OKJDakotaFanning1_1

撮影場所のイタリアでの仕事について「私が俳優としてこれまでに経験した中で最高の経験の1つでした。」と語る、ダコタ・ファニング(30歳)。

OK! インタビュー☆ダコタ・ファニング:『リプリー』(前編)

4月4日にNetflixで配信が開始される、パトリシア・ハイスミスの小説の『リプリー』でマージ・シャーウッドを演じるダコタ。

ダコタ・ファニング(Dakota Fanning)は、一番成功しているスターになることや、映画業界で最大の話題を呼びたいと望んだことは一度もありません。

しかし最近では、批評家から高く評価されたテレビシリーズ『エイリアニスト』(原題:The Alienist)(2018~20年)や、彼女がわずか9歳のときに出演した『マイ・ボディガード』(原題:Man on Fire)以来20年ぶりに2人が再会したデンゼル・ワシントン(Denzel Washington)主演の昨年の映画『イコライザー THE FINAL』(原題:The Equalizer 3)に出演し、知名度を高めています。

現在、彼女はパトリシア・ハイスミス(Patricia Highsmith)の1955年の小説『The Talented Mr. Ripley』の最新作『リプリー』(原題:Ripley)に出演しており、4月4日にNetflixで配信が開始されます。

この本はこれまでに3本の映画の基礎となっています。1つはアラン・ドロン(Alain Delon)、ロミー・シュナイダー(Romy Schneider)、モーリス・ロネ(Maurice Ronet)出演の『太陽がいっぱい』(原題:Purple Noon)(1960年)です。 ヴィム・ヴェンダース(Wim Wenders)のカンヌ賞受賞作『アメリカの友人』(原題:The American Friend)(1976年)、ブルーノ・ガンツ(Bruno Ganz)、デニス・ホッパー(Dennis Hopper)共演。

そして同名の1999年ハリウッド版はアンソニー・ミンゲラ(Anthony Minghella)監督、マット・デイモン(Matt Damon)、ジュード・ロウ(Jude Law)、グウィネス・パルトロウ(Gwyneth Paltrow)出演。

ファニングは、パルトロウの有名なキャラクターであるアメリカ社交界のプリンセス、マージ・シャーウッド(Marge Sherwood)を演じ、プリンストン大学で教育を受けた裕福なボーイフレンド、ディッキー・グリーンリーフ(Dickie Greenleaf)とともにイタリアで余暇の生活を楽しんでいます。

その後、同じアメリカ人のトム・リプリー(Tom Riple)(『いじんたち』(原題:All of Us Strangers))で知られるアイルランド人俳優アンドリュー・スコット(Andrew Scott))に出会った2人は、欺瞞(ぎまん)、殺人、そしてアイデンティティの盗難の物語に巻き込まれることになります。

リプリーは下等な詐欺師で、アイビーリーグのディッキーの友人を装い、海運王の父親から、わがままな息子にアメリカ本土に戻って家業のために働くよう説得するよう派遣されます。

OKJDakotaFanning1_2

「『イコライザー THE FINAL』に取り組む直前に、このシリーズをイタリアで撮影しました。このシリーズもイタリアで撮影されたので、想像できる限り最も美しい場所(ヴェネツィア、アマルフィ海岸)のいくつかで1年を過ごすチャンスでした。リプリーは人々の善意や信頼を食い物にするようなキャラクターで、その寛大さを操作してディッキーとマージの生活に取り入ります。」とファニングは言います。

2歳で文字を読むことを学んだある種の神童であるファニングは、『アメリカン・バーニング』(原題:American Pastoral)、『オーシャンズ8』(原題:Ocean’s Eight)、『ナイト・スリーパーズ ダム爆破計画』(原題:Night Moves)、『ザ・ランナウェイズ』(原題:The Runaways)、『宇宙戦争』(原題:War of the Worlds)、『マイ・ボディガード』、そしてもちろん、『トワイライト』(The Twilight)三部作に出演し、着実にランクを上げてきました。

30歳のファニングは現在独身で、ニューヨーク市に住んでいます。彼女はエル・ファニング(Elle Fanning)の姉であり、今でも親友です。

━━トム・リプリーがマージとディッキーの生活に介入した後、ゆっくりと展開する不吉な雰囲気にどのように巻き込まれましたか?

かなり不気味な話になりましたが、マージのようなキャラクターを演じる上で興味深いことの1つは、彼女とディッキーがトムの動機に真剣に疑問を抱くのを妨げる社会的な便宜が、すべてあることを理解できることです。しかし、リプリーは熟練した捕食者であり、ほとんどの人が行うであろう荷物を彼に送ることを困難にしています。

━━今ではイタリア語が流暢に話せるようになりましたか?

(笑) 全然違いますが、イタリア人は通常非常に早口で話すこと以外はかなり理解できます。しかし、そこでとても長い時間を過ごすことがどれほど美しかったかについては十分に言うことができません。 『リプリー』の仕事のためにイタリアに戻れて本当によかったです。イタリア人のクルーたちとはとても素晴らしい友情を築いていたので、再会できたのは本当に素晴らしいことでした。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Sheri Determana / WENN.com

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_7_21_1
    梅雨明けした東京、湿度も高く本当に暑いです・・・全国的に猛暑ということで、本当に暑いです・・・。いろ…
  2. Kana2024_7_17_1
    東京の本日の最高気温は31度、湿気がすごいです。日本の夏を子供たちと一緒にエンジョイしています。地元…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週(7月21日)のゲストは、モータージャーナリストでラリード…
  2. このアングル、いつもため息出ます。FERRARI F355@HAYAMA…
ok!family
PAGE TOP