OKJCher1_1

「私はクリスマスが大好き」とOK! に語る、元気なエネルギーの塊のポップ界スーパースターのシェール(77歳)。

OK! インタビュー☆シェール:「女性は年齢を重ねても、自分との関係性を保っています」(前編)

初のクリスマスアルバムをリリースするスーパースター、シェールがOK! に語る老い、家族生活、そしてクリスマスシーズンへの彼女の愛情について!

「OK、誰か教えてくれない…いつになったら私は老けたと感じるんだろう? これはばかげている、私はこれらの数字を頻繁に聞いていますが、正直に言って、それらを理解できません。」とポップ界スーパースターのシェール(Cher)は、5月に77歳になったときにツイートしました。

そして 彼女は彼女の新しいアルバム、家族のお祝い、クリスマスの思い出について、OK!とチャットしています。私たちは同様に畏敬の念を抱いています。彼女は私たちに「一生懸命働いているので不機嫌で涙ぐんでいるわ。」と言うかもしれませんが、彼女は面白くて元気なエネルギーの塊です。

世間の注目を浴びる老化について、歌手であり女優でもある彼女は私たちに次のように語りました。映画の中で男性はごつごつした顔で年をとっていますが、誰もそれを気にしていないようですが、そのような女性はいませんでした。

「しかし今では、女性は年齢を重ねても社会で活躍できるようになりました。ただ売れる期限があるだけで、あなたがどんな人間であるかはまったく問題ではありませんでした。つまり、見た目が良くなれば助かるのですが、女性は一定の年齢から価値が失われます。これはある種のでたらめです。」

『イーストウィックの魔女たち』(原題:The Witches of Eastwick)、『恋する人魚たち』(原題:Mermaids)、『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』(原題:Mamma Mia! Here We Go Again)など、いくつかの映画に出演したスター、本名チェリリン・サーキシアン(Cherilyn Sarkisian)は1946年にカリフォルニアで生まれました。

母親で女優、歌手のジョージア・ホルト(Georgia Holt)がよく知っていたように、彼女は常にエネルギーに満ちていて、止められませんでした。「9歳のとき、学校から逃げようと決心しました。」とシェールは振り返ります。

「私は友人を冒険に行くような旅に行こうと説得し、貨物列車に飛び乗りました。どこへ行くのか全く分かりませんでした。私はお弁当を捨ててしまい、それが何よりも母に怒られて、友達が暗くなって泣き始めるまで2人で電車に乗っていました。それで母に電話したら、『シェール!何? どこにいるの? あなたは何をしたの? 何てこと! 』 逃げていたわけではなく、家に帰るつもりだったのですが、ただ冒険したかっただけです。私は野生児でした。」

OKJCher1_2

昨年12月に96歳で亡くなったジョージアを思い出しながら、シェールはこう語ります。「でも母はいつも良い仕事をしてくれました。彼女はお金を貯めましたが、そのほとんどは妹と私のためにクリスマスの時期に当てられました。クリスマスを楽しむのにたくさんのお金は必要はありません。」

家族と家で過ごしたこうした思い出が、シェールにとって初めてのお祝いアルバム『原題:Christmas』(クリスマス)をリリースするきっかけになったのかもしれません。

このアルバムには、スティービー・ワンダー(Stevie Wonder)、マイケル・ブーブレ(Michael Bublé)、シンディ・ローパー(Cyndi Lauper)などのスターとのデュエットが収録されており、クラシックの新しい解釈やいくつかのアップテンポが収録され、パーティーシーズンに向けたダンストラックです。

「私はクリスマスが大好きです。つまり、家を飾り付けると、みんなが集まってくるんです!」とシェールは言います。彼女はお祭りの季節が大好きなので、アルバムには悲しい曲が2曲しか入っていません。

彼女はさらにこう付け加えました。「これはお母さんのクリスマスアルバムじゃないんですよね? 私は『きよしこの夜』や、私より優れた歌手によってより良い方法で歌われていたすべての曲を歌いたくありませんでした。たとえ誰も聴いてくれなくても、誰も買ってくれなかったとしても、それでもこれは私がこれまでに作ったアルバムの中で最高のアルバムの1つであり、私はそれを誇りに思うでしょう。」

それで、彼女は今年、家族や友人たちと何を計画しているのでしょうか?

「そうですね、私には本当に若い友達がたくさんいますし、子供たち(息子のチャズ(Chaz)(54歳)とエリヤ(Elijah)(47歳)もいます。ゴッドチャイルドに関して言えば、私は靴を履いた老婆のようなものです。私たちは普通のクリスマスですることをしているだけです。今はまだ分かりません、決して計画したことはありません。踊っているかもしれないし、キッチンでみんなのお皿にマッシュポテトをのせているかもしれません。それが私たちのやり方です。七面鳥とドレッシングとパンプキンパイがあります。

私たちはディナーを祝うことに関しては非常に伝統的です。誰もがそれを期待しています。長い列ができて、みんなが自分の好きなものを手に取るだけです。でも、私たちはいつもパーティーをしたり、家を飾り付けたりします。人々はもっと親切で、どういうわけか最善の行動をとっています。クリスマスは人々の中にあるそれを引き出すのだと思います。今までやってきたことをやめて、家族や友達と幸せになること、恵まれない人々のために何かをすることに集中するのに最適な時期です。魂を感じる瞬間です。」

Words © Samantha Fraser / OK! Magazine
Photo © Nicky Nelson / WENN
Photo © WENN.com

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_2_20_9
    2024年2月20日-Coterie New York(前編)時間や場所の指定に数量と限りが…
  2. Kana2024_2_20_1
    NY時間の2月19日の週は、真冬の休み(Midwinter Recess)ということで娘と息子の通う…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週の放送(2月25日)は先週末、パシフィコ横浜に4万人を超え…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週の放送(2月25日)は先週末、パシフィコ横浜に4万人を超え…
ok!family
PAGE TOP