OKJTinaTurner2_1_1

現地時間2023年5月24日、スイスのチューリッヒ近郊の自宅で83歳で老衰で亡くなったロックンロールの女王、ティナ・ターナー(Tina Turner)。

【追悼】ティナ・ターナーがいないことを寂しく思う-『リヴァー・ディープ・マウンテン・ハイ』(後編)

懐かしさにお別れ、伝説のティナ・ターナーの生涯を振り返る。

不安定で暴力的な夫(アイク・ターナー(Ike Turner))と一緒にレコーディングやパフォーマンスをしながら家族を養うことは、耐えられないことでした。夫婦と4人の子供たちはロサンゼルスに移りました。世界的に知られるようになったのが、1976年までにテキサスでのライブを終えてホテルに戻る車の中で夫婦喧嘩が起こり、事態は頂点に達しました。ティナは自らの命を自らの手で救い、虐待的な結婚生活からきっぱりと逃れるためにホテルを出て裸足で高速道路を走りました。彼女は後に、離婚当時、友人の家に隠れて生き延びるのに苦労したことを語っています。

その後、ティナは自分自身の虐待体験を何の差し止めもなく語った女性として、家庭内暴力について語り続けます。1997年、ティナは米国のトーク番組司会者ラリー・キング(Larry King)に対し、自身のトラウマを追体験することには価値があると説明し、次のように語りました。

「私はそれを、私が生きてきた人生からの贈り物だと思っています。それには意味があったのです。そして、今起こっていることのすべてが意味を持っていたと思います。この物語を世界に発信していなかったら、おそらく私の人生は今のようにはなっていなかったと思います。」

2018年にBBCニュースに語った際、彼女は「私にとって死は問題ではありません。別れるのは本当に構いませんでした。」と明かしました。そして今年初めにヴォーグ(Vogue)誌に語った際、彼女は自分にとって慰めとなったことについて次のように語りました。

「83歳で引退できるのは、とてもうれしいことです。それは当然のことですが、初期の頃から続けてきた儀式は今も私の中にあります。その中には、毎日私の小さな礼拝室で時間をかけて唱えることも含まれます。」

ティナは 1970年代に仏教を受け入れ、自分の信仰が生活に平安をもたらしたと信じています。彼女は友人のオプラ・ウィンフリー(Oprah Winfrey)に、自分の哲学的な考え方について次のように語りました。

「誰も戻ってこないので誰も教えてくれません。死ぬのは楽しみではありませんが、死ぬ時が来たら後悔はしません。それは、私はここに来た目的を果たしたからです。」

Words © Lesley Jones / OK! Magazine
Photo © Becher / WENN.com

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_5_11_1
    NY時間の昨日、5月12日は母の日でした。Happy Mother’s Dayということで、私は日本…
  2. Kana2024_5_5_1
    最長で10連休となりました、今年のゴールデンウィークはいかがだったでしょうか?NY時間の20…

レーサー鹿島Blog

  1. ALPHA SHOP渋谷店の取材時に出会ったヘルメットバッグのスモール版が素敵です!スマフォ、財…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週(5月19日)は1959年創業のアメリカのミリタリーブ…
ok!family
PAGE TOP