OKJJasonMomoa1_1

「アクアマンは素晴らしいキャラクターであり、おそらく漫画史上最も難しいキャラクターです。」とコメントする、2024年1月12日全国ロードショーの映画『アクアマン/失われた王国』主演のジェイソン・モモア。

OK! インタビュー☆ジェイソン・モモア:『アクアマン/失われた王国』(前編)

『アクアマン』公開から約5年、ジェームズ・ワン監督の『アクアマン/失われた王国』でジェイソン・モモアが海の王国に戻ってきます!

映画『アクアマン』(原題:Aquaman)(全米公開:2018年12月21日、日本公開: 2019年2月8日)の公開から約5年後、ジェイソン・モモア(Jason Momoa)は『アクアマン/失われた王国』(Aquaman and the Lost Kingdom)で海の王国に戻ってきます。英国公開12月25日、アメリカ公開12月20日、日本公開2024年1月12日に映画館で上映されるこの続編は、DCエンターテインメントの上層部にいくつかの変化があった後、ついに日の目を見ることになります。

確かに、モモアが2015年の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(原題:Batman vs Superman: Dawn of Justice)で初めて演じたスーパーヒーローとして再び活躍する姿を観客が見ることができることを、モモアほど喜ぶ人はいないでしょう。その脇役での彼の存在感が非常に印象的だったことに加え、スタジオは2018年の『アクアマン』が大ヒット作となったこともあり、彼に単独のシリーズを提供することになりました。そして、最近のスタジオ内紛や、DC新体制がシリーズに全力で取り組んでいるかどうかという疑問にもかかわらず、モモアはこの映画とその仕事に誇りを持っています。

「これはまさに兄弟たちとの旅だ! パトリック・ウィルソン(Patrick Wilson)(共演者)は驚異的であり、その中にはたくさんのテーマが詰まっています。」と44歳のモモアは年の初め、サンダンス映画祭(Sundance Film Festival)に出席した際に語りました。

「私がやりたかったのは、私たちを攻撃しようとする異星人の力ではありません。それは外の世界から来るものではありません。すべては私たちが私たちの惑星に対して何をしているかについてであり、私たちはいつ何が起こるかについて不安に思っています。あなたはキャップを溶かします・・・(プラスチック汚染を阻止しなければなりません)。それは私たちの未来です。あなたは今それが起こるのを見ています。」

OKJJasonMomoa1_2

ジェームズ・ワン(James Wan)が監督の『アクアマン/失われた王国』では、アクアマンがパトリック・ウィルソン演じる弟のオーシャンマスター(Ocean Master)との意見の相違を脇に置いて、ブラックマンタ(Black Manta:ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世(Yahya Abdul-Mateen II)演じる)の恐怖政治を終わらせるために同盟を結ぶ様子が描かれます。他の復帰アクアマンキャストメンバーには、ベン・アフレック(Ben Affleck:バットマン(Batman)役)、ニコール・キッドマン(Nicole Kidman:アトランナ(Atlanna)役)、ドルフ・ラングレン(Dolph Lundgren:ネレウス王((King Nereus)役)、ジャニ・チャオ(Jani Zhao:スティングレイ(Stingray)役)が含まれます。

「アクアマンは素晴らしいキャラクターであり、おそらく漫画史上最も(スクリーンに登場させるのが)難しいキャラクターです。」とモモアは映画俳優組合・米テレビ・ラジオ芸術家連盟(SAG-AFTRA)ストライキ前にコメントを述べました。

「彼はからかわれたり、嘲笑されたりしてきましたが、私は彼に心と魂を捧げようと努めましたし、ある意味ではそれを誇りに思っています。[続編]がうまくいくようにプレッシャーを感じていますか? いいえ、私にできることは全力を尽くすそれだけです。しかし、それは多くの人の手にかかっています。」

モモアによると、DCと共同で続編を制作したワーナー・ブラザース(Warner Bros)は、モモアと友人でプロデューサー・パートナーのブライアン・メンドーサ(Brian Mendoza)が執筆した50ページにわたる作品の中で、重要なプロットのポイントを遵守できなかったといいます。それにもかかわらず、『アクアマン/失われた王国』のクリスマス公開日は、映画の収益が10億ドルを突破し、シリーズ第3弾の製作が確実になる可能性が高いとされています。

モモアの次の出演作は、 AppleTV + シリーズ『原題:Chief of War』で、彼は植民地化を阻止するためにいくつかの戦争中の島々を統一しようとする18世紀のハワイの酋長として主演します。モモアは全10話のシリーズを共同監督し、共同脚本を務めました。

━━『アクアマン』を単独の映画シリーズ化することに熱心に取り組みました。続編が完成した今、自分が成し遂げたことをどれだけ誇りに思っていますか?

私だけではなく、私を信じてずっと見守ってくれた人がたくさんいました。そしてネイティブハワイアンとして、このキャラクターを演じることは私にとって光栄でした。私たちには誇り高い伝統と精神があり、ついに子供たちが映画館に見に行けるキャラクターを演じることができたことを、とても誇りに思っています。

私が端役で出演した『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でもネイティブハワイアンの子供たちは映画館で見ることができたし、今では彼らのパパが自分の映画で先頭に立っているのを見ることができました。彼らにとって、パパがこのレベルで活躍する姿を見ることがどれほど大きな意味を持ったかは言葉では言い表せません。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Mario Mitsis / WENN

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_2_20_9
    2024年2月20日-Coterie New York(前編)時間や場所の指定に数量と限りが…
  2. Kana2024_2_20_1
    NY時間の2月19日の週は、真冬の休み(Midwinter Recess)ということで娘と息子の通う…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週の放送(2月25日)は先週末、パシフィコ横浜に4万人を超え…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週の放送(2月25日)は先週末、パシフィコ横浜に4万人を超え…
ok!family
PAGE TOP