OKJMIchelleYeoh2.1

1月4日から配信スタートしているNetflixコメディ/ドラマ『ブラザーズ・サン』で台湾の孫家の厳格な家長であるアイリーン(Eileen)を演じるミシェル・ヨー(Michelle Yeoh。

OK! インタビュー☆ミシェル・ヨー:『ブラザーズ・サン』(後編)

Netflix新シリーズで2024年を華々しくスタートさせている、アジア人女性初アカデミー賞主演女優賞受賞女優のミシェル。

━━あなたは、ダンサーになるという野望から始まり、アクション映画に出演し、そしてハリウッドで名を残すという野心を常に持っていました。あなたは今でもこれまでと同じように野心的ですか?

はい、でも私のアプローチは変わりました…若い頃、私はプライベートでも仕事でも、人生でやりたいことすべての長いリストを持っていました。そうすれば欲しいものは手に入ると思っていました。今日、私の哲学は変わりました。流れに身を任せ、流れに従うのです。あるいは、偉大な武道の達人であるブルース・リー(Bruce Lee)が亀裂を通り抜ける水のようになれと言ったように、目の前にあることに適応すれば、それを回避したり、乗り越えたりする方法が見つかるでしょう。

今では驚かれることのほうが好きです。私たちが人生で得た贈り物は、今を生きることだと信じています。なぜなら、自分が何を達成したか、何を達成していないのかを考え始めた瞬間に、時間はすでに過ぎてしまっているからです。私たちは失敗も成功もあり、ありのままの私たちです。しかし、これこそが私たちを強くするものなのです。その瞬間を捉えて最大限に楽しみましょう!

━━あなたの哲学は、過去に足を引っ張られないようにすることですか?

前に進み続けなければなりません。若い頃、もし私がこれをやっていればどうなっていただろうかと考えました。その時、後悔したままでは生きていけないことに気付きました。私たちは軽薄なものを手放し、家族への愛、自分自身や他人への優しさを決して見失わないことを学ぶ必要があります。

私は仏教徒ですが、人生においてネガティブな価値観を持ち続けたり、それが他のものを見るのを妨げる山になったりすることはありません。自分自身の資質を信じることで、あなたはより良く、より美しく、より幸せな人間になれます。

━━あなたは、最初はアジア、次にハリウッドという 2つの別々の映画界で並外れた成功を収めてきました。しかし、あなたは2度も俳優を辞めました。それらの決断の背後には何があったのでしょうか?

私が初めて演技を辞めたのは、(プロデューサーのディクソン・プーン(Dickson Poon)と)結婚して、家族を持ちたいと思ったときでした。その後、子供ができなかったので離婚し、私はジャッキー・チェン(Jackie Chan)の『ポリス・ストーリー3』(原題:Police Story 3:Supercop)で仕事に戻りました。

私が2度目に仕事を辞めたのは、『スタントウーマン/夢の破片』(原題:The Stunt Woman)(1996年)の撮影の時でした。橋から落ちて背骨を骨折したのかと思いました…大怪我をしなかったのは幸運で、危険の少ない仕事を考える時期が来たのかもしれないと思いました(笑)。

OKJMIchelleYeoh2.2

━━その後、ビジネスに戻るまでに何があったのですか?

クエンティン・タランティーノ(Quentin Tarantino)が『パルプ・フィクション』(原題:Pulp Fiction)を上映するために香港に来ていて、私に会いたがっていました。彼は1時間かけて私が行ったすべての戦闘シーンをリストアップし、それらを非常に詳細に説明しました。そして彼は私に映画を辞めないでくれと懇願しました。そして翌年、1997年に、私は初めて英語で映画『トゥモロー・ネバー・ダイ』(原題:Tomorrow Never Dies)(ピアース・ブロスナン(Pierce Brosnan)主演)に出演しました。

プロデューサーたちは、ボンドは進化する必要があると考えていました。彼らは、女性全員がステップアップし、女性たちがあらゆる面で平等な立場にあるこの時代に、ボンドがしっかりと存在しなければならないと考えていました…私はその移行に参加することが重要だと感じました。

━━あなたの最高の役のひとつ、アン・リー(Ang Lee)監督の2000年の映画『グリーン・デスティニー』(原題:Crouching Tiger, Hidden Dragon)をどう振り返っていますか。突然、映画界を代表する女性アクションスターになったのですか?

もちろん、それは私にとって重要な瞬間でしたが、他のより伝統的な種類のドラマチックな映画もやりたいと思っていました。私はキャリアの初期に格闘技のトレーニングと仕事をしていたので、その役を演じるのはとても簡単でした。

クールに見えるし、自分がそのようなことをしていることを正確に理解しています。なんと、武道は単純です。物理的なコメディに比べれば簡単です。フィジカルコメディはタイミングのようなものであり、正確さであり、多くのことが適切なタイミングで組み合わさることです。おそらくそれが、「Everything」(『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』(原題:Everything Everywhere All at Once))まではとても難しかったので、これまで一度もやらなかった理由の1つです。

━━あなたとご主人のジャン・トッド(Jean Todt)(元フェラーリF1チーム代表)は、さまざまな人道的目的を支援するために協力しています。それがあなたにとってなぜ重要ですか?

世界は贈り物です。将来の世代のためにも、それを大切にすることが重要です。ジーン(ジャンの愛称)と私は健康と幸運に恵まれてきたので、何か恩返ししたいと思っています。私は彼をとても誇りに思います。彼は今でも国連事務局の交通安全特使を務めており、非常に熱心に働いています。私が撮影現場にいないときは、特に若い人たちにとって変化をもたらすことができるこのキャンペーンに参加するようにしています。

━━あなたは今、自分自身を女性のロールモデルのようなものだと思っていますか?

新しい世代は、私が彼らの道を少し楽にしたので、私の行いを高く評価しています。私のキャリアのこの瞬間、それが私が2度と引退しない理由です。多くの犠牲を払った後、ついに私はずっと望んでいたチャンスを手に入れました。

━━マレーシアで育った頃、このような生活を夢見ていましたか?

母は私を週に4回映画に連れて行ってくれましたが、「これが私の人生でやることだ。」と思ったことは1度もありませんでした。私はバレエとジャズの世界に深く関わっていて、腰を痛めるまでは子供たちのための自分のダンススクールを持つことを夢見ていました。

しかし、映画は創造的なストーリーテリングに対する私のニーズを満たしてくれました。私のキャリアを見ると、ダニー・ボイル(Danny Boyle)、アン・リー、ロブ・マーシャル(Rob Marshall)と仕事をしてきました。私は彼らと一緒にいることを選択しました。どの経験も異なり、特別です。彼らを選んだことを誇りに思います。しかし、最高の状態はまだこれからだとも思います。

ミシェル・ヨーによる上記のコメントは、2023年6月にリリースされたDisney+で視聴可能なシリーズ『原題:American Born Chinese』を宣伝するためにニューヨーク市で現地時間5月20日に行われました。彼女のコメントは、長さと明瞭さのために要約および編集されています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Nicky Nelson / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_6_6_1
    ここ最近のNYは、日中は25度を超え日差しが強く暑いのですが、夕方以降は気温が15度まで下がり過ごし…
  2. Kana2024_6_3_1
    本日のNYの最高気温は30度。日差しも強く暑い1日となりました。3rd grade(3年生)…

レーサー鹿島Blog

  1. トランスミッション、シフトロッドのボルト破損のマイナートラブルから無事に帰還。日差しが強くて目が…
  2. キャブレターの調整を終えて帰還。DUCATI MHR 1983.…
ok!family
PAGE TOP