OKJohnKrasinski2_1

2024年6月14日に日本公開された家族向けコメディー映画『ブルー きみは大丈夫』(原題:IF)でスティーヴ・カレルSteve Carell)が声優を務めたブルー(Blue)(写真左)と、「この映画を製作できたことを本当に嬉しく、誇りに思っています。」と語る、エミリー・ブラント(Emily Blunt)(41歳)が妻のジョン・クラシンスキー(John Krasinski)(44歳)(写真右)。

OK! インタビュー☆ジョン・クラシンスキー:『ブルー きみは大丈夫』(後編)

子供の想像力を現実に変える映画で脚本、監督、製作、出演を務めたジョン・クラシンスキー。

━━『ブルー きみは大丈夫』(原題:IF)(日本公開:2024年6月14日)についてどのように理解していますか?

空想上の友達は、子供たちが経験した困難な時期から生まれることがよくあります。『ブルー きみは大丈夫』は友人や保護者として機能し、子供たちが周囲の世界、家庭生活、学校での経験について不安や心配を感じているときに慰めと安全を提供します。

『ブルー きみは大丈夫』 は、子供たちがすべての心配や恐怖に対処できるよう支援するとともに、想像力を養い、自分たちで作った “ごっこ”の世界で生きられるようにするために存在します。

━━この物語は、あなた自身のお子さんからどのような影響を受けましたか?

私は彼らととてもオープンに話すことができました。私は彼らに、「私がこれをしているのは、あなたたちが誰もいない中でお茶会をしているのを見て、とても楽しんでいるようだからです。そのお茶会には誰がいますか、そして私の招待状はどこにありますか?」と言いました。

そして彼らはそのアイデアを気に入ってくれました。彼らと一緒にこれを行うことができたのは本当に素晴らしい経験でした。彼らの空想上の友人が両方とも映画に登場しており、とても楽しいです。

━━成長期のあなたの想像力はどんな感じでしたか?

10代の頃、私はほとんどの時間を屋外で過ごし、兄弟と一緒に楽しい冒険をしていました。私たちは、映画で見たものや本で読んだものを真似するのではなく、想像力を自由に働かせて自分たちで物語を考え出しました…。

そういう精神はずっと私の中にあり、年を重ねるにつれて失われがちな、人生で直面するあらゆることに圧倒されがちな私たちのその側面を堪能することは、私にとってとても満足感があり、とても楽しいことでした。子供のような好奇心を探求し、想像力がいかに強力であるかを思い出させてくれる空想上の友達に命を吹き込むことができたのは、本当に素晴らしいことでした。

━━あなたの家族はあなたのキャリアをどう思っていますか?

奇妙で面白いのは、俳優としてのキャリアを追求したいと両親に話したとき、自分が浮いた存在のように感じたことです(笑)。一番上の兄は医学部を卒業した整形外科医で、真ん中の兄は大学に進学してコロンビアビジネススクールに進み、自分のビジネスを立ち上げました。私は父に「俳優になることを選んでごめんなさい! 次に何をすればいいのか分からない。ライフスタイルもキャリアもないよ。」と言ったことを覚えています。

そして父は私にこう言いました。「あなたの父親であることの最も誇らしい瞬間の1つは、あなたの選んだ道が否定的なことだらけの道だということです。あなたの業界では、いつも『ノー』を聞かされるでしょう。それでもあなたはその道を歩むことを選んだのです。それは、あなたのお母さんと私が何か正しいことをしたに違いないということを意味します。」

それは賢明で素晴らしいことだと思いました。なぜなら、私がニューヨークでウェイターをしていたとき、落ち込んでいた日に父が私の精神を励ましてくれたからです。でも、それがまさに私の両親が私たちを育てたやり方でした。何かを信じているなら、それを追い求めなさい。何事も中途半端にせず、最後までやり遂げなさい。私は最初からそのサポートを受けていました。

OKJohnKrasinski2_2

写真左から:ビー(Bea)という中心的な役を演じたケイリー・フレミング(Cailey Fleming)と、ジョン・クラシンスキー。

━━あなたは『クワイエット・プレイス』(原題:A Quiet Place)でも共演した奥さんのエミリー・ブラント(Emily Blunt)と家庭を築いてきました。彼女はあなたの人生にどれほど大きな影響を与えましたか?

エミリーは、常にインスピレーションの源であり、私に強さと誠実さを与えてくれます。彼女は無敵を装うわけではありませんが、彼女のそばに立つだけで私が引き出せる素晴らしい自信を持っています。彼女は常に新しいことを体験し、さまざまな挑戦をすることに興味を持っています。また、彼女は私が今まで出会った中で最も上品な女性だと思います。

━━あなたの俳優としてのキャリアは、Amazon Prime のジャッキー・ライアン(Jacky Ryan)シリーズでの演技で大きく上向きました。それは『ジ・オフィス』(原題:The Office)でのコメディー演技とは大きく異なります。あの番組から演技について何を学びましたか?

『ジ・オフィス』の撮影現場で、番組のプロデューサーであるグレッグ・ダニエルズ(Greg Daniels)が私にこう説明した日があったのを覚えています。

「君の仕事は、これらのセリフを面白く言うことじゃない。君の仕事は、セリフを言うことだけです。人々がそれを面白いと思うかどうかは、彼ら次第なのです。そして、あなたがパム(Pam)(ジェナ・フィッシャー (Jenna Fischer))に良いことを言ったときに人々が泣くかどうかも、彼ら次第です。」

ちょっとしたアドバイスのように思えますが、実は私にとっては大きな意味がありました。そのアドバイスは、私が『クワイエット・プレイス』を作ろうと決めたときにも心に残りました。その言葉を心に留めて、 「本当につながりを感じる家族についての映画を作ろう」と考えました。

映画の中で起こる出来事で人々が怖がるのは、その家族を気に掛けているからです。私は「本当に怖い映画を書こう」というのではなく、そのことを念頭に置いて映画に取り組みました。 …そして、それが観客をあの世界に深く引き込んだのだと思います。

━━ところで、ここ数年で料理の腕は向上しましたか?

だんだん良くなってきて、エミリーと子供たち(10歳の娘ヘイゼル(Hazel)と7歳の娘ヴァイオレット(Violet))にちゃんとした食事が作れるようになりました。まだ上手ではありませんが、家族がとても優しいので、お父さんが料理を作っても文句を言わないのが幸運です。

ジョン・クラシンスキーの上記のコメントは、2023年12月14日に新作映画『ブルー きみは大丈夫』の初予告編公開を記念して同作のプロモーション中に行われたものです。また、2023年6月26日に行われた『トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン』(原題:Tom Clancy’s Jack Ryan)第4シーズンおよび最終シーズンのプロモーション中に行われたZoomチャットインタビューでのコメントも含まれています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Phil Lewis / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_7_21_1
    梅雨明けした東京、湿度も高く本当に暑いです・・・全国的に猛暑ということで、本当に暑いです・・・。いろ…
  2. Kana2024_7_17_1
    東京の本日の最高気温は31度、湿気がすごいです。日本の夏を子供たちと一緒にエンジョイしています。地元…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週(7月21日)のゲストは、モータージャーナリストでラリード…
  2. このアングル、いつもため息出ます。FERRARI F355@HAYAMA…
ok!family
PAGE TOP