OKJJeanJohansson2_1

夫と息子と一緒に約14年間住んでいる、元々はスコットランドのウイスキー男爵のために19世紀に建てられた、壮麗で堂々とした邸宅を案内するTVスターのジーン・ヨハンソン(Jean Johansson)(41歳)。

OK! 独占インタビュー☆ジーン・ヨハンソン:「私は多文化住宅で黒人女性として毎日暮らしています」(後編)

英国TV番組の司会者ジーンがスコットランドの見事な邸宅をご案内! TV業界の多様性の拡大を訴え、我が家に勝る場所がない理由を語ります。

ジーンが「何年も『ディス・モーニング』(This Morning)(英国のお昼TV番組)のドアを叩いていた。」ことを公然と認めているので、ジーンが仕事を依頼するのはこれが初めてではありません。「私は今、誇り高い競技会の主催者です。それがそうなるはずだということは分かっていたんです。私の最初の競技会は地元のインバークライド(Inverclyde)でした。本当に特別な瞬間でした。」と彼女は語ります。

このような切望された役を獲得することは、チャンネル4の新しい不動産番組にも出演したスターにとって特別なことではありません。幸運への鍵は当然のことです。「これがほんの始まりに過ぎないといいのですが。私はいつか快適なポジションのソファに座りたいという自分の野望について、本当に正直に言ってきました。そして1歩近づいています。誰もが応援してくれていますが、テレビでは必ずしもそうとは限りません。ジョシー・ギブソン(Josie Gibson)と緊密に仕事ができて本当に良かったです。私たちは何年も友達で、彼女はとても温かい人でした。」と彼女は言います。

ジーンもアリソン・ハモンド(Alison Hammond)の足跡をたどり、『ブリティッシュ ベイクオフ』(The Great British Bake Off)(英国の料理コンテスト番組)をやりたいと考えています。

OKJJeanJohansson2_2

『A Place In The Sun』(英国チャンネル4の英国内外の不動産を紹介するライフスタイルTVシリーズ)の撮影は魅力的に見えますが、マイナス面もあると彼女は言い、絶え間ない移動が代償をもたらす可能性があることを認めました。

「ジュニアのフットボールの試合や学校のコンサートなど、家ではたくさんのことを懐かしんでいます。イライラしますが、働く母親にとってそれは難しいことです。」と彼女は言います。「育児に関しては、おばあちゃん、友達、姉妹の両方にサポートしてもらいます。私たちにはとても良いネットワークがあり、私たちを助けてくれます。学校の休暇中はジュニアが私と一緒に旅行に来てくれます。夫と私にとって、ジュニアに勤勉な倫理観を持って達成できることを示すことが重要です。」

しかし、彼女は、不在のおかげで自分と元レンジャーズFC(Rangers)選手のヨナタンへの愛着が強くなったと語ります。「いつも一緒にいないことが助けになります。私たちはなかなか会えない、夜に出発する船のようなものですが、一緒に充実した時間を過ごすように心がけています。私たちは結婚して15年になりますが、彼は私の一番好きな人です。」と彼女は言います。

ジーンが「永遠の家」で過ごす時間を大切にしているのも不思議ではありません。「サッカー選手の妻として何年も旅をした後、私たちは2人ともスコットランドに定住して母の近くにいたいと思っていました。私はその家を7回見ました。天気が良いときも悪いときも、昼も夜も観察しました。それは私の聖域です。火を起こして家族とくつろぐのが大好きです。」と彼女は言います。

OKJJeanJohansson2_3

しかし、彼らの家は最初から絵に描いたように完璧だったわけではありません。2009年にこの建物を購入したとき、他の当時の物件と同様に、今日のような上品な装飾が施された住居に変えるには、少し工夫が必要でした。

「私は流行やトレンドが好きではないので、クラシックで時代を超越したものを選びました。また、たくさんの文化を取り入れたいと思っていました。夫がフィンランド出身なので、キッチンにはマリメッコ(Marimekko)というフィンランドのデザイナーのプリントが飾られています。そしてアフリカの部屋があります。そこが一番大きなリビングエリアで、夕食後に友人が来たときにカクテルを飲みに行く場所です。」とジーンは言います。

スコットランドで育ちましたが、ジーンはケニア生まれで、10月に数多くのイベントが開催された黒人歴史月間(Black History Month)の誇りを持ったサポーターです。「私にとって、この作品は忘れ去られがちな歴史の一部に光を当て、多くのインスピレーションを与える人々と、彼らの物語を前面に押し出してくれます。」と彼女は言います。

「この家では毎日が黒人歴史月間です。私は多文化住宅で黒人女性として毎日暮らしています。私の息子にとって、黒人の歴史とスコットランドの歴史を知ることは重要です。彼の学校のカリキュラムにそんなことはないので、ジョセフィン・ベイカー(Josephine Baker)(映画初の主演を務めたアフリカ系アメリカ人女性)のような人々について彼に教えるのは私にかかっています。」

OKJJeanJohansson2_4

ジーンは、TV業界で「絶え間ない」困難に直面してきましたが、自分は「そこに留まらないタイプ」だと言い、「今いる場所に満足しているし、自分のために前進することが全てで、決して後ろを向くことはしません。」と付け加えました。

「道を切り開くために私が取り組んだことの1つは、2021年のチャンネル4の『Black to Front Day』(英国黒人の素晴らしい才能を紹介することを目的とした番組企画)でした。私達は黒人の才能を1日中最前線に押し出しました。私にとってそれが何を意味するか説明するのは難しいです。なぜなら、私はテレビで黒人や褐色人の顔をあまり見たことがなかったからです。

「私が若かった頃、(ニュースリーダーの)モイラ・スチュアート(Moira  Stuart)と(子供向けテレビの司会者の)フロエラ・ベンジャミン(Floella Benjamin)は覚えているうちの数人でした。その後、(T4ホストの)ミキータ・オリバー(Miquita Oliver)とジューン・サルポン(June Sarpong)は私に大きなインスピレーションを与えてくれました。」

ジーンは、進歩が進んでいることはうれしいとしながらも、エンターテインメントにおける多様性と平等性を向上させるためには、まだやるべきことがたくさんあると指摘します。「今、テレビにはたくさんの黒人の顔が映っています。アリソン・ハモンドを見てください。彼女は皆を魅了しています。」と彼女は言います。

「ジュディ・ラブ(Judy Love)もまた驚異的な先駆者であり、素晴らしいマヤ・ジャマ(Maya Jama)も同様です。しかし、カメラの前とその後ろには、より多くの労働者階級の人々、より多くの有色人種、LGBTQ+の人々がいます。まだまだ先は続きます。

「私はもう、静かに野心を持つ必要がない年齢に達しました。私は自分や他の人が受けるに値するものを知っています。」

『A Place In The Sun』はチャンネル4で10月30日にスタートしています。

Words © Eve Macdonald / OK! Magazine
Photos © Mel Yates / OK! Magazine

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_2_20_9
    2024年2月20日-Coterie New York(前編)時間や場所の指定に数量と限りが…
  2. Kana2024_2_20_1
    NY時間の2月19日の週は、真冬の休み(Midwinter Recess)ということで娘と息子の通う…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週の放送(2月25日)は先週末、パシフィコ横浜に4万人を超え…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週の放送(2月25日)は先週末、パシフィコ横浜に4万人を超え…
ok!family
PAGE TOP