OKJDianaRoss2_1

「ステージに出ると本当に楽しい。」と語る、60年以上のキャリアを持つスーパースター歌手のダイアナ・ロス。

80歳を迎えたシュプリーム“至高”のダイアナ・ロス(後編)

衰える気配が見えない80歳を迎えたスーパースター歌手、ダイアナ・ロスの成功の秘訣は“楽しむ”こと!

スクリーン上でのダイアナ・ロス(Diana Ross)のキャリアに関して言えば、彼女はまた、『ビリー・ホリデイ物語/奇妙な果実』(原題:Lady Sings the Blues)でジャズのアイコン、ビリー・ホリデイ(Billie Holiday)を演じてアカデミー賞にノミネートされ、1988年にロックの殿堂入りを果たし、その後、2016年に大統領自由勲章が授与されました。

しかし、2度のグラミー賞受賞に加え、13度のノミネート、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの2つ星など、彼女の多くの栄誉にもかかわらず、ダイアナの成功への渇望と完璧への努力は、しばしば否定的な性質として認識されていました。

それは彼女も回想録『Secrets Of A Sparrow』で認めていることでした。「私は自分自身に完璧を求めます。そして、私の周りの人たち全員が可能な限り最高の仕事をしてくれました。」と彼女は書きました。「ダイアナはスタッフの間違いをノートに書き留め、どこにでも持ち歩いていたとも言われています。

しかし、この絶え間ない完璧を求める努力は、最終的には彼女のステージパフォーマンスに影響を与えることになります。 1989年、ウェンブリー・アリーナ(Wembley Arena)でのコンサートで、ダイアナはサウンドシステムに不満を感じているようでした。その後、彼女はショーを中止し、スタッフに向かって叫び、サウンドモニターの1つをステージから蹴り落としました。

そして、いわゆる“Diva”(歌姫、スラングでわがままな人)と同じように、彼女の私生活も見出しを飾りました。ダイアナは特に 1971年に厳しい監視にさらされました。彼女は第1子のロンダ・スザンヌ・シルバースタイン(Rhonda Suzanne Silberstein)を迎えただけでなく、その父親は長年のパートナーでモータウンのチーフであるベリー・ゴーディ(Berry Gordy)でしたが、出産前に音楽エグゼクティブのロバート・エリス・シルバースタイン(Robert Ellis Silberstein)と結婚していました。

その後、ロバートはロンダを自分の子として育て続けました。ダイアナは13歳のとき、実の父親が誰であるかについて娘に真実を告げただけでした。ダイアナが愛情を込めて“ボブ(Bob)”と呼んでいたロバートは、以前、スターとの関係が始まった経緯について「誰も私たちを紹介してくれなかった。」と明かしていましたが、後にダイアナが「彼を拾った。」と言うのが好きだったと冗談を言いました。

OKJDianaRoss2_2

1973年当時の写真。当時の夫のロバート・エリス・シルバースタイン(写真左)と、ダイアナ・ロス(写真右)。

伝えられるところによると、歌手はロサンゼルスの店でベリーへのプレゼントを買い物中にロバートと出会い、プレゼント選びを手伝ってほしいと頼んだといいます。
彼女は彼のことを「珍しい人で、若くて元気でとてもハンサムな紳士で、夫というと想像できるようなものばかり。」と評しました。彼女はまた、彼がお揃いの赤いパジャマを買ってくれたとき、自分たちがカップルだと気付いたと優しく話しました。

ダイアナとロバートは1972年にトレイシー(Tracee)、1975年にチャドニー(Chudney)という2人の娘をうけましたが悲しいことに彼らの結婚生活は破綻し、その後1977年に離婚しました。

歌手は1980年から1983年までキッス(KISS)のフロントマン、ジーン・シモンズ(Gene Simmon)と交際を始めましたが、彼がシェール(Cher)と関係を再開したと彼女が信じたため、破局しました。

ダイアナはテレビでマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)を「セクシー」だと発言した際にも、マイケル・ジャクソンと一時的に結びついていましたが、両者の間に性的関係はなかったと報じられています。

2000年に彼は遺書に、母親のキャサリン(Katherine)が先に亡くなった場合はダイアナが子供たちの親権を握ると書いていたことから、多くのファンは彼の曲『ダーティ・ダイアナ』(Dirty Diana)が彼女に関連しているのではないかと推測しています。

しかし、ダイアナの心を本当に捉えたのは、1985年に結婚した2番目の夫、アルネ・ネス・ジュニア(Arne Næss Jr)でした。
「彼と一緒にいると、私は柔らかくバターのようになります。」と彼女はかつて冗談を言いました。スターは、カティンカ(Katinka)、クリストファー(Christoffer)、レオナ(Leona)という3人の子供たちの継母となり、息子のロス(Ross)とエヴァン(Evan)を迎えて男の子の母親にもなりました。

このラブストーリーも長くは続かず、2人は2000年に離婚しました。この結婚生活の破綻は、歌手にとって負のスパイラルの始まりとなりました。2002年に飲酒運転で起訴され、リハビリ施設に入りました。

彼女は暗い時代について哲学的であり、すべての出来事には理由があると今でも信じていると語りました。 「私の旅が私を今日の場所に導いてくれました。時々、これらのステップは苦痛で困難に感じられましたが、私をより大きな幸福と機会に導いてくれました」と彼女は説明しました。

しかし2011年、ダイアナはオプラ・ウィンフリー(Oprah Winfrey)に対し、2004年に南アフリカで悲劇的な登山事故で亡くなったアルネを今でも人生の真の恋人だと思っていると吐露しました。伝えられるところによれば、歌手は3人の継子と今も親密であり、現在8人の孫もいます。

ダイアナ自身が何度も語っているように、メディアで“歌姫”の地位を獲得したにもかかわらず、人生最大の功績は母親としての役割であると彼女は考えています。「自分にとって何が重要なのか、本当に決める必要がありました。家族と自分の健康がリストの最優先事項のようです。」と彼女は語りました。

娘のトレイシー・エリス・ロス(Tracee Ellis Ross)もハリウッドで成功の道を切り開いていることから、リンゴが木から遠く離れていないことも明らかです。テレビ番組『ガールフレンド』(Girlfriends)や『ブラッキッシュ』(Black-ish)での役柄で知られるスターは、現在の推定純資産は1,600万ドル(約24億円)です。

トレイシーはまた、彼女の母親は80年近くも世界に身を捧げてきましたが、カメラから離れたところで彼女の本当の姿をファンは表面すらも理解していないことをほのめかしました。トレイシーは誇らしげにこう明かしました。「世界が知っているダイアナ・ロス、この世界的で国際的なアイコンは道を切り開き、グラマラスな姿や世界の黒人女性のあり方、特にその立場を変えました。彼女のダイアナ・ロスらしさは、彼女の母親らしさに及ばないのです。」

Words © Eve McDonald / OK! Magazine
Photos © Mirrorpix

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_5_26_1
    NY時間の本日2024年5月27日は、Memorial Day(メモリアルデー:戦没将兵追悼記念日)…
  2. kana2024_5_19_1
    日本時間5月17日~19日まで地元、東京・浅草で開催されました三社祭、3日間で約191万人が訪れ今年…

レーサー鹿島Blog

  1. ヒストリックカーレース「サイドウェイトロフィー」が行われた袖ヶ浦フォレストレースウェイで。TRI…
  2. ヒストリックカーレースのレギュレーション(1969年までの車両が参加)に合わせて、1960年…
ok!family
PAGE TOP