OKJAdamDriver1_1

マイケル・マン監督の最新映画『原題:フェラーリ』で演じたエンツォ・フェラーリについて「フェラーリは女性ごとに違う人物のようになります。」と語る、主演のアダム・ドライバー。

OK! インタビュー☆アダム・ドライバー:『原題:フェラーリ』(前編)

マイケル・マン監督の映画で伝説のエンツォ・フェラーリを演じた主演のアダムが“エンツォの人生”と“役作り”と“ストライキ”について語る。

アダム・ドライバー(Adam Driver)は、F1レーシングチームとイタリアのスポーツカー製造会社の伝説的な創設者であるエンツォ・フェラーリ(Enzo Ferrari)の伝記映画の最新作『原題:フェラーリ』(Ferrari)を宣伝する傍ら、切実に必要とされていたスターの力をヴェネツィア国際映画祭(The Venice Film Festival)にもたらしました。

この待望の映画はマイケル・マン(Michael Mann)(『ヒート』(原題:Heat)、『インサイダー』(原題:The Insider))によって監督され、彼はこの映画の製作に30年を費やし、ヴェネツィア国際映画祭での最初のフェスティバル上映後には6分間のスタンディングオベーションが起こりました。

この映画は主に、エンツォ・フェラーリの会社が財政的に窮地に陥り、ペネロペ・クルス(Penélope Cruz)演じるラウラ(Laura)との結婚生活と、シェイリーン・ウッドリー(Shailene Woodley)演じる愛人リナ・ラルディ(Lina Lardi)との10年にわたる不倫関係をめぐって、個人的な危機に直面していた1957年の夏を舞台としています。

フェラーリはまた、1年前の1956年に筋ジストロフィーで亡くなった最愛の息子ディーノ(Dino)の死を引きずり悲しんでいます。一方、エンツォは、勝利が低迷している会社の運命を押し上げることになるそれ以降のミッレミリア(Mille Miglia)レースに全力を注いでいました。

「フェラーリは女性ごとに違う人物のようになります。」とドライバーは言います。続けて、「明らかに彼の母親がすべての核心であり、妻のラウラとともに彼らは(息子の死に対する)根本的な悲しみを経験しており、それが2人の間で解決されていないのです。しかし、映画は、彼らの関係を伝えることを願っています。おそらく悲しみに対処することはできなかったかもしれません。悲しみの底流があり、それが物事を前進させ、あるいは物事を後退させている、それがより良い言い方かもしれません。」

ドライバーは、SAG-AFTRA(全米映画俳優組合)からヴェネツィア国際映画祭への出席を免除された数少ないアメリカ人俳優の1人で、「現在ハリウッドで仕事を失っている人々への連帯の証としてフェラーリを宣伝できることをうれしく思っています。」と語りました。

現在進行中のWGAの脚本家とSAG-AFTRAの出演者らによるストライキは、主要スタジオを代表するAMPTP(映画製作者協会:Alliance of Motion Picture and Television Producers)との解決の見通しが立たないまま長引いています。

ドライバーは映画の記者会見で次のように述べました。「この映画をサポートするために、ここに来ることができてとてもうれしいですが、同時に、AMPTPの一部ではない映画の視覚的表現として、ここにいることをとても誇りに思っています。暫定合意であるSAGの指導的指令(効果的な戦術)を推進することです。」

「暫定協定(免除)の目的は2つあります。1つは、(AMPTPと)何の関係もない独立系映画が、IATSE(国際映画劇場労働組合:International Alliance of Theatrical Stage Employees)とSAGの人々のダメージを少しでも止めて仕事に行けるようにすることです。もう1つの目的は、なぜ大企業ではなく、Neonや STX Internationalのような小規模な配給会社が、SAGが求めている要求(これは事前交渉であり、SAGのウィッシュリストの夢バージョン)に応えることができるのかということです。 なぜNetflixやAmazonのような大企業はそれができないのでしょうか?」

ドライバーがヴェネツィアに登場したことで、以前にヴェネツィア国際映画祭を訪れたときの懐かしい思い出が甦りました。彼は10年前に映画『原題:ハングリー・ハーツ』(Hungry Hearts)でヴェネツィアデビューを果たし、最優秀主演男優賞の金獅子賞を受賞しました。最近では2019年に『マリッジ・ストーリー』(原題:Marriage Story)でヴェネツィアを訪れています。

現在80歳で映画史上最も偉大な監督の1人として知られるマイケル・マン監督は、「モータースポーツとフォーミュラ1の歴史の中で最も象徴的な人物の1人であるエンツォ・フェラーリの物語を語ることができたことに満足しました。」と語りました。

「キャラクターが(フェラーリのように)ダイナミックでオペラ的である場合、その人物に具体的に入り込めば入るほど、彼はより普遍的になります。彼の多くの部分は互いに対立していました。人生のありようを反映しているものとして、私に共鳴しました。」とマン監督は説明しました。

『フェラーリ』は現在、英国と米国で今年12月に公開される予定ですが、近い将来、主にストリーミング収益をめぐる俳優とプロデューサーの意見の相違が解決すれば、その日は繰り上げられる可能性があります。

━━伝説のエンツォ・フェラーリと、この映画が彼の人生にアプローチする方法についてどう思いますか?

彼はレースのメンタリティによって生き、死ぬ人でした。レース中に現実逃避するのとはほぼ逆で、100%集中しているのです。彼は本能的で内面に集中しており、ある意味、とても孤独です。

━━私たちは、息子ディノの最近の死を引きずり苦しんでいる彼の人生の瞬間を見ます。これはあなたのパフォーマンスにどのような影響を与えましたか?

彼の人生の初期に起こった多くのことが、1957年(物語の大部分が起こる年)に現れています。彼は悲しみを分析したり処理したりしていない人で、非常に厳格でもあります。マイケル(マン監督)に似ています。それらはすべてプレイするのに挑戦的なものでした。エンツォ・フェラーリは、さまざまな人々にとって多くの意味を持つ、人生を超えた人物でもあります。

それらすべてを尊重したいと願っていますが、結局のところそれは不可能です。書かれた物語を語るだけで、マイケルとトロイ(Troy:脚本家のマーティン(Martin))が思いついたものは、マイケルが誰であるかの本質を非常によく捉えていると思います。

Words © Jan Janssen / WENN
Photo © Matteo Chinellato

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_6_6_1
    ここ最近のNYは、日中は25度を超え日差しが強く暑いのですが、夕方以降は気温が15度まで下がり過ごし…
  2. Kana2024_6_3_1
    本日のNYの最高気温は30度。日差しも強く暑い1日となりました。3rd grade(3年生)…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週の放送(6月16日)は、千葉県木更津市に完成した“バイクやクル…
  2. YouTube「YU.SR500/愛車のある暮らし」やインスタグラムなどを通じて、“バイクやクル…
ok!family
PAGE TOP