OKJ_JulianneMoore2.1

世界三大映画祭のすべての女優賞と、アカデミー主演女優賞を受賞しているベテラン女優のジュリアン・ムーア(Julianne Moore)。

OK! インタビュー☆ジュリアン・ムーア:『原題:メイ・ディセンバー』(後編)

カンヌ国際映画祭で絶賛を浴びた話題作で36歳のときに13歳の少年とスキャンダラスな関係となり収監された女性を演じるジュリアン。

━━交際中の年齢差についてはどう思いますか?

このキャラクターについて、私にとってとても魅力的なことの1つは、私のキャラクターが罪を犯した人物であるということです。それにはどう対処すればよいでしょうか? なぜなら、年齢差は別のことですが、大人とティーンエイジャーの関係はまったく別のものだからです。

彼女の罪はあまりにも甚大であるため、彼女はそれを自分自身のアイデンティティーの中に、つまりこの若者を男性像として、したがってより支配的な存在としてキャストする彼女自身の演技的な女性らしさの中に埋め込んでいます。私にとってそれは信じられないほど複雑で、説得力のあるものです。

━━では、年齢差が不適切であるかどうかは、どのように判断すればよいのでしょうか?

人々が発達的に異なる立場にあり、関係者の一方が大人ではない場合、それは不適切だと感じます。そうすると、それは適切ではないので、社会がその周囲に境界線を設けているのです。それは、人々が違反をしていないという意味ではなく、また、人々が歴史的に、または現在非常に不適切であると見なされがちなお見合い結婚において違反をしていないという意味ではありません。

しかし、だからこそ人間には限界があるのです。そして、この映画でも、他の全員の罪と同様に、グレイシー(Gracie)(ジュリアンが演じるグレイシー)の罪が描かれています。この映画を見ていると、とても危険に感じられるのは、人々は誰の境界線がどこにあるのか分からないからです。怖いと感じます。

それは、社会的な状況の中で、誰かが非常に不適切なことをしたとき、非常に不快な気分になり、そこから抜け出したいと思うのと似ています。それは、誰かが社会的または感情的な境界線を越えてしまい、あなたが危険だと感じるからです。それがこの映画でトッドが非常に美しく捉えているものであり、私が非常に説得力があると思うものです。

━━あなたのキャラクター、グレイシーのアイデンティティーがどのように形成されたのか、そして彼女が13歳のティーンエイジャーと結んだ関係に対して社会のタブーを回避しようとする意欲をどのように説明できますか?

トッド(トッド・ヘインズ(Todd Haynes)監督)の映画の多くは、アイデンティティーと、人生のどの時点においても私たちが何者であるかについてのものです。しかし、私たちが誰であるかは、必ずしも実際の私たちであるとは限りません。それは、文化、性別、時代、人種、そしてそれらすべてが私たちをどのように定義するかによって規定されるのが私たちです。

自由意志という考えや、私たちが自分自身のこれらすべての側面をどのように選択してきたかという考えは、まったく真実ではありません。他にもたくさんの力が働いています。私のキャラクターで興味深かったのは、彼女の女性らしさが非常に演技的で、男性像に従属する子供のような女性であると同時に、母親としての自分に対する神聖な信念も持っていたことです。

彼女は自分自身をどう定義するかについて、奇妙な二面性を持っていました。しかし、彼女には必ずしもその責任があるわけではありません。彼女はその文化の中で生まれ、父親や兄弟が彼女に言ったこと、そしてこれが彼女が教えられたこと、そして彼女が信じていることについて何度も話します。教えられたことをただ繰り返しているだけのキャラクターです。この人は、自分の文化によって定義された人物です。

OKJ_JulianneMoore2.2

━━あなたが成長する間、あなたとあなたの家族は頻繁に移動し、軍事判事としての父親の仕事の関係で数年間ドイツに住んでいたこともありました。いつから映画に夢中になり始めましたか?

10歳の頃からよく1人で映画館に行っていました。とても早熟でした。でも、演技を仕事にするなんて想像もしていませんでした。私は学校で演劇を始めて、夢中になりました。まだ若すぎて、自分の人生で何をしたいのかが分かりませんでした。演劇の授業でも、私は自分自身にたくさんの質問をし続けました。すべてがゆっくりと起こったことです。

━━それでは、CBSのメロドラマ『アズ・ザ・ワールド・ターンズ』(As The World Turns(ATWT))で異母姉妹を演じて初めて大ブレイクしたんですか?

(笑)彼らは姉妹であり、いとこでした。それはバロック的なメロドラマの関係の1つでした。私のキャリアのその時点では、仕事があること、つまり学校を卒業して雇用されることが本当に幸せでした。そして、自分の演技をサポートできるようになります。そして毎日仕事に行き、自分の行動に基づいて何かをするか失敗するかを考えなければなりません。それはまさに素晴らしい機会でした。そして、あのクレイジーな異母姉妹のいとこを演じることができたのは、本当に幸運でした。

━━あなたは成人していない2人の子供を育てながら、非常に活発な映画キャリアを維持してきました。以前認めたように、今でも彼らのことを心配していますか?

子供がいると、常にナビゲートしなければなりません。次に何が起こるかは考えず、今起こっていることをうまく乗り越えていきたいと思っています。私たちの文化では、あることが起こると、人々は「次は何になるの? それで、次に入学するのは何? それとも大学院? それとも結婚するの?」という感じです。今、私はこう思っています。「もしかしたら、今この場所にいてもいいのかもしれない、彼らと一緒に。」

━━娘のリヴ(Liv)(20歳)と一緒に砂時計の化粧品の広告キャンペーンに取り組むことができたとき、どれほどうれしかったですか?

親としてとても満足だったのは、娘と一緒にプロフェッショナルな状況に身を置くことができたことです。娘がその場を見事に乗り越える様子を見て、彼女のプロ意識を見て、本当に興奮しました。正直なところ、子供たちがそのようなことをするのを見るのは、親として私にとって一種の贈り物でした。

ジュリアン・ムーアによる上記のコメントは、5月22日月曜日にカンヌで行われたもので、カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でワールドプレミア上映された新作『原題:メイ・ディセンバー』の宣伝の際に行われました。彼女のコメントは、長さと明瞭さのために要約および編集されています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Phil Lewis/WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_4_22_1
    NY時間の4月22日、最高気温が15度で青空広がる1日となりました。本日から30日まで子供達の通う学…
  2. Kana2024_4_15_1
    今日のNYの最高気温は27度と汗ばむ1日となりました。今年の夏も暑そうだな・・・。気温が高く…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週(4月21日)の放送は、日本自動車輸入組合(JAIA)が主…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週(4月21日)の放送は、日本自動車輸入組合(JAIA)が主…
ok!family
PAGE TOP