OKJReneeZellweger2_1

演じたブリジット・ジョーンズには非常に共感できることが多いと語る、アカデミー主演女優賞、アカデミー助演女優賞受賞女優のレネー・ゼルウィガー(Renee Zellweger)(54歳)。

なぜレネー・ゼルウィガーはレッドカーペット・ロイヤルティなのか・・・(後編)

あの『ブリジット・ジョーンズの日記』の4作目となる映画の撮影が5月にロンドンで開始される!

前作公開中の2001年には独身であったにも関わらず、3年後に続編『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』(原題:Bridget Jones: The Edge of Reason)を撮影するために英国に帰国する頃には、レネーはミュージシャンのジャック・ホワイト(Jack White)に夢中になっていました。2人は2年間交際しましたが、2004年末に別れました。

その後、レネーは2005年にケニー・チェズニー(Kenny Chesney)と出会い、交際わずか4ヶ月後にカントリー歌手と結婚しました。彼らは4ヶ月後に結婚を無効にし、ケニーは後に結婚の「準備ができていなかった。」ことを認めました。

レネーの公の場で最も長い交際期間はミュージシャンのドイル・ブラムホールⅡ(Doyle Bramhall II)で、2人は2012年に交際をスタートしましたが、7年後に破局しました。

レネーは自分のロマンチックな人生を振り返って、いくつかの状況がブリジットのそれを反映していることを最初に認めました。 「ブリジットとの共通点はすべて、私が最も親密に感じていることです。私のブリジットの分身が螺旋を描きながら排水溝を旋回しているのを眺めていました。」と彼女は2020年に語りました。

しかし、女優は、2021年4月にアント・アンステッド(Ant Anstead)が出演するTVシリーズ『原題:Celebrity IOU Joyride』のエピソードを撮影中に出会って、ついに幸せな幸せを見つけたようです。カップルは現在カリフォルニアに住んでおり、ほぼ1年間一緒に住んでいます。

2人の関係はほとんどスポットライトから外されており、公の場でお互いについて話すことはほとんどありませんでした。 2021年、交際3ヶ月となったとき、アントは「レネーと私の関係は本当にプライベートなもの。それについてはあまり話したくないんです。私たちの関係はまだ始まったばかりなので、プレッシャーをかけたくありません。」

OKJReneeZellweger2_2

しかし、それ以来、彼らはソーシャルメディアの投稿を通じてラブストーリーの断片を共有しました。レネーは、2回の結婚で3人の子供がいるアントとの生活を明らかに楽しんでいます。
レネーは今年の4月25日で55歳になりました。ここ数年で多くの変化がありましたが、年を重ねることは彼女を悩ませるものではありません。

2022年に女優はこう語りました。「クリームも修正剤も、売りつけようとするだめな製品もすべて買えば、実年齢に見える必要はないと言ってくる広告ばかり。『何、53歳だからもう私には価値がないって言うの? それはあなたが言っていることですか? 』 老化は受け入れるべきものであると付け加え、レネーはこう語りました。「生き生きと美しくあるためには、自分の年齢を受け入れなければなりません。そうでないと、申し訳なさそうに生きていることになり、私にとってそれはまったく美しくありません。」

年を取ると、レネーがブリジットも一緒に連れて行きたいと考えていることは明らかです。
2010年、女優は『一歩離れて人間として成長する』必要があると説明し、4年間女優業を休止しました。そして休業の後、レネーが復帰した最初のプロジェクトの1つが『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』(原題: Bridget Jones’s Baby)だったのは、非常にふさわしいことでした。

それ以来、彼女は止まらず、最近では2022年の犯罪ミニシリーズ『原題:The Thing About Pam』で主演を務めました。彼女はまた、高く評価された2019年の伝記映画『ジュディ 虹の彼方に』(原題:Judy)にもタイトルロールとしてジュディ・ガーランド(Judy Garland)として主演しました。

しかし、ブリジットはレネーの心の中に今も残り続けるキャラクターです。そして、この役を再演することは決して難しいことではありません。 4作目の映画が発表される前から、レネーは製作に乗り出すことに熱心でした。
「ヘレン(・フィールディング(Helen Fielding))がこの本を書いたことは知っていますし、このキャラクターが大好きです。つまり、もし彼らが私に電話してくれたら、私は走りに行きます!」と彼女は2019年に語りました。「私はブリジットが大好きです。ブリジットを演じる前から、私はブリジットが大好きでした!」

Words © Kenzi Devine / OK! Magazine
Photos © Adriana M. Barraza / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_5_26_1
    NY時間の本日2024年5月27日は、Memorial Day(メモリアルデー:戦没将兵追悼記念日)…
  2. kana2024_5_19_1
    日本時間5月17日~19日まで地元、東京・浅草で開催されました三社祭、3日間で約191万人が訪れ今年…

レーサー鹿島Blog

  1. ヒストリックカーレース「サイドウェイトロフィー」が行われた袖ヶ浦フォレストレースウェイで。TRI…
  2. ヒストリックカーレースのレギュレーション(1969年までの車両が参加)に合わせて、1960年…
ok!family
PAGE TOP