OKJ.Elizabeth2.1.

現地時間1985年7月26日、ブリストル(Bristol)を訪問し、海事遺産センターの公式開会式に出席したエリザベス女王。

エリザベス女王を偲んで! フォトバイオグラフィ

英国民に敬愛されたエリザベス女王の在位70年の功績を称える。

エリザベス女王(Elizabeth II:エリザベス・アレクサンドラ・メアリー・オブ・ウィンザー(Elizabeth Alexandra Mary of Windsor))が現地時間2022年9月8にスコットランドのバルモラル城(Balmoral)で96歳で亡くなりました。
エリザベス女王の死去を受け、次の国王には長男で王位継承順位1位のチャールズ皇太子(ウェールズ公チャールズ(Charles,Prince of Wales)(73歳)がチャールズ3世(King Charles III)として新国王に即位しました。

エリザベス女王は、現地時間1952年2月6日に肺癌を患っていたジョージ 6世(King George VI)が早朝にサンドリンガム(Sandringham)で亡くなったため、25歳の若さで英国と英連邦の王位に就き、歴代最長の70年にわたり英国君主の座にあり、英国民の敬愛を集めたエリザベス女王の功績を称えたフォトバイオグラフィ。

OKJ.Elizabeth2.2

現地時間2022年6月27日に現チャールズ国王(写真左:当時は皇太子)と共にスコットランドで開催された女王のボディー ガード レデンド パレード(Queen’s Body Guard Reddendo Parade)に出席したエリザベス女王。

 

OKJ.Elizabeth2.3

現地時間1953年6月2日、英国ロンドンのウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)で行われたエリザベス女王の戴冠式(写真中央)。そして新しい女王に敬意を表して跪くフィリップ殿下(エディンバラ公爵フィリップ王配(Prince Philip, Duke of Edinburgh))。

 

OKJ.Elizabeth2.4

「英女王陛下在位70周年」を祝い、2022年6月2日~5日にかけて開催されたビッグイベント「プラチナ・ジュビリー式典(The Platinum Jubilee celebrations)」。 現地時間2022年6月5日に英国ロンドンの開催されたプラチナ・ジュビリー式典を祝う(写真左から)現カミラ王妃(Queen Consort Camilla)、現チャールズ国王(チャールズ3世(Charles III))、エリザベス女王、ジョージ王子(Prince George)、現ウィリアム皇太子(ウェールズ公ウィリアム(William, the Prince of Wales))、シャーロット王女(Princess Charlotte)、ルイ王子(Prince Louis)、現キャサリン皇太子妃(ウェールズ公妃キャサリン(Catherine, Princess of Wales)。

 

OKJ.Elizabeth2.5

現地時間1953年6月2日、エリザベス女王の戴冠式の日に英国ロンドンのバッキンガム宮殿(Buckingham Palace)のバルコニーに立つ、エリザベス女王(写真左)とフィリップ殿下(写真右)。

 

OKJ.Elizabeth2.6

現地時間1981年10月12日から20日までフィリップ殿下ともにニュージーランドとオーストラリアに滞在したエリザベス女王。エリザベス女王に会うために集まった人たちに挨拶をしているエリザベス女王。

 

OKJ.Elizabeth2.7

現地時間1969年7月カーナーヴォン(Caernarfon)で行われたチャールズ皇太子(現チャールズ国王)の叙任式でエリザベス女王がチャールズ皇太子の頭にに冠をかぶせている。

 

OKJ.Elizabeth2.8

現地時間1975 年7月30日、サウス・ヨークシャー州ロザラム近くのシルバーウッド炭鉱を訪れたエリザベス女王。

 

OKJ.Elizabeth2.9

現地時間2013年6月15日に英国で開催されるエリザベス女王の誕生日パレード、トゥルーピング・ザ・カラー(Trooping the Colour)でバッキンガム宮殿のバルコニーから軍用機のフライパスを見学する(写真左から)現カミラ王妃、現チャールズ国王、エリザベス女王、ヨーク公爵アンドルー王子(Prince Andrew, Duke of York)、サセックス公爵ヘンリー王子(Prince Henry, Duke of Sussex)、現ウィリアム皇太子、現キャサリン皇太子妃。

 

OKJ.Elizabeth2.10

現地時間1961年6月6日、バッキンガム宮殿にて。(写真左から)フィリップ殿下、ジャクリーン・ケネディ(Jacqueline Kennedy)、エリザベス女王、ジョン・F・ケネディ(John F Kennedy)大統領(当時)。

 

OKJ.Elizabeth2.11

現地時間2022年2月5日、英国のキングズ・リン(King’s Lynn)にあるサンドリンガム・ハウス(Sandringham House)のボールルームで行われたレセプションで、プラチナ・ジュビリーの開始を祝うためにケーキを切るエリザベス女王。

 

OKJ.Elizabeth2.12

現地時間の1968年5月13日、ロンドン・パレイディアム劇場(The London Palladium)で開催されたロイヤル・バラエティ・ショーでトム・ジョーンズ(Tom Jones)(写真左)と握手するエリザベス女王。

 

OKJ.Elizabeth2.13

現地時間1947年11月20日にウェストミンスター寺院で結婚した幸せいっぱいのフィリップ殿下(写真右)とエリザベス女王。

All Photos © Mirrorpix

過去のエリザベス女王の関連記事:

フィリップ殿下を偲んで! “永遠の愛”に隠された秘密 (前編)

フィリップ殿下を偲んで! “永遠の愛”に隠された秘密 (後編)

94歳の誕生日を迎えたエリザベス女王陛下の若さの秘訣!

ザ・ロイヤルズ-2021年がより良い年でありますように!

心よりお悔やみを申し上げます。

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2022_10_3_1
    ダウンジャケットを着ている人もちらほら・・・、今日のNYは気温が10度を下回る寒い1日となりました。…
  2. Kana2022_9_27_1
    今週の土曜日、10月1日は娘の7歳のお誕生日! その前日の金曜日は学校のクラスでお祝いをしてもらおう…

レーサー鹿島Blog

  1. “アメリカ最古のモーターサイクルブランド”インディアンモーターサイクル、日本初のオーナーズイベン…
  2. ライダーの命を守るアライヘルメットのメンテナンス基地には、各セッション後、たくさんのヘルメットが持ち…
ok!family
PAGE TOP