OKJJasonMomoa2_1

「アクアマンは素晴らしいキャラクターであり、おそらく漫画史上最も難しいキャラクターです。」とコメントする、2024年1月12日全国ロードショーの映画『アクアマン/失われた王国』主演のジェイソン・モモア(Jason Momoa)。

OK! インタビュー☆ジェイソン・モモア:『アクアマン/失われた王国』(後編)

『アクアマン』公開から約5年、ジェームズ・ワン監督の『アクアマン/失われた王国』でジェイソン・モモアが海の王国に戻ってきます!

━━アクアマンのファンに続編について何を伝えたいですか?

新しいものを見てワクワクしてもらえたら嬉しいです。この作品では素晴らしいことがたくさん起こっています。楽しいですね。そしてコメディをやるのが本当に楽しいです。パトリック・ウィルソン(Patrick Wilson)に関しては本当に面白いことがいくつかあります。私は本当に彼を愛しています。一緒に仕事をするのはとても楽しかったです。まるで兄弟のようです。

━━あなたは海洋を代表する熱烈な擁護者です。地球の保護と生態学的な問題は、新しいアクアマン映画で取り上げられるのでしょうか?

この映画は、脚本パートナーと一緒に50ページのトリートメントを書き、ワーナーブラザースに提出したところ、とても気に入ってもらったところから始まりました。この物語は、私たちの地球に何が起こっているのか、そして気候変動によって天気が地球にどのような影響を与えるのかに根ざしたものであり、それが現在起こっていることも示しています。

そして物語の途中で[アクアマン]はニューヨークの国連に行くことになり、私はこのスピーチを世界に向けて発表します。私は祖母と母に育てられたので、とても仲が良かったのですがその祖母は84歳で亡くなったばかりです。そのシーンは私の心の中でとても大切なものであり、これから世界に何が起こるかを示し、私自身の2人の子供を含む人々にインスピレーションを与えようとしています。

━━AppleTV + の新しい10部構成の大きなシリーズ『原題:Chief of War』にも携わっていますが、これはハワイの伝統に深く関わる機会を与えてくれるのですか?

『DUNE/デューン 砂の惑星』(原題:Dune)の撮影中に Appleにこのプロジェクトを売り込んだところ、とても気に入っていただき、このプロジェクトを実現できたことは素晴らしい経験でした。これは私がやろうと想像していたものよりも大きく、信じられないほど満足しています。

私たちの物語を語った人は誰もおらず、ハワイの物語を知っている人もいません。これが私にとっての頂点です。これは私の『ブレイブハート』(原題:Braveheart)であり、私の『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(原題:Dances with Wolves)であり、私の『ラスト・オブ・モヒカン』(原題:The Last of the Mohicans)です。

OKJJasonMomoa2_2

━━あなたは、海に流れ着くことが多い使い捨てペットボトルに反対する主要な運動家でもあります。それも『アクアマン』があなたにとって重要な物語であるもう一つの理由ですか?

私たちは地球と海を尊重しなければなりません。海は美しくて素晴らしい先生です。それは非常に強力なので、尊重する必要があります。それは優雅さと美しさを与えてくれますが、同時に私を打ちのめします。

━━どういう意味ですか?

一度、大規模なサーフィン旅行に行って、溺れそうになったんです。波が大きすぎて、友達が私を助けに来ることができなかったのです。恐ろしかったです。私は先祖、祖母、祖父に祈りました。海の真ん中のサンゴ礁にぶつかったとき、やっと足を突っ込むことができたので、友達が私のいる場所を確認できて、私のところに来てくれることができました。海のパワーとその計り知れない美しさを尊重しなければなりません。

━━海洋について初めて関心を持つようになったのはいつですか?

私はハワイで生まれ、父親は完全なハワイ人で、母親はアイオワ州出身です。しかし、赤ん坊のときに彼らはアイオワに移り、私は母に育てられました。しかし、私は夏を父と一緒にハワイで過ごし、父は私に海とサーフィンを紹介し、私たちの世界のその部分を理解できるようになりました。

━━それが大学で海洋生物学を勉強するきっかけになったのですか?

私はただの自然、世界、地球のファンです。私がまだ幼い頃、海を守り、動物と協力し、病気の治療法を見つけることに人生を費やしたいと思っていました。この生涯でやるべきことがたくさんあるので大変です。アーティストとしてのキャリア、父親になること、人間としてこの地球に借りを返すことです。

WATERisLIFEという慈善団体と協力している理由です。それは、困っている人々に真水を届け、海をきれいにし、日常生活で使用する廃棄物やプラスチックをなくすことです。

━━あなたは、昨年リスボンで開催された国連海洋会議で、国連から水中生命擁護者(UN Advocate for Life Under Water)にも指名されましたね?

とても光栄なことです。先ほども言いましたが、私は海洋生物学者になりたいと思って育ちました。私のキャリアは俳優ですが、これが私の情熱です。私は生涯を通じて地球を救う必要性に常に取り憑かれてきました。私は、次世代が自分たちの声を届け、海がゴミ捨て場として使われるのを防ぎ、環境を尊重するために努力するよう促したいと考えています。

また、自分の子供たちにも挑戦してもらい、環境を守るために私たちが直面している課題を認識してもらいたいと思っています。私たちはプラスチック汚染を阻止しなければなりません。私は俳優としての立場と海洋生物学の経歴を活かして、この非常に重要な目的を支援しています。

ジェイソン・モモアによる上記のコメントは、現地時間2023年1月21日、サンダンス映画祭(Sundance Film Festival)の期間中、彼がナレーターを務める深海底からの金属採掘に携わる企業に関するドキュメンタリー『原題:ディープ・ライジング』(Deep Rising)のプロモーション中に行われました。彼のコメントは、長さと明瞭さのために要約および編集されています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Mario Mitsis / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_7_17_1
    東京の本日の最高気温は31度、湿気がすごいです。日本の夏を子供たちと一緒にエンジョイしています。地元…
  2. Kana2024_7_8_1
    NYも連日30度越えの暑い日が続いていますが・・・日本の猛暑の報道を見て皆さまの体調を心配しています…

レーサー鹿島Blog

  1. モータージャーナリストでラリードライバー竹岡圭さんの参戦発表会を取材してきました!三…
  2. 「全日本EV-GPシリーズ」第3戦@袖ヶ浦フォレストレースウェイ/2024年6月29日(土)…
ok!family
PAGE TOP