OKJCher2_1

写真左から:40歳年下のパートナーである音楽プロデューサーのアレクサンダー・エドワーズと、ポップ界スーパースターのシェール(77歳)。

OK! インタビュー☆シェール:「女性は年齢を重ねても、自分との関係性を保っています」(後編)

初のクリスマスアルバムをリリースするスーパースター、シェールがOK! に語る老い、家族生活、そしてクリスマスシーズンへの彼女の愛情について!

アルバムの宣伝でスケジュールが詰まっているシェール(Cher)にとって、愛する人たちとリラックスする機会は、ポップの女神にとってクリスマスの願いです。私たちが彼女に話を聞いたところ、彼女はパリで働いており、パートナーである音楽プロデューサーのアレクサンダー・エドワーズ(Alexander Edwards)と貴重な充実した時間を過ごす機会を得ました。

40歳年下の彼氏についてシェールはこう語ります。「それは、出たり入ったり、キスしたり、ハーイベイビー、そしてディナーか何かをするようなものです。でも、彼はここで私と一緒にいくつかのファッションショーに行くのですが、ファッションは大好きなのに、それほどショーには興味がないので、彼はただ私の手を握りに行っただけです。それは素晴らしいことです。」

音楽はシェールにとって大きな愛のひとつであり、彼女の元夫であり歌唱パートナーでもあった故ソニー・ボノ(Sonny Bono)が、彼女が音楽に対する本当の才能を持っていることに気付いたのは偶然だったと彼女は語ります。

「私はソニーとルームメイトとして暮らしていた、それだけです。そしてある日、彼が帰ってきて、私は奥の部屋でベッドメイキングをしながら歌い続けていたのですが、彼の頭が角を曲がって来たのが見えて『今の歌声はあなたですか?』と彼が聞くと、私は『そうよ。』と言いました。私の家族では皆が歌っていました。それは私にとってもそうでした。誰もがそうではないでしょうか? それから彼は音楽プロデューサーのフィル・スペクター(Phil Spector)に『シェールが歌う。』と言いました。」

レコードプロデューサーの歌手の車が故障した夜のことを思い出して、彼女はほほ笑みました。「フィルは『ここから出て。』と言い、私は1年間バックグラウンドで歌い始めました。」

1960年代にポップ デュオ、ソニー & シェール(Sonny & Cher)の一員として名声を博した彼女の活躍は伝説的であり、私たちの話は彼女のソロ復帰シングル『原題:Believe』(ビリーブ)のリリースから25年が経過したという事実に移ります。トラックで音声レコーダーを使用するというアイデアを思いついた彼女は、スタジオで初めてそれを聴いたのを覚えています。

「私にとって、それは天国のようでした。なぜなら、みんなはそれが私であることをすぐには気付かなかったからです。そして私はこう思いました、‶これはこれまでに起こった最高の出来事よ。”そしてボーカルの音がとても素晴らしかったです。とても違います。これまでの人生でそのようなことを聴いたことはありませんでした。」と彼女は言います。

OKJCher2_2

音楽から離れて、シェールは別の非常にクールなプロジェクト、彼女のアイスクリームブランドであるチェラート(Cherlato)に注意を向けました。「ほとんどすべての国で、アイスクリームを食べている私の写真が残っています。自分の会社を持つということは考えもしませんでした。 でも、ニュージーランドに行ったとき、姉がアイスクリームを持って帰ってきたので、『これは何?この人はどこにいるの?』」と彼女は言いました。
「彼はイタリア人男性、ジアポ(Giapo)でした。彼は奇跡のようなものを作ります。それで私は「ぜひあなたと一緒に何かやりたいです。」と言いました。5年後、Cherlatoが誕生しましたが、その反響は驚くべきものでした。このアイスクリームは私が今まで味わった中で最高だと言っておきます。」

しかし、今後数週間ですべての仕事は脇に置かれ、シェールはクリスマスの喜びを広めることになるでしょう。「自由時間がたくさんあるので、友達と会ったり、泳ぎに行ったり、運動したりしています。時間は取られているけど、余暇はたくさんあります。」と彼女は明かします。

彼女の性格には‶2つの部分”があることを認めたこの華やかなスターは、それが必ずしもマイアミとマリブの自宅でパーティーの中心になるわけではないと認めて私たちを驚かせました。「仕事をしていないときは、とても静かです。つまり、友達の前ではなく、人前では静かです。でも、私が仕事をしているときは? 私の性格には文字通り2つの部分があります。1つはステージに上がることができるタイプ、もう1つは誰かを知るまではバックグラウンドで座って何も言わないタイプです。

「私はとても内気な女優をたくさん知っています。私はステージに上がる前に嘔吐するパフォーマーをたくさん知っています。ですから、内気な人でもアートをすることで本来の自分になれることが多いと思います。それで、私にとってはそれがうまくいきました。」

Words © Samantha Fraser / OK! Magazine
Photos © Nicky Nelson / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_6_16_1
    NY時間の昨日、6月16日は父の日! Father’s Dayということで、娘と息子は張り切って学校…
  2. Kana2024_6_6_1
    ここ最近のNYは、日中は25度を超え日差しが強く暑いのですが、夕方以降は気温が15度まで下がり過ごし…

レーサー鹿島Blog

  1. トランスミッション、シフトロッドのボルト破損のマイナートラブルから無事に帰還。日差しが強くて目が…
  2. キャブレターの調整を終えて帰還。DUCATI MHR 1983.…
ok!family
PAGE TOP