OKJ_Princess2_1

チームの努力により毎回完璧なトーンを設定し、世界の注目を集めているキャサリン皇太子妃(Catherine,Princess of Wales)(41歳)。

「キャサリン皇太子妃は親しみやすいです-それが彼女の力です」(後編)

私たちは、非常に近代的な君主制への道を先導するキャサリン皇太子妃を称えます。

この新しいリーダーシップは広報活動の面で、プラスに過ぎないことに同意し、『マジェスティ(Majesty)』誌の編集長イングリッド・スワード(Ingrid Seward)氏は付け加えました。「私の娘は、リー・トンプソン(Lee Thompson)氏がロンドンのCNBCの広報責任者だったときに働いていました。娘の意見では、この仕事にこれ以上適任な人はいません。彼は同情的で思慮深く、非常にやる気があります。」

したがって、専門家のリー・トンプソン氏の指導の下で、ウィリアム皇太子(William, the Prince of Wales)とキャサリン皇太子妃、そして家族がこれまで以上に親しみやすい方法で行動するのを見ることができそうです。スカウトのキャンプファイヤーで焼きマシュマロを頬張るルイ王子(Prince Louis)や、ガールズ・アラウド(Girls Aloud)のサウンドトラックを聴きながらソーホー行きの地下鉄に飛び乗るウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃を想像してみてください。

戴冠式の日の華やかさが増していく中、ウェールズのインスタグラムの1,500万人のフォロワーたちは、ウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)へ出発する家族の率直な舞台裏ショットに、“What. A. Day.”というシンプルな本当の話というキャプションが付けられました。

しかし、この特定の「リアリティショー」のスターは間違いなくキャサリン皇太子妃です。「日が経ち、数週間が経ち、婚約、結婚と進むにつれて、彼女はますます威厳を増していくようです。式典での彼女はまさに女王の役のように見えました。」と王室専門家のジェニー・ボンド(Jennie Bond)氏は言います。続けて「彼女は、その服装や行動のおかげで、たとえ婚約期間中にジーンズやパンツを履いているだけでも、すぐに共感することができます。彼女はそれをシックで共感できるものにしているのです。キャサリン皇太子妃は、自分のスタイルで同世代や若い世代に自分自身を際立たせることはありません。」とジェニー・ボンド氏は言います。

王室ファッション史家であり、『ザ・ロイヤル・ワードローブ(The Royal Wardrobe)』の著者であるロージー・ハート(Rosie Harte)氏も、この非常に現代的な皇太子妃が君主制を前進させるために、人々とコミュニケーションをとる方法にファッションが大きな役割を果たしていることに同意します。

「2011年にキャサリン皇太子妃がハイストリート・ブランドのリースを着用し、その後そのウェブサイトがクラッシュしたときから、アクセサライズ(Accessorize)のイヤリングを着けて先日のアンナ・フロイト・センター(Anna Freud Centre)に姿を現したときまで、キャサリン皇太子妃は常にその時々のトレンドをしっかりと踏まえているのです。」とロージー・ハート氏はコメントします。

「バース(Bath)のデイム・ケリー・ホームズ・トラスト(The Dame Kelly Holmes Trust)で行われた活動に参加の際、彼女はお気に入りのヴェジャ(Veja)スニーカーを履いていました。私はそれを彼女の「実践用」シューズと呼んでいます。参加する準備ができているサインを示しているからです。」

OKJ_Princess2_2

「キャサリン皇太子妃は共感できるという考えをしっかりと持っていて、それが彼女の大きなパンチ力になっています。」とロージー・ハート氏は付け加えました。「ダイアナ妃(ウェールズ公妃ダイアナ:Diana, Princess of Wales)の時代であれば、彼女のチームは、ハイストリート・ブランドは絶対に対象外だと主張していたでしょう。ダイアナ妃がおとぎ話のような存在であり、普通の人には手に入らないものを着ているということでした。」「ソーシャルメディアは、有名人や世間の注目を集める人物であることが何を意味するかについて、私たちの理解を変えました。」とロージー・ハート氏は続けます。

「ウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃はとてもユニークで、ほとんどプライバシーを守る生活を送っていますが、キャサリン皇太子妃がやったことは、ファッションを使って「私たち」と「彼ら」の間にある大きな溝を埋めることです。キャサリン皇太子妃はサラ・バートン・マックイーン(Sarah Burton McQueen)の素晴らしいガウンを着ることができるでしょうが、キャサリン皇太子妃のスタイリストであるナターシャ・アーチャー(Natasha Archer)は文字通りZARAに行き、必要に応じて完璧なブレザーを探し出すでしょう。

「『キャサリン皇太子妃効果』は、彼女が何を着ているかだけではなく、子供たちに何を着せているかも関係しています。例えば、ジョン・ルイス(John Lewis)とキャス・キッドソン(Cath Kidston)は、キャサリン皇太子妃がジョージ王子(Prince George)、シャーロット王女(Princess Charlotte)、ルイ王子に衣装を着せたときから大きな恩恵を受けています。服。つまり、これはキャサリン皇太子の巨大なスーパーパワーであり、ブランドウェールズだけでなく王室全体にとっても価値のある信じられないほどのツールなのです。」

テスコやレッドブルなどの企業との仕事にも慣れているビデオグラファー、ディテール・フィルムズのウィル・ウォー(Will Warr)が撮影した最近のソーシャルリールやストーリーを見ると、ブランドウェールズは、ほとんどブランドの商品と見なすことができ、大衆の心をつかむには慎重な取り扱いが必要です。

デティールズ・グロッシー(Detail’s glossy)という企業ショーリールは、潜在的な新規企業顧客に対して、「人々に話をさせ、人々に感情を与え、人々に行動を起こさせる。」こと、そして「独自の世界を創造する。」ことを促しています。そして、尋ねます「どこから来たのですか?」。でももっと重要なのは、「どこへ行くのですか?」です。

それは、王室のPR戦略マシンが検討する可能性のある問題です。また、ソーシャルコンテンツを担当するチームを1人から3人に拡大したと伝えられているところによると、ウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃は公務を中心に据えるため、デジタルコンテンツクリエーター兼デジタル・ソーシャルメディア責任者を新たに雇用したと言われています。

「スニークピーク」(sneak peek:対象となる物について先行して体験すること。)は時々特集されますが、これまでのところ、そのコンテンツはしっかりと「公式」のままでありますが、最近カップルがカジュアルな記念日の写真を投稿するなど、以前の撮影の「アウトテイク」も時折含まれています。ジーンズとシャツを着た2人がマウンテンバイクに乗って止まり、抱き合うその写真には、「12年」というキャプションと、それに続く赤いハートの絵文字が添えられていました。それは、我々が旧衛兵に期待していたであろう正式な肖像画とは程遠いものです。それでは、ウェールズ家の私生活についても知ることができるようになるでしょうか?

ウェールズ家のTik-Tokやカーダシアン(Kardashians)家のスタイルのショーがすぐに始まることを期待しないでくださいと、メディア責任者のジェイン・サイクス(Jaine Sykes)氏は言います。「すべての親は、子供たちの生活を社会全体にどれだけ見せたいか、あるいはそれがどのように悪用されるかを決める必要があります。ウェールズ家の人も例外ではありません。安全上の理由から、それは危険でもあります。」

Words © Lesley Jones /OK! Magazine
Photos © Mirrorpix

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_5_26_1
    NY時間の本日2024年5月27日は、Memorial Day(メモリアルデー:戦没将兵追悼記念日)…
  2. kana2024_5_19_1
    日本時間5月17日~19日まで地元、東京・浅草で開催されました三社祭、3日間で約191万人が訪れ今年…

レーサー鹿島Blog

  1. ヒストリックカーレース「サイドウェイトロフィー」が行われた袖ヶ浦フォレストレースウェイで。TRI…
  2. ヒストリックカーレースのレギュレーション(1969年までの車両が参加)に合わせて、1960年…
ok!family
PAGE TOP