OKJTinaTurner1_1

現地時間2023年5月24日、スイスのチューリッヒ近郊の自宅で83歳で老衰で亡くなったロックンロールの女王、ティナ・ターナー。

【追悼】ティナ・ターナーがいないことを寂しく思う-『リヴァー・ディープ・マウンテン・ハイ』(前編)

懐かしさにお別れ、伝説のティナ・ターナーの生涯を振り返る。

スーパースター、フェミニストのアイコン、戦士、言うまでもなくロックンロールの女王、ティナ・ターナー(Tina Turner)は、その波瀾万丈の人生においてさまざまな形で描写されました。彼女は現地時間2023年5月24日、スイスのチューリッヒ近郊の自宅で老衰で亡くなりました。彼女は近年、健康状態に悩まされており、2016年に腸がんと診断され、2017年に夫のエルヴィン・バッハ(Erwin Bach)から提供された腎臓移植を受けて命を救いました。

悲痛なファンから世界的リーダー、ロック界のレジェンドに至るまで、誰もがティナの訃報に悲しみを表明する中、83歳の歌手を表すあるフレーズが何度も登場しました。確かに最もふさわしい賛辞として、彼女は“simply the best”として永遠に記憶されるでしょう。

若きアンナ・メイ・ブロック(Anna Mae Bullock)をテネシー州での貧しい子供時代からロックの殿堂まで連れて行った旅は、伝説となっています。彼女は人生を最大限に生きた現代のアイコンでしたが、最終的に幸せになれるまでには、最初はさまざまな困難を経験しなければなりませんでした。

彼女のスターへの道の第一歩は、10代の頃にセントルイスのナイトクラブでアイク・ターナー(Ike Turner)と出会い、そこで彼はステージ上でBBキング(BB King)の曲を演奏する彼女を賞賛しました。彼がこの若い歌手とチームを組んでアイク&ティナ・ターナー・レビューを結成し、彼のバンドであるキングス・オブ・リズム(Kings Of Rhythm)がステージでサポートするまで、それほど時間はかかりませんでした。

彼らの最初のヒット曲『ア・フール・イン・ラヴ』(A Fool in Love)は 1960年にリリースされ、その後結婚しました。そして、『リヴァー・ディープ・マウンテン・ハイ』(River Deep Mountain High)、『プラウド・メアリー』(Proud Mary)、『ナットブッシュ・シティ・リミッツ』(Nutbush City Limits)、トップ10ヒット曲を次々と生み出しました。

アンナ・メイはティナ・ターナーになりました。ティナは、バックシンガーのアイケッツ(The Ikettes)と一緒に踊りながら、その大きな声で観客に衝撃を与えたスポーツ少女です。アンサンブルの評判が高まるにつれて、彼らは人種的に分断された南部深くのさまざまな聴衆の前で演奏し、障壁を打ち破ったと評価されました。しかしティナにとって、名声のためには代償を払わなければならなかったのです。

Words © Lesley Jones / OK! Magazine
Photo © Becher / WENN.com

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_4_22_1
    NY時間の4月22日、最高気温が15度で青空広がる1日となりました。本日から30日まで子供達の通う学…
  2. Kana2024_4_15_1
    今日のNYの最高気温は27度と汗ばむ1日となりました。今年の夏も暑そうだな・・・。気温が高く…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週(4月21日)の放送は、日本自動車輸入組合(JAIA)が主…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週(4月21日)の放送は、日本自動車輸入組合(JAIA)が主…
ok!family
PAGE TOP