OKJ_2024_1Catherine2_1

写真左から:ルイ王子とキャサリン妃。

キャサリン妃の王室子育ての7つのルール(後編)

現代的な子育てスタイルを理解しているキャサリン妃。

3.スクリーンタイムは限られています。
子供たちがスクリーンの前で過ごす時間をコントロールすることは、世界中の親にとって毎日の闘いであり、ウェールズ(Wales)家にとってもそれは例外ではありません。子供たちはテレビを見ることが許されていますが、自然愛好家のキャサリン妃(ウェールズ公妃キャサリン(Catherine, Princess of Wales))は屋外で子供たちと一緒に時間を過ごすことを好みます。
2018年の小児ホスピス週間を支援する心温まる手紙の中で、彼女はこう書きました。「充実した時間を一緒に過ごすことは、家族のとても重要な側面です。人生、そして母親である私にとって、一緒に外で遊ぶなどの家族の単純な瞬間が大切です。」

子育ての専門家ティナ・ウィルソン(Tina Wilson)は、キャサリン妃の優先順位が正しいと信じています。
ティナはこう言います。「家族はテレビから離れて、美術品や工芸品、または野外活動に取り組む時間を重視しています。画面のない共有エクスペリエンスに重点を置くことで、家族の絆とコミュニケーションが強化されます。スクリーンタイムの上限を導入することで、夫婦は子供たちをバランスのとれた健全なテクノロジーとの関係に導き、家族内の有意義なつながりを促進しています。」

4.子供たちは自分の気持ちを表現できます。
ウィリアム皇太子(William, the Prince of Wales)とキャサリン妃は、メンタルヘルスの問題についてオープンに話すことに共通の情熱を持っており、その結果、ジョージ王子(Prince George)(10歳)、シャーロット王女(Princess Charlotte)(8歳)、ルイ王子(Prince Louis)(5歳)が自分の感情を表現できる究極の安全なスペースを作り出しました。

元BBC王室特派員のジェニー・ボンド(Jennie Bond)は、41歳のウィリアム皇太子は亡き母ダイアナ妃(ウェールズ公妃ダイアナ:Diana, Princess of Wales)が定めたテンプレートに従っていると語ります。

「ダイアナ妃は、王室の子供たちの育て方を根本的に変え、ホームレス、貧困、病気を目の当たりにするなど、現実の生活にさらされるようにしました。しかし、結婚生活があまりにも不幸だったため、ダイアナ妃は、ウィリアム皇太子とキャサリン妃が子供たちに提供できる包括的なケアを息子たちに提供することができず、安全な愛の泡と安定した家庭生活の中で子供たちの精神的、身体的ニーズを育むことができませんでした。違うことは難しいことです。ジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子は他の友達とは違うので、自分の気持ちを表現し、問題を話し合うことを奨励してくれる両親を持つことができてとても幸運です。」と彼女は語ります。

OKJ_2024_1Catherine2_2

写真左から:2023年12月25日、ノーフォーク州サンドリンガムのサンドリンガム教会で行われたクリスマスの礼拝に出席するキャサリン妃、シャーロット王女、ジョージ王子、ウィリアム皇太子、ルイ王子、エリザベス女王の曾孫のミア・ティンダル(Mia Tindall)。

5.子供たちは年齢相応の行動ができます。
王室の子供たちの姿が見られるだけで、声を聞かれるべきではない時代は終わりました。ウィリアム皇太子とキャサリン妃は、「子供は子供である」こと、そして年齢を演じただけで叱られるべきではないことを受け入れています。その代わりに、夫婦はしっかりとした、しかし公平な境界線を設定することを好みます。

