OKJ_2024_1Catherine1_1

写真左から:2023年12月25日、ノーフォーク州サンドリンガムのサンドリンガム教会で行われたクリスマスの礼拝に出席するキャサリン妃、シャーロット王女、ジョージ王子、ウィリアム皇太子、ルイ王子、エリザベス女王の曾孫のミア・ティンダル(Mia Tindall)。

キャサリン妃の王室子育ての7つのルール(前編)

現代的な子育てスタイルを理解しているキャサリン妃。

クリスマスで興奮した後、多くの親は、子供たちが学校に戻るのに伴い、切望されていた建物が戻ってくることを熱心に歓迎しています。 ウェールズ(Wales)の王子と王女も例外ではありません。

サンドリンガム(Sandringham)のアンマー・ホール(Anmer Hall)でのお祝いを終えたウィリアム皇太子(William, the Prince of Wales)とウェールズ公妃キャサリン(Catherine, Princess of Wales)夫妻は、新学期を始めるためにジョージ王子(Prince George)(10歳)、シャーロット王女(Princess Charlotte)(8歳)、ルイ王子(Prince Louis)(5歳)をランブルック・スクール(Lambrook School)に送り返す準備をしていました。

王室に秩序が回復するにつれて、仕事と家庭生活を両立させるという課題もまた回復します。彼らが穏やかで幸せな家庭を維持できているのは、キャサリン妃が幼少期の成長に鋭く集中していたおかげでもあります。

元BBC王室特派員のジェニー・ボンド(Jennie Bond)は、キャサリン妃がより現代的な子育てスタイルを理解しているからこそ、子供たちはとてもよく適応し、行儀が良くなったのだと信じています。

「早期発達の精神全体は、多くの親がキャサリン妃と一緒に学んでいることです。なぜなら、これは非常に根本的な新しい子育て方法だからです。これは、相互の尊重、理解、忍耐、そして子供に道を先導してもらうことに基づいて構築されたアイディアです。多くの場合、それは子供自身の感情、混乱、苦悩を探ることです。キャサリン妃はこの点でまさにリーダーとなり、ウィリアム皇太子は従うことになるでしょう。彼は彼女から、これまでとは違う種類の親になる方法を学んでいくことでしょう。」と彼女は言います。

今年で1年を迎える皇太子妃のShaping Usキャンペーンは、大人になるための幼児期の重要性を強調しています。1月9日、42歳の誕生日を迎えた皇太子妃は。この分野のリーダーの1人になりました。

「幼児期の経験、人間関係、環境を通じて私たちがどのように成長していくかが、私たちの人生全体を根本的に形作るのです。私たちの社会の最年少メンバーと彼らの世話をする人々を中心に、支援的で育成的な世界を構築するために、私たちの集合的な時間、エネルギー、リソースを集中することで、私たちは今後の世代の健康と幸福に大きな違いをもたらすことができます。」とキャサリン妃はキャンペーンの開始時に述べました。キャサリン妃の努力は称賛されており、現代的な方法は明らかに彼女自身の子供たちに成果を上げています。

「王室の子供たちは、偶然の出生によって他の人々と区別され、多くの特権をもたらしますが、同時に彼らを異なるものにします。故女王(エリザベス女王(エリザベス2世:Elizabeth the Second))とマーガレット(Margaret)は子供の頃、閉鎖的で孤立した生活を送りました。ウィリアム皇太子とサセックス公爵ヘンリー王子(Prince Henry, Duke of Sussex)は家庭崩壊のストレスを抱えていました。しかし、これらの王室の子供たち、その中には将来の王も含まれており、両親の安定した結婚生活と子育てに関する現代的な考え方のおかげで、驚くほど安全で非公式で幸せな家庭生活の恩恵を受けています。」とジェニーは言います。

OKJ_2024_1Catherine1_2

キャサリン妃とウィリアム皇太子は、これらの7つの黄金ルールに従っています…。

1.家では大声を出さない
ウィンザーのアデレード・コテージ(Adelaide Cottage)での家族の家庭生活は、できる限りリラックスして礼儀正しいものであることが保証されています。「子供たちにとって大声を出すことは絶対に禁止されており、お互いに叫び合う気配があれば排除することで対処されます。」と王室関係者は明かします。
「子供たちをいたずらなステップや自分の部屋に行かせる代わりに、夫婦は『チャットソファ』を導入しました。「子供は喧嘩や混乱の現場から連れ去られ、キャサリン妃かウィリアム皇太子のどちらかが穏やかに話しかけます。物事は説明され、結果が概説されますが、決して怒鳴ることはありません。」

子育ての専門家ティナ・ウィルソン(Tina Wilson)によれば、これは健全で効果的な戦略だそうです。
「子供が自分の話を聞いてもらっていると感じたら、大声で話す必要はないはずです。ですから、子供が何かを伝えようとしているときに、話を聞くことが重要です。」と彼女は説明します。
「模範を示し、夫婦は効果的なコミュニケーションを示し、もめ事の解決に不可欠なスキルを幼い頃から子供たちに教え込んでいます。」

2.家事手伝いは必須
優れたマナーを奨励し、子供たちに家の手伝いをさせることも重要なルールです。
「子供たちに服を仕分けさせたり片付けさせたりするのは、おそらく苦痛かもしれませんが、それは逆に祝福でもあります。」とジェニーは言います。「彼らは、残りの私たちの生活がどのようなものであるか全く知らずに、一生を手と足で待たされて過ごす可能性があるので、ウィリアム皇太子とキャサリン妃は家事のお手伝いをさせています。彼らが普通の子供のように振る舞うことができるのは、とてもありがたいことです。彼らはいつか両親に感謝するでしょう!」

夫妻は以前、若者たちが演じる役割について話し合ったことがあります。ウェールズのヤギ牧場を訪問した際、キャサリン妃はジョージ王子が半期休暇中に農園の手伝いをしていたと明かしました。ウィリアム皇太子が指摘した後、ロボットのサイレージ掃除機を使って、キャサリン妃は農場主にこう言いました。
「ジョージの半期の仕事は飼料を動かすことでした。」

Words © Rebecca Russell / OK! Magazine
Photos © Mirrorpix

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_2_20_9
    2024年2月20日-Coterie New York(前編)時間や場所の指定に数量と限りが…
  2. Kana2024_2_20_1
    NY時間の2月19日の週は、真冬の休み(Midwinter Recess)ということで娘と息子の通う…

レーサー鹿島Blog

  1. 近未来系EVカート場、「CITY CIRCUIT TOKYO BAY」@お台場にある本格シミュレータ…
  2. 昨年12月にグランドオープンしたばかりの「CITY CIRCUIT TOKYO BAY」へ!…
ok!family
PAGE TOP