OKJ_Princess1_1

チームの努力により毎回完璧なトーンを設定し、世界の注目を集めているキャサリン皇太子妃(41歳)。

「キャサリン皇太子妃は親しみやすいです-それが彼女の力です」(前編)

私たちは、非常に近代的な君主制への道を先導するキャサリン皇太子妃を称えます。

新しい世代の心をつかむための先頭に立って、キャサリン皇太子妃(Catherine,Princess of Wales)は王室の強力な勢力となり、一部の解説者は彼女を「君主制の救世主」と呼んでいます。落ち着きと自信にあふれたキャサリン皇太子妃は、大学時代の若いときのウィリアム皇太子(William, the Prince of Wales)のガールフレンド当時で、ローラーディスコでネオンカラーのショートパンツで転んで写真に撮られた姿のときとは大きく異なります。

41歳になったキャサリン皇太子妃は今、世界の注目を集めています。夜会服を着てピアノ演奏でユーロビジョンの視聴者を驚かせたり、ジーンズとトレーナーを着た若い慈善活動家たちと話したりしても、キャサリン皇太子妃は毎回完璧なトーンを設定しているようです。

しかし、これはまさにチームの努力によるものです。舞台裏では、新しいタイプの宮殿PR専門家がコミュニケーションに新たな戦略をもたらし、「ブランドウェールズ」の人気を高める取り組みで先駆者となっています。ソーシャルメディアからスタイリングまで、何かを簡単に見せるためには多くの労力がかかります。

公式には、宮殿は雇用主の現代的な顔をどのように表現するかを詳しく調べているという事実について骨を折らず、皇太子と皇太子妃の広報担当者はOK!に次のように明らかにしています。「あらゆる年齢層の視聴者に確実に届くようにするためです。そして、従来の方法ではニュースを潜在的に消費していない多くの視聴者がいるため、私たちは彼らにアプローチする必要があります。皇太子と皇太子妃にとって、私たちの活動に若い視聴者を引き込むことは非常に重要です。」

ブランドおよびメディアの専門家であるジェイン・サイクス(Jaine Sykes)氏によると、チームは英国王室という最愛の機関を新たなデジタル時代に引き入れなければならないという点で、難しい仕事をしてきたと言います。ジェイン・サイクス氏の意見では、ブランドウェールズを推進する上で、明確でスタイリッシュな「フロントウーマン」の存在は夢のようなことです。

「キャサリン皇太子妃が多くの問題について雄弁に語り、それが本物であると感じさせることができるという事実は、特にソーシャルメディアを扱うときに非常に役立ちます。君主制のような確立されたブランドを持つことは別のことですが、キャサリン皇太子妃のような人がいることは、さらに良いことです。なぜなら、人々はその人間味を好むことを私たちは知っているからです。」と、ITVの元ソーシャル部門責任者であり、現在は世界的なPR会社エデルマン(Edelman)のメディア戦略シニア ディレクターであるジェイン・サイクス氏は言います。

「結局のところ、ブランドがアンバサダーを置くのはそれが理由です。人々は人間的な要素を求めているのです。ここの王室は、驚くほど自然で絶大な人気を誇る広報担当者を抱えているという点で幸運です。」

キャサリン皇太子妃とウィリアム皇太子が公式に王室の最年少の現役メンバーとなったため、彼らを取り巻くコミュニケーションチームは、夫妻と子供たち、9歳のジョージ王子(Prince George)、8歳のシャーロット王女(Princess Charlotte)、5歳のルイ王子(Prince Louis)がこれまで以上に重要であることをよく認識しています。最もフォーマルな場面でも、よりモダンで親しみやすい側面をもたらすと考えられています。

「若者が王室とつながりを持たないことは、常に君主制に対する最大の脅威の一つでありました。自撮り写真であっても、数年前は絶対にダメでしたが、キャサリン皇太子妃とウィリアム皇太子も今は全くOKです。」と王室専門家のジェニー・ボンド(Jennie Bond)氏は言います。 「彼らは時代とともに動いています。」

OKJ_Princess1_2

最近の世論調査によると、65歳以上の圧倒的な78%が君主制を支持している一方、ファンになる可能性が最も低いのは18歳から24歳で、王と同じように感じているのは3分の1未満(32%)だといいます。そして、王室全体の中で、ウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃は、最も勤勉なメンバーと見なされがちなアン王女(Princess Anne)に、人気の賭けでわずか1ポイント及びませんでした。

君主制のこの現代的な顔にとって、それは従来の記者会見や散歩以上の意味があります。ウェールズ家のソーシャルに注目している人なら誰でも、最近のコンテンツが新鮮に的を射ていることに気付くことでしょう。これは、一部の批評家が昨年のカリブ海プラチナ・ジュビリー(The Platinum Jubilee)のツアー中に、写真撮影の機会や出演の判断を誤ったことを「完璧な嵐」と呼んだことを受けてのことです。

ベリーズ(Belize)で不満を抱いた地元民からの抗議に直面した後、ジャマイカで金網越しに子供たちと握手をしようとしたり、軍事行動中に旧式のランドローバーから手を振ったりする姿を報道カメラマンが捉えたため、王室夫妻は「王室との連絡が取れていない」と非難されました。これは、植民地君主制の時代遅れのスタイルを反映した、物議を醸したPR戦略でした。

この旅行に関する悪い評判が彼らの働き方を変えるきっかけになった可能性があり、この現代の王室の家族を世界に見せる方法を再構築するために最新の舞台裏チームが招集されました。今日私たちが見ている戦略の変化は主に、昨年招かれてウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃が一般の人々に話す方法の変革に着手した広報担当のリー・トンプソン(Lee Thompson)氏によるものである。リー・トンプソン氏は以前、多国籍メディア組織CNBCで頭角を現しており、そこで YouTubeの視聴者数を600%増加させることに貢献し、「コミュニケーションの達人」と呼ばれていたと考えられています。

「何年も前、チャールズ国王(チャールズ3世(Charles III)やダイアナ妃(ウェールズ公妃ダイアナ:Diana, Princess of Wales)らは、ロイヤルツアーの部隊でジャーナリスト向けのプレスカクテルパーティーを開催していました。そこで彼らはあなたたちに会い、あなたたちも彼らと彼らの報道官に会ったのです。」と『マジェスティ(Majesty)』誌の編集長イングリッド・スワード(Ingrid Seward)氏は言います。

「最近では、PRは映画やリール、ツイートに関するものなので、個々のジャーナリストとの関係に頼ることはもうありません。今ではすべてがかなり計画されていると思います。つまり、製品を推進することです。」

Words © Lesley Jones /OK! Magazine
Photos © Mirrorpix

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. kana2024_5_19_1
    日本時間5月17日~19日まで地元、東京・浅草で開催されました三社祭、3日間で約191万人が訪れたと…
  2. Kana2024_5_11_1
    NY時間の昨日、5月12日は母の日でした。Happy Mother’s Dayということで、私は日本…

レーサー鹿島Blog

  1. ALPHA SHOP渋谷店の取材時に出会ったヘルメットバッグのスモール版が素敵です!スマフォ、財…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週(5月19日)は1959年創業のアメリカのミリタリーブ…
ok!family
PAGE TOP