ルイ王子がエリザベス女王のプラチナ・ジュビリー(The Platinum Jubilee)でふざけた態度を示したことで有名になった後、スーパーナニーのジョー・フロスト(Jo Frost)はこう語りました。
4歳の子供は、長い1日を耐える体力を維持し、特別なイベントに参加するほとんどの子供たちと同じように、ルイ王子の通常の1日は関係のなく座ったり、多くのことをしたりしています。
「(キャサリン妃は)ルイ王子のニーズに共感し、試しているときに境界線をしっかりと持つという正しい尺度を持っていたと思います。」

ティナもその気持ちに同調します。「子供たちが楽しんでいたり愚かなことをしたりしても叱らないと、 彼らは将来あなたに感謝するでしょう。服を汚すことを許されなかったり、子供の頃に自分の性格が抑圧されていたと感じたりすることは、憤りを生むだけです。」と彼女は言います。

6.ボランティア活動が奨励されています。
キャサリン妃とウィリアム皇太子は、子供たちがボランティア活動をすることを大いに支持しています。
生涯にわたる王室奉仕。
「ボランティア活動は亡きダイアナ妃の教えのほんの一部です」とジェニーは言います。「自分たちがいかに恵まれているかを知り、生活の基本に苦しんでいる人々について学び、いつでもどこでも手を差し伸べること。これらは子供たちにとって非常に貴重な教訓であり、キャサリン妃は、 最近ベビーバンクを訪れた際、ジョージ王子に他の人を助けることは非常にやりがいのあることだと語りました。」
「ウィリアム皇太子とキャサリン妃は、子供たちがバランスを保ち、地に足を着かせ、自分たちがどれほど恵まれているか、そしてその立場を恵まれない人々を助けるためにどのように活用できるかを適切に認識できるよう、懸命に努力しています。」

7.家庭内での形式ばった行為は推奨されません
ウィリアム皇太子とキャサリン妃は、人生が「普通」だと感じられることを望んでいます。
3人の子供たちのためにできる限り、家庭内であまり堅苦しくない雰囲気を作り出すために、夫妻は王室のオフィスで働く人々にもっと「カジュアル」にと尋ねました。

バレンタイン・ロー(Valentine Low)は著書『Courtiers: The Hidden Power Behind The Crown』の中で、「ウィリアム皇太子とキャサリン妃の子供たちが小さかった頃から、ウィリアム皇太子はスタッフに対し、オフィスにいるときはスーツを着てほしくないと話していました。」と明かしています。
ある関係者はさらに、「ウィリアム皇太子はカジュアルなものを望んでいます。子供たちはオフィス内を走り回っているので、彼はオフィスが息苦しくなることを望んでいません。」

ジェニーは、特にいつか国王となるジョージ王子にとって、これは極めて重要だと考えています。
「子供たちにとって、『仕事モード』とは堅苦しく、スーツを着てブーツを履いて、お辞儀や『殿下』の挨拶が多いという印象を与えてしまいがちです。」と彼女は言います。
「ウィリアム皇太子もキャサリン妃も、自宅のオフィスをできる限りカジュアルなものにしようとしているのは嬉しいことですが、それはバッキンガム宮殿のオフィスとはまったく異なる雰囲気です。
「特にジョージ王子にとって、自宅でアドバイザーと会うときにジーンズと開襟シャツを着ている父親の姿を見ると、今後のことへの不安が少し和らぐはずです。」

Words © Rebecca Russell / OK! Magazine
Photos © Mirrorpix

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_2_14_1
    NY時間の昨日は雪が降り悪天候の為、ニューヨーク市の公立学校は自宅などでの遠隔授業に切り替えとなりま…
  2. Kana2024_2_11_1
    NY時間の明日の2月13日は、積雪などの悪天候が予想されるため、ニューヨーク市の公立学校は自宅などで…

レーサー鹿島Blog

  1. 2024/2/16

    TRIUMPH × COBRA
    TRIUMPH BONNEVILLE T120 × COBRA@MOTORIMODA GINZA.…
  2. 「FMドライバーズミーティング」」、今週の放送(2月18日)は、、世界のバイクシーンが注目す…
ok!family
PAGE TOP