OKJAdamDriver2_1

マイケル・マン(Michael Mann)監督の最新映画『原題:フェラーリ』(Ferrari)で演じたエンツォ・フェラーリについて「フェラーリは女性ごとに違う人物のようになります。」と語る、主演のアダム・ドライバー(Adam Driver)。

OK! インタビュー☆アダム・ドライバー:『原題:フェラーリ』(後編)

マイケル・マン監督の映画で伝説のエンツォ・フェラーリを演じた主演のアダムが“エンツォの人生”と“役作り”と“ストライキ”について語る。

━━あなたの観点から見て、自動車レースの何がそんなに魅力的ですか?

おそらく、特に当時はレースにおいてシートベルトや安全性が重要視されていなかったので、危険が大きく関係しているのかもしれません。レースとは、人間が自然に行うことの手段を超えた何かを行うことであり、その速度で走行し、マシンでできるだけ速くロードコースを勝ち抜けてナビゲートするためだけに命を危険にさらすという精神を持っています。エンジンや、レース体験を生み出すために統合する必要があるすべてのものについて、哲学的にならざるを得ません。

━━ご自身でフェラーリに乗ることはありましたか?

残念ながら、保険の都合上、フェラーリを運転することは許されませんでした。映画が中止になるかもしれない私が怪我をするのを見たくないということは別として、彼らは、私たちが使用していたヴィンテージのフェラーリのレースカーは信じられないほど高価であり、1台を失うわけにはいかないという点で私を信頼しませんでした。

━━この映画は、俳優たちの激しいストライキのさなか、ヴェネツィア国際映画祭で上映されています。このような状況下でここにいることについてどう思いますか?

私はここに姿を現し、一緒にやっていくのは本当に人々の問題であるという点をさらに証明することで、[私の組合]を支持し、連帯するためにここにいます。[それらのテーマは]私たちの映画と非常に共鳴しています…。

かつて誰かがケータリング部門にいたとき、次は彼らがセットで私たちと一緒に映画の中で役割を果たしているように思えました…。それは非常に即興でした、そして自然や時間、これらすべてとの戦いです。そもそも映画が作られるというのは奇跡です。特にこれは参加することが非常に重要だと感じました。

━━この映画の制作方法で最も魅力的な部分の1つは、イタリア文化についての固定観念から離れているということですか?

それは大きな褒め言葉ですね。それは正しいと思います。この映画は、物語に真実味をもたらしたかったので、そのようなことはしませんでした。カリフォルニアではこの映画を作ることはできなかったでしょう。そして私にとって、イタリアで撮影し、そこで時間を費やして映画を制作することは、歴史的背景と精神性を理解するために不可欠でした。

イタリアに住んでいて、モデナ(Modena)のフェラーリ工場の元の場所で撮影していて、フェラーリが住んでいたのと同じ場所にいて、イタリア人スタッフに囲まれて、その文化に浸って、8月の暑さを感じて、生きていなければならなりませんでした。エアコンのない家に住んで、当時そこに住んでいたことがどのような感じだったのかを知ることができました。

食事をし、農場の肥料の匂いを嗅ぎ、道路や土地の景色を見なければなりませんでした。文字通りではないにしても、これらすべてがあなたのやっていることの中に忍び込んでいます。

━━フェラーリの物語をさらに深く掘り下げるのに役立ちましたか?

文化を吸収し、できるだけ忠実にストーリーを語れなければなりません。自分が何を話しているのかを感情的に理解し、自分がいる文化に敬意を払わなければならないというプレッシャーがあります。そして、モデナとイタリアのその地域での撮影は、私たちにとって大きな安心感を与え、文字通り物語にしっかりと根付かせるのに役立ちました。

私と文化との関係はその経験から生まれました。それは私の文化ではないので、あなたが話していることが本物であることを確認するのは困難であり、印象派的な方法ではなく、イタリア人であるという感覚を伝えるために、厳密な方法で作業する必要があると感じています。できるだけ自然にです。イタリアはとても活気があり、食べ物も同様に人々もとても生き生きしていて美しいです。そしてそれは私にとって常に伝染する経験でした。

━━フェラーリは自分の仕事に強い執着を持っていますが、「人生における本当の価値は女性である。」と彼がかつて言ったことも興味深いです。彼はまた、愛人のリナ・ラルディ(Lina Lardi)(シェイリーン・ウッドリー(Shailene Woodley)が演じる。)に対してある種の自由を感じていました。彼らの間の関係をどのように説明しますか?

リナとの関係には絶対的な自由と快適さがあると思います。私たちのバージョンのフェラーリでは、彼女と一緒にいるとき、彼は自分自身に最も近くなります。彼は完全に無防備で、彼女といるこの瞬間の間、彼を頼りに工場で彼を待っているすべての人々のことを考える必要はありません。それは彼にとってまさに完全な解放です。

━━イタリア人ではなく、俳優たちが英語で話しているにもかかわらず、イタリア人として信じられるようにするという点での課題は何でしたか?

それは大きな挑戦でした。そして、あなたは毎日、本物で自然でいなければならないというプレッシャーに気付いていますが、それを手放さなければなりません。さもなければ、それはその瞬間の邪魔になります。

もちろん、誰もがフェラーリについて独自の考えや印象を持っていますが、マイケルが語るこのバージョンでは、これが私たちがコミットしたものであり、これが私たちが伝えている物語です。フェラーリの執着、彼の正確さ、このレーサーについて100%その場に集中し、自分のやっていることに独特の集中力を発揮する精神です。

そして生死がかかっているので、フェラーリには勝利に関係のないことをする余地はありません。

アダム・ドライバーによる上記のコメントは、現地時間8月30日水曜日、イタリアのヴェネツィアで開催中のヴェネツィア映画祭(The Venice Film Festival)の期間中、彼が新作映画『原題:フェラーリ』の宣伝のために行ったものです。彼のコメントは、長さと明瞭さのために要約および編集されています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photo © Matteo Chinellato

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_6_6_1
    ここ最近のNYは、日中は25度を超え日差しが強く暑いのですが、夕方以降は気温が15度まで下がり過ごし…
  2. Kana2024_6_3_1
    本日のNYの最高気温は30度。日差しも強く暑い1日となりました。3rd grade(3年生)…

レーサー鹿島Blog

  1. トランスミッション、シフトロッドのボルト破損のマイナートラブルから無事に帰還。日差しが強くて目が…
  2. キャブレターの調整を終えて帰還。DUCATI MHR 1983.…
ok!family
PAGE TOP