしていたのに、無害だと思われていたクモが実際に噛んでしまったシーンについて教えてください。

ああ、シーンの真ん中でクモに首を噛まれて、叫び始めました。監督は、クモが偽物に見えると言い、腕を少し動かして動くように言いました。そのとき、「噛んだ!」私と私は叫び始めました。しかし、誰もが私がシーンの一部として劇的な効果を求めて叫んでいると思って私を見続け、誰も「カット」とは言いませんでした

それから私は叫びました、「このクモは本当に私を噛んでいます!」グレン(共演者のグレン・パウエル(Glen Powell))は、私が演技をしていないという事実に気付いた唯一の人で、彼は「ああ、待って。これは深刻なことだと思うよ。」と言いました。その時、彼らは何が起こっているのかに気付き、クモの調教師がやって来て私からクモを取り除きました。

おそらくパニックから過剰反応したのは分かっていますが、オーストラリアでは危険なクモやヘビについてよく耳にします。手首は数日間腫れて、ひどい噛み跡が残りましたが、それほどひどい状態ではありませんでした。

━━ハリウッドのスターダムへの道を、富豪への道を楽しんできたと言っても過言ではありません。演技への道はどのように始まったのですか?

3歳のとき、私はすでに祖父母の家で小さな劇を上演していました。私はいつも想像力を働かせて演じることが好きでした。そして、私が10歳か11歳の頃、小さな町で育ったのでハリウッドやロサンゼルスがどのようなものか全く知りませんでしたが、演技が本当の仕事であることを理解し始めました。でも、テレビで仕事がしたいと思ったのは、さまざまなキャラクターを演じて、自分の想像力を満たしてくれる物語の一部になれることが、どれほど素晴らしいことだったかということです。

私の両親もこの世界のことを何も知りませんでしたし、映画業界とのつながりもありませんでした。私が最初に女優になりたいことを父と母に話し始めたとき、彼らは私がお姫様になりたいのと同じで、私が真剣ではないと思っていました。

しかし、私は、キャスティングディレクターに会う、コマーシャルを担当する、短編映画のオーディションに行くなど、今後5年間に何をする必要があるかを説明する独自のプレゼンテーションを作成することで、彼らの考えを変えさせました。そしてそれはある時点で最終的には、より大きなプロジェクトのオーディションを受けるのを手伝ってくれるエージェントを見つけることになりました。

━━低予算のゾンビ映画への出演が決まったのはそのときですか?

セリフはほんの数行しかありませんでしたが、2週間の仕事で200ドル(約3万円)の給料をもらいました。その後、両親は私の演技への野心を真剣に受け止めてくれました。それが、私たちがオーディションのためにシアトル(彼女の故郷ワシントン州スポケーンから車で4時間)に通い始めたときです。

そして、オーディションやキャスティングに参加できただけで、自分は本当にその道を進んでいると信じられました…。演技が私がやりたいことのすべてだと分かっていました。

━━しかし、両親と一緒にロサンゼルスに到着してからは、物事はそう簡単にはいきませんでしたか?

いいえ。毎週3つの異なるキャスティングに行き、毎回断られるという非常に厳しい年もありました。人々はあなたが十分ではない、あなたは成功しないだろうと常に私に言い、そして私は常にこの大きな拒絶の重みに耐えています。

しかし、特に両親が私の夢を追いかけるために払ってくれたあらゆる犠牲の後では、諦めることはできないことは分かっていました。続けていけば、いつかは良い役を得ることができ、1つのことがまた別の役につながるだろうと自分に言い聞かせるだけです。そして、それは成功しました! (笑)

シドニー・スウィーニーによる上記のコメントは、現地時間2023年12月12日にニューヨーク市で彼女の最新作『原題: Anyone but you』のプロモーション中に行われました。彼女のコメントは、長さと明瞭さのために要約および編集されています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photo © Nicky Nelson / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_5_26_1
    NY時間の本日2024年5月27日は、Memorial Day(メモリアルデー:戦没将兵追悼記念日)…
  2. kana2024_5_19_1
    日本時間5月17日~19日まで地元、東京・浅草で開催されました三社祭、3日間で約191万人が訪れ今年…

レーサー鹿島Blog

  1. ヒストリックカーレース「サイドウェイトロフィー」が行われた袖ヶ浦フォレストレースウェイで。TRI…
  2. ヒストリックカーレースのレギュレーション(1969年までの車両が参加)に合わせて、1960年…
ok!family
PAGE TOP