OKJ_TomHanks1_1

3月10日全国の映画館で公開する映画『オットーという男』で常に怒っている主人公オットーを演じたトム・ハンクス(写真左)と妻で女優/プロデューサーのリタ・ウィルソン(写真右)。

OK! インタビュー☆トム・ハンクス:『オットーという男』(前編)

常に怒っている不機嫌そうな主人公のオットーを演じた、ハリウッドのナイスガイのトム・ハンクス。

トム・ハンクス(Tom Hanks)は、地球全体ではないにしても、一般的にハリウッドで最も素敵な男性と見なされています。彼は、2019年の映画『幸せへのまわり道』(原題:A Beautiful Day in the Neighborhood)で、有名な「いい」男であり、子供向けテレビ番組のホストであるフレッド・ロジャース(Fred Rogers)を演じることさえしました。

2015年のアカデミー賞にノミネートされたスウェーデン映画『幸せなひとりぼっち』(原題:A Man Called Ove)のリメイクである、マーク・フォースター(Marc Forster)監督(『ネバーランド』(原題:Finding Neverland)、『007/慰めの報酬』(原題:Quantum of Solace))の新しいドラマチック コメディー、『オットーという男』(原題:A Man Called Otto)(日本公開:3月10日全国の映画館で公開)で正反対の役を演じています。

ハンクスは、男やもめのオットー・アンダーソン(Otto Anderson)として主演します。オットー・アンダーソンは、定年退職により、日々の生活のトラブルに対してほとんど寛容でなく、常に怒っている不機嫌そうな悪者になりました。しかし、オットーは、新しい隣人である問題を抱えたメキシコ系アメリカ人の夫婦と、その2人の子供に愛着を抱くようになると、ひらめきを経験します。その後、彼は家族との関係の中で、自分の人間性と積極性を再発見します。興味深いことに、ハンクスは、映画の初期段階で見られるオットーを意地悪であると必ずしも見なしていません。

「私はオットーが最も美しい男だと思います。」とハンクスは言います。「彼は何が正しいかを知っている人であり、最も正義の人です。彼はあなたがここに駐車できないことを知っていますよね? そして、それは時々知っておくべき重要な知識です。ルールは、誰もが公平に振る舞うために設けられています。今、私は父親としてそれを伝えようとしましたが、私のすべての子供たちに不機嫌そうに聞こえるだけだと思います。」

66歳のハンクスは、2つのアカデミー賞主演男優賞(『フィラデルフィア』(原題:Philadelphia)、『フォレスト・ガンプ/一期一会』(原題:Forrest Gump))を獲得し、『キャスト・アウェイ』(原題:Cast Away)、『プライベート・ライアン』(原題:Saving Private Ryan)、『アポロ13』(原題:Apollo 13)、『ターミナル』(原題:The Terminal)、『めぐり逢えたら』(原題:Sleepless in Seattle)を含む多くのクラシック映画に出演しています。『オットーという男』は、ハンクスに6回目のアカデミー賞ノミネートと3回目のトロフィーを獲得することができました。

OKJ_TomHanks1_2

彼と妻のリタ・ウィルソン(Rita Wilson)は、スウェーデンの作家フレデリック・バックマン(Fredrik Backman)による2012年のオリジナル小説の権利を取得した後、映画を制作しました。彼らはまた、息子のトルーマン(Truman)を若き日のオットー役に起用しました。

ハンクスは妻で女優/プロデューサーのリタ・ウィルソンとロサンゼルスに住んでいます。彼らには、32歳のチェット(Chet)と27歳のトルーマンの2人の成人した子供がいます。ハンクスには、サマンサ・ルイス(Samantha Lewes)との以前の結婚からの2人の子供のコリン(Colin)(45歳)、エリザベス(Elizabeth)(40歳)もいます。

━━このストーリーについて、権利を購入し、制作し、出演したいと思った理由は何ですか?

このビジネスに関しては、私は競争力があります。この話は、適応して自分のスタンプを付けることが大きな喜びであり、プロとしての誇りの源になると私が思ったものでした。それはスウェーデンの物語として書かれましたが、北米の聴衆にも同じように共鳴すると思います。私はすぐにそれが人間の状態を普遍的な方法で説明するものであり、この男が最も興味深い人物の1人になるだろうと認識しました。私が今まで演じる機会があったキャラクターに影響を与えます。

━━オットーの人生のどの側面に共感しましたか?

オットーの人生の規則性が失われていることが、私を悩ませています。映画のプロデューサーである妻のリタと一緒にオリジナルのスウェーデン映画を見たとき、彼女は私の頭の中で起こっていた何かを言語化しました。それを米国に移すことは、同じ社会構造を持っていないため、少し難しい面がありました。

しかし、私たちは他の人と同じ感情と欲望を持っています。それは、何が正しいか、何が公正か、そして孤独は何かということです。それを経験している男を演じることができるために・・・。それは認識可能で現実的になります。オットーが玄関でこれらの‟新しい隣人”に挨拶するときの違いを感じなければなりません。それらは、彼にとってこれまでで最高の出来事であり、彼が対処したくない最後の出来事でもあります。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Nicky Nelson / WENN

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_4_22_1
    NY時間の4月22日、最高気温が15度で青空広がる1日となりました。本日から30日まで子供達の通う学…
  2. Kana2024_4_15_1
    今日のNYの最高気温は27度と汗ばむ1日となりました。今年の夏も暑そうだな・・・。気温が高く…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週(4月21日)の放送は、日本自動車輸入組合(JAIA)が主…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週(4月21日)の放送は、日本自動車輸入組合(JAIA)が主…
ok!family
PAGE TOP