OKJSydneySweeney1_1

収益性の高い映画スターとなり人気の波に乗っていても「私は調子に乗るつもりはありません。」と語る、シドニー・スウィーニー(26歳)。

OK! インタビュー☆シドニー・スウィーニー:ハリウッド最新の「ITガール」(前編)

興行収入2億ドルを突破した2023年のスーパーヒットとなったロマンティック・コメディー『原題: Anyone but you』で主役を演じたシドニー。

シドニー・スウィーニー(Sydney Sweeney)は、最近の映画『原題:Anyone but you』(邦題『恋するプリテンダー』:日本公開5月10日)の大成功を受けて、人気の波に乗っています。
このロマンティック・コメディーは 2023年のスーパーヒットとなり、最近では興行収入2億ドル(約295億円)を突破しました。この映画の予算はわずか2,500万ドル(約37億円)でしたが、スタジオであるソニー・ピクチャーズ(Sony Pictures)とスウィーニー自身にとっては莫大な利益をもたらしています。

スウィーニーは、『原題: Anyone but you』が彼女の映画界への正式な躍進を表しているだけでなく、フィフティ・フィフティ映画会社(Fifty-Fifty films company)のパートナーであり実生活のボーイフレンドでもあるジョナサン・ダヴィーノ(Jonathan Davino)とともに、この映画の開発と製作にも協力しました。

このロマンティック・コメディーの絶大な人気は、このジャンルの低迷を復活させただけでなく、エミー賞にノミネートされた『ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾート』(原題:The White Lotus)のシーズン1と『ユーフォリア/EUPHORIA』(原題:Euphoria)の2シーズンに続き、スウィーニーを収益性の高い映画スターに変えるのにも役立ちました。スウィーニーはハリウッドの高速レーンでどのように人生を見つけていますか?

「私は調子に乗るつもりはありません。家賃や請求書を支払うのに苦労していたときのことを今でも覚えています。」とスウィーニーは言います。 「俳優になるという私の決意を母が応援してくれなかったら、私は成功できなかったでしょう。私が12、13歳のとき、父と母は私が夢を追いかけられるようにすべてを捨ててくれました。私たちは友人を失い、私たちは家を失い、それを求めてすべてを失いました・・・。しかし、そのことが私に、努力し続け、決して諦めないという信念を植え付けました。何があっても私を信じてくれた両親がいたことに感謝しています。」

スウィーニーの膨大なファン層は、彼女がロマンティック・コメディーの甘さの心地よい雰囲気から、英国やアメリカの劇場で3月22日に公開された緊迫した心理的ホラー映画『原題:IMMACULATE』の不気味な極みへと方向転換するのを目にすることができます。

スウィーニーは、神への愛を通して目的を求めてイタリアの田舎の修道院に入った若い修道女シスター・セシリア(Cecilia)として主演しますが、無原罪の妊娠によって自分自身が祝福されていることに気付きます。「それは奇跡です。あなたには子供がいます。」と司祭は彼女の超音波検査写真を見て言いました。

それはロマン・ポランスキー(Roman Polanski)が『ローズマリーの赤ちゃん』(原題:Rosemary’s Baby)で探求したような暗い領域への飛び込みの始まりです。セシリアは間もなく、神からの贈り物と思われる贈り物を悪夢のような旅に変える悪魔のようなビジョンと邪悪な力に対処することになります。

今年初め、スウィーニーは、ヴァネッサ・カービー(Vanessa Kirby)とアナ・デ・アルマス(Ana de Armas)と共演したロン・ハワード(Ron Howard)監督の製作費が高額のスリラー映画『原題:Eden』の仕事を完了させました。偶然にも、『原題:Eden』は『原題:Anyone But You』が撮影されたのと同じオーストラリアで撮影されました。彼女は、オーストラリアが大好きで、ここ数年オーストラリアに住み、働きながら人生最高の瞬間を過ごしてきたと認めています。

彼女の『原題:Anyone But You』の共演者グレン・パウエル(Glen Powell)も、その愛情が報われていることを認め、「オーストラリアもシドニーを愛している。そしてシドニーはオーストラリアを心から受け入れている。彼女はオーストラリアのミス・コンジニアリティです!」

ワシントン州スポケーン(Spokane)出身の26歳のシドニー・スウィーニーは、5年間交際中のボーイフレンドのジョナサン・ダビーノとロサンゼルスに住んでいます。 2月下旬、スウィーニーはアメリカの深夜トーク番組『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』(ザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・ジミー・ファロン)で、『原題: Anyone but you』の続編が制作される可能性は10のうち9であると明かし、その発表にはスタジオの観客と司会者のファロンが歓声を上げました。

━━あなたはここ数年、サイコスリラー『ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾート』から、骨太な都市ドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』、そして最近ではロマンティック・コメディー『原題: Anyone but you』まで、あらゆるジャンルの作品に出演してきました。それぞれのストーリーやキャラクターにどのようにアプローチしますか?

私は彼らを生きて呼吸している人間として見ています。私は実際の人間としてキャラクターを構築し始めます。私は彼らに思い出を与え、世界全体を与え、その人の人生のタイムライン全体、日記、インタラクティブなジャーナルを含むこれらの本を作成します。

だから、私がこの人になったとき、「彼女はどう反応するだろう?」と考えるのは私ではありません。私はこれらすべての思い出や瞬間を「生きてきた」ので、彼らがどのように反応するか知っています。

━━このプロセスによってあなたの作品の信頼性が増すと思いますか?

私は常に人々に私のキャラクターを見て、私の代わりに彼らについて自分の意見を形成してもらいたいと思っています。または、視聴者のためにすでにその意見を構築している状況です。私たちは皆、レイヤー(層)を持っているので、できるだけ多くのレイヤーを見つけようとします。

私たちは皆、自分の中に良い選択と悪い選択、正しい選択と間違った選択、そして良い考えと悪い考え、そして浮き沈みを持っています。だから私は、人間を構成する複雑さをすべて見つけたいと思っています。そして特に女性にとって、私たちは非常に多くのレイヤーを持っています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photo © Nicky Nelson / WENN

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_4_15_1
    今日のNYの最高気温は27度と汗ばむ1日となりました。今年の夏も暑そうだな・・・。気温が高く…
  2. 日本は、お花見シーズンですね。NYでも所々で満開の桜を鑑賞できます。道を歩いて満開の桜を見るとお花見…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週は東京ビッグサイトに11万3千人を集めた「第51回東京モー…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週(4月7日)も先週に引き続き、創刊36年の老舗クラシッ…
ok!family
PAGE TOP