OKJTimotheeChalamet2_1

日本公開3月15日の今年の映画の中で最も期待されている1本とされる『デューン 砂の惑星 PART2』でポール・アトレイデスを演じ、同世代で最も愛される俳優とされるティモシー・シャラメ(Timothée Chalamet)(27歳)。

OK! インタビュー☆ティモシー・シャラメ:『デューン 砂の惑星 PART2』(後編)

「アクションが満載で、壮大なスケールで語られる壮大な物語です。」とポール・アトレイデスを演じたティモシー・シャラメが語る。

━━━━の重要なテーマの1つは、あなたのキャラクターであるポール・アトレイデス(Paul Atreides)とゼンデイヤ(Zendaya)演じるチャニ(Chani)の間に発展するロマンチックな関係です。それらの間のつながりについて話してくれますか?

この映画の中心にあるのはラブストーリーです。すべての素晴らしい物語には感情の中心が必要であり、この場合はラブストーリーがたまたま感情の中心であるため、いくつかの側面ではそれが最も重要な部分です。

映画の性質とトーンのせいで、ゼンデイヤとデニス(Denis:ドゥニ・ヴィルヌーヴ(Denis Villeneuve)監督)のラブストーリーは、見つけるのが最も難しいダイナミックなものでした。現代的な雰囲気にはしたくありませんでしたが、別世界のような雰囲気にもなりたくはなかったので、見つけるのは大変でしたが、そこで私たちがやった仕事を誇りに思っています。

━━この映画の賭け金はこれ以上ないほど高くなります。あなたのキャラクター、ポール・アトレイデスも同様に重大な課題と決断に直面していますか?

彼は2つの方向に引き裂かれています。1つは、おそらくより人間的な観点から彼にとって理にかなっていることです。チャニへの責任の道、個人の成長の道、新しい人々の中に受け入れられ、養子にされた場合と同じように責任を負う道です。いくつかの点で。

そして、このもう1つの道はほぼ正反対で、自己主張的で破壊的で救世主的であり、彼はある意味でなりたがらないものです。ある時点で、彼は分かれ道に置かれ、選択を迫られます。

━━あなたとゼンデイヤは最初の『DUNE/デューン 砂の惑星』(原題:Dune)で中断したところからどのように再開しましたか?

彼女がセットにいたのはわずか1週間だったにもかかわらず、最初の映画では最初から意気投合していました。今回は映画の中でチャニ効果が完全に表現されています。ポールとチャニの間でこの美しい物語が生まれ、さらにサンドワーム(架空の地球外生命体)が増えます。それは壮大な冒険です・・・。

ゼンデイヤは、最初の作品で彼女がもたらしたものとまったく同じものを、それは信じられないほど豊富にもたらしています。そして彼女は本当に私にとって兄弟になりました。彼女をパートナー、姉妹、友人として数えられることにとても感謝しています。

OKJTimotheeChalamet2_2

『デューン 砂の惑星 PART2』の出演者(写真左から):ガーニイ・ハレック役のジョシュ・ブローリン(Josh Brolin)、皇女イルーラン役のフローレンス・ピュー(Florence Pugh)、レディ・フェンリング役のレア・セドゥ(Léa Seydoux)、レディ・ジェシカ役のレベッカ・ファーガソン(Rebecca Ferguson)、シシャクリ役のスハイラ・ヤコブ(Souheila Yacoub)、チャニ役のゼンデイヤ、ポール・アトレイデス役のティモシー・シャラメ、ウラディミール・ハルコンネン男爵役のステラン・スカルスガルド(Stellan Skarsgård)、フェイド=ラウサ・ハルコンネン役のオースティン・バトラー(Austin Butler)、アリア・アトレイデス役のアニャ・テイラー=ジョイ(Anya Taylor-Joy)。

━━『デューン 砂の惑星 PART2』(原題:Dune: Part Two)はどのようにして賢者を深め、拡張しますか?

説明するのは難しいですね。この作品は、最初の映画で見たすべてを発展させた、非常に多くの新しくて深いレベルで起こります。それはまさに、ドゥニ(ヴィルヌーヴ監督)が信じられないほどの美しさと深みで捉えることができた、複雑な物語の展開に期待するものです。

また、一緒に仕事をする機会があった素晴らしい俳優たちを誇りに思います。彼らは超能力のある俳優たちです。彼らは、このサイズの映画の中でどのように存在するかを本能的に知っており、自然主義を生き生きと信じられるものに保ちながら、本当に強い存在感をもたらします。これは、最初の作品では私にとって新しいスキルセットでしたが、今回ではさらに達成できたように感じます。

━━視聴者が間違いなく議論するであろうシーケンスの1つは、砂嵐の真ん中で巨大なサンドワームに乗っているときですか?

それはこの映画の中で私のお気に入りの部分の1つです。遠い未来の砂漠でサンドワームに乗っているような印象を与えるために、工業用ファンによって砂が私の顔に吹き付けられていました。

━━あなたは最近、素晴らしいキャリアを歩んできました。名声や注目に伴うあらゆることに、どう対処していますか?

重要なのは、仕事に集中することです。熱心に取り組むと注意が集中し、なぜこれをやっているのか、そして演技が創造的かつ個人的なレベルでどれほど重要であるかを、常に考え続けることができます。また、新しい役を引き受けて、それぞれの新しい映画が提示する課題に対処するのはとてもエキサイティングです。私と名声の関係は非常に単純です。悪い日には緊張が走るかもしれませんが、良い日にはすべてを感謝することができます。そして、それとともにポジティブな方向に進化します。

ティモシー・シャラメによる上記のコメントは、2月12日、彼が『デューン 砂の惑星 PART2』のプロモーションを行ったパリのシャングリ・ラ・ホテルで行われたものです。彼が『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』(原題:Wonka)と『デューン 砂の惑星 PART2』(原題:Dune: Part Two)を宣伝していた現地時間2023年4月25日にラスベガスで開催されたシネマコン2023イベントでの追加コメントを含みます。彼のコメントは、長さと明瞭さのために要約および編集されています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Phil Lewis / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_4_15_1
    今日のNYの最高気温は27度と汗ばむ1日となりました。今年の夏も暑そうだな・・・。気温が高く…
  2. 日本は、お花見シーズンですね。NYでも所々で満開の桜を鑑賞できます。道を歩いて満開の桜を見るとお花見…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週は東京ビッグサイトに11万3千人を集めた「第51回東京モー…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週(4月7日)も先週に引き続き、創刊36年の老舗クラシッ…
ok!family
PAGE TOP