OKJDakotaFanning2_1

撮影場所のイタリアでの仕事について「私が俳優としてこれまでに経験した中で最高の経験の1つでした。」と語る、ダコタ・ファニング(Dakota Fanning)(30歳)。

OK! インタビュー☆ダコタ・ファニング:『リプリー』(後編)

4月4日にNetflixで配信が開始される、パトリシア・ハイスミスの小説の『リプリー』でマージ・シャーウッドを演じるダコタ。

━━イタリアのライフスタイルが恋しいですか?

私はそこで過ごした時間をよく思い出します。素晴らしかったのは、(『イコライザー THE FINAL』(原題:The Equalizer 3)の撮影中に)リプリーでできた友人たちに会えたことです。イコライザーでは、私がそこにいたのはずっと短い期間でした。ローマに行って、アマルフィ海岸に行って、ローマに戻ってきたので、私にとってはちょっと短い期間でした。

しかし、イタリアでの仕事は、私が俳優としてこれまでに経験した中で最高の経験の1つでした。撮影現場で長い1日を過ごしている間でも、本当に仕事をしていると感じられない瞬間がたくさんありました。むしろ休暇のように感じて、副業として少し仕事をすることができます。

━━あなたは演技をしながら成長しました。映画の撮影現場にいないときは、家で妹のエル(・ファニング(Elle Fanning))と一緒にお芝居をすることも楽しんだのですか?

私たちはいつも一緒に行動していました。私たちは、何かを偽造することで信じられるものを作ろうとするというアイデアが大好きでした。私は、自分以外の状況を探索したり、あらゆる種類のエキゾチックな状況にいる別の人物として自分自身を想像したりするのが好きでした。

私はよくテレビで映画を見て、その映画の登場人物の1人のように1日中演じてみました。それは私の成長期の経験の大きな部分を占めていました。演技は私が演技をする運命にあったもので、私という人間の一部なのです。

━━あなたは基本的に映画のセットで育ってきましたね。このビジネスに伴う名声や注目に圧倒されることから私生活をどうやって切り離すことができましたか?

私は自分の私生活が仕事と同じくらい重要であることを確認しており、名付けた女の子たちの最初の誕生日パーティーに行くなどの義務は、私にとってプレミア上映会に行くのと同じくらい、あるいはそれ以上に重要です。

また、私は自分の生活の中で人々を優先するよう本当に努力しています。それは母が毎日そうしているのを見ていたからです。私の祖父は最近亡くなりましたが、彼は地球上で最も寛大な人物の1人であり、それは私の母にも見られる特質です。

━━両親があなたと妹の成功を過度に心配していると感じたことはありますか?

いいえ。彼らは、演技であれ、母がプロレベルでプレーしていたテニスであれ、何かでうまくなるには、勤勉、献身、規律が鍵であると教えてくれました。妹と私にとって、何かをうまくやる方法を学ぶのに費やしたすべての時間が良い結果につながるということは、常に自然なことだと感じていました。

両親が私に教えてくれた人生で最も大切なことは、善良であること、正しいことをすること、そして自分がしてほしいように他人に接することです。

OKJDakotaFanning2_2

━━あなたは成長して、多くの素晴らしい俳優たちと仕事をしてきました。これまでに彼らから受けた最高のアドバイスは何ですか?

ショーン・ペン(Sean Penn)は、あらゆるシーンに存在するというアイデアに感謝させてくれました。そして、私はとても若かったにもかかわらず(『アイ・アム・サム』(原題:I am Sam)の制作中に)、俳優にとって瞬間に留まることの重要性を学びました。

私たちは一緒にたくさんのアドリブでの演技をしました。そしてそれは私に自分自身のパフォーマンスに集中するのではなく、シーンで一緒に仕事をしている私の目の前にいる誰とでもつながることを学びました。

━━俳優人生で1番大変なことは何ですか?

私にとってそれは、撮影が終わったときにみんなに別れを告げなければならないことです。通常、セットではかなりの数の人々と親しくなり、彼らはあなたにとって家族のようなものになります。そして、彼らにまた再会したり、一緒に仕事することができないかもしれないと知るのは正直悲しいです。それがこのビジネスの性質のようなものです。

新しいプロジェクトに取り組むときはいつも、自分の小さな世界の一部である友人、家族、近所の人たちを自宅に残しておくことになるという考えに慣れなければなりません。そして、映画やテレビのセットでこのまったく別の世界に適応します。それがあなたの人生における一時的な小さな章となります。

そして、それが長くは続かないと分かっていても、それらすべての人々に別れを告げ、別の都市に行き、同じプロセスを再び繰り返さなければならないのは、時にはつらいことです。

━━あなたと妹のエルは今もこれまでと同じようにお互いを親密で協力的だと感じていますか?

いつもです。私たちは良い友達を持ち、人生で幸せになるという点で、お互いが最善になることを常に望んでいます。私たちはこれほど親密な関係にあり、これまで多くの経験を共有できて、どちらかが落ち込んでいるときや、物事が思いどおりに進まないときは常にお互いを助けようとしているのはとても幸運です。

━━メディアの注目を集めたり、パパラッチに追いかけられたりして苦しんだことはありますか?

私は、そのようなことに影響されることを一切拒否します。それが私の職業の最悪の部分であるなら、自分について書かれた物語や記事に腹を立てるのは本当に愚かなことでしょう。

私はそれによって私の人生が変わることを許すつもりはありません。私は自分のことを話してほしいと言われると、遠慮してしまう傾向にありますが、楽観的でオープンな人であることが好きです。私には自分の中に隠している部分がありますが、ほとんどの人は、表に出ているかどうかに関係なく、いくつかの側面を隠しています。

ダコタ・ファニングによる上記のコメントは、2023年4月24日にラスベガスで開催されたシネマコンイベントで『イコライザー THE FINAL』のプロモーション中に行われました。彼女のコメントは長さと明確さのために編集されています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Adriana M. Barraza / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_7_17_1
    東京の本日の最高気温は31度、湿気がすごいです。日本の夏を子供たちと一緒にエンジョイしています。地元…
  2. Kana2024_7_8_1
    NYも連日30度越えの暑い日が続いていますが・・・日本の猛暑の報道を見て皆さまの体調を心配しています…

レーサー鹿島Blog

  1. モータージャーナリストでラリードライバー竹岡圭さんの参戦発表会を取材してきました!三…
  2. 「全日本EV-GPシリーズ」第3戦@袖ヶ浦フォレストレースウェイ/2024年6月29日(土)…
ok!family
PAGE TOP