OKJReneeZellweger1_1

演じたブリジット・ジョーンズには非常に共感できることが多いと語る、アカデミー主演女優賞、アカデミー助演女優賞受賞女優のレネー・ゼルウィガー(54歳)。

なぜレネー・ゼルウィガーはレッドカーペット・ロイヤルティなのか・・・(前編)

あの『ブリジット・ジョーンズの日記』の4作目となる映画の撮影が5月にロンドンで開始される!

象徴的なおばあちゃんのパンツから、ロマンスを見つけようとする彼女の不器用な試みまで、ブリジット・ジョーンズ(Bridget Jones)は文学界で最も人気のあるシングルトンの1人です。そして今、レネー・ゼルウィガー(Renee Zellweger)が、ロマンチック映画シリーズの第4弾でブリジットの立場に戻る予定です。

テキサス出身のこの女優は、ヘレン・フィールディング(Helen Fielding)の1996年のベストセラー小説『ブリジット・ジョーンズの日記』(原題:Bridget Jones’s Diary)の2001年の映画化で、恋に不運な役を演じて以来、英国でよく知られるようになりました。
ヘレン演じるヒロインが初めて銀幕に登場し、レネーの説得力のある英語なまりが国民の支持を得てから20年以上が経ち、4作目の映画は5月にロンドンで撮影が開始される予定です。

レネーは、ヘレンの2013年の小説『原題:ブリジット・ジョーンズ:マッド・アバウト・ザ・ボーイ』(Bridget Jones: Mad about the Boy)を基にした新作の撮影中に、ロンドンで住む物件を探していると報じられています。この本は、シングルマザーとして2人の幼い子供を育てながら、ソーシャルメディアのジェットコースターを乗り越えるブリジットの人生を探ります。
そして、2016年の『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』(原題:Bridget Jones’s Baby)で最後にブリジットをスクリーンで見てから8年が経ち、ファンは彼女の最新作に追いつくことに実際に非常に興奮しています。

そして、パートナーのアント・アンステッド(Ant Anstead)とともにカリフォルニアに住むアカデミー主演女優賞、アカデミー助演女優賞受賞女優レネー(54歳)の生活も、最近では大きく変わってきているようです。

OKJReneeZellweger1_2

数々の賞を受賞し、純資産は9,000万ドル(約134億)と報告されているレネーは、最初にブリジット・ジョーンズシリーズの指揮を執った若い女優から大きく進歩しました。

1996年のヒット作『ザ・エージェント』(原題:Jerry Maguire)でトム・クルーズ(Tom Cruise)と共演したことで一躍有名になった彼女は、『ブリジット・ジョーンズの日記』の主役にキャスティングされたとき、多くの人を驚かせました。

しかし、女優はブリジットと多くの類似点があると考えており、ブリジットには非常に共感できることが多いと語っています。
「私はブリジットに完全に共感します。私が認めたい以上のことです。ブリジットの心は、その人が誰であるか、そして彼女がこうあるべきだと考えているという真実です。」と彼女は2016年に語りました。

レネーは、自分の役柄と同じ不器用さを共有していると付け加え、「私の欠陥はいつも、最もタイミングの悪いときに表面化するのです。通常、テレビの生放送、インタビューの状況、そして常にレッドカーペットの上で起こります。常に何かが起こっていますが、それが人生です。ただ前に進むだけでいいのです。」

2021年からボーイフレンドのアントと熱愛だったレネーですが、スクリーン上のキャラクターと同様に、恋愛面での混乱もそれなりに経験しています。

Words © Kenzi Devine / OK! Magazine
Photos © Nicky Nelson / WENN.com

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_5_26_1
    NY時間の本日2024年5月27日は、Memorial Day(メモリアルデー:戦没将兵追悼記念日)…
  2. kana2024_5_19_1
    日本時間5月17日~19日まで地元、東京・浅草で開催されました三社祭、3日間で約191万人が訪れ今年…

レーサー鹿島Blog

  1. ヒストリックカーレース「サイドウェイトロフィー」が行われた袖ヶ浦フォレストレースウェイで。TRI…
  2. ヒストリックカーレースのレギュレーション(1969年までの車両が参加)に合わせて、1960年…
ok!family
PAGE TOP