OKJ_KatiePrice3_1

17歳でモデルを始め、現在はリアリティ番組のスターとして活躍する5児のシングルマザーのケイティ・プライス。

OK! 独占インタビュー☆ケイティ・プライス:「娘のプリンセスは私から彼女の開放性、自信、誠実さを得ます!」Vol.3

母の日の計画や、娘がモデルのキャリアを始めるときの誇りについて語る、元モデルでリアリティ番組のスターのケイティ。

一番下の女の子、8歳のバニー(Bunny)について話すケイティ・プライス(Katie Price)(44歳)は、笑顔でこう認めています。「バニーは、彼女の友達が母親のアカウントを使用できることを理解していません。私たちが少し違うことを説明しなければなりません。バニーはいつか間違いなく自分のYouTubeチャンネルを持つべきであり、彼女はメイクが大好きなので、自分の香水と化粧品を持ち出すことを想像することができると思います。」

「息子のジュニア(Junior)(17歳)の音楽はジュニアそのものです。ジュニアのお父さん(元夫のピーター・アンドレ(Peter Andre))は歌手なので、ジュニアはピーターの足跡をたどっています。ジュニアは小さなピートであり、プリンセスは小さな私です。しかし、もちろん、彼らには独自のアイデンティティーがあります。 」

ジュニアの歌手としてのキャリアは、昨年彼の最初のシングルである『スライド(Slide)』がチャートにヒットした後、ますます勢いを増しています。「もう私たちと写真撮影をしたくないようです。 ジュニアは自分自身として知られることを望んでいます。彼はとてもやる気があります。彼は私とはとても違います。ジュニアは穏やかで落ち着いているピートの性格を持っています。」

OKJ_KatiePrice3_2

写真上段左から:ハーベイ、バニー。写真下段左から:ケイティ、ジェット(Jett)(9歳)、プリンセス。撮影当日ジュニアは不在。

そしてケイティは、プラダー・ウィリー症候群、中隔視覚異形成症、自閉症を患っているハーベイ(Harvey)(20歳)が、2021年にチェルトナムのナショナル・スター・カレッジ(National Star College)に転校して以来、飛躍的に進歩したと語っています。

「彼は間違いなく、より自立しています。時々彼は午前5時頃にシャワーを浴びています。彼は自分でシャワーを浴びて髪を洗っている様子を私たちに見せるために自分自身を撮影しています。彼はパスタを作るのが好きです。」と改善が見られたことを彼女は説明します。

父親が元サッカー選手のドワイト・ヨーク(Dwight Yorke)であるハーベイは、5月に21歳になり、ケイティはこの機会を記念する大きな計画を立てています。

「ハーベイはナイトクラブに行きたいと明言しています。ジュニアは6月に18歳になるので、ジュニアもクラブに入ってステージで演奏できるように、そのために何かを計画すると思います。ハーベイはそれを喜んでいます。」

最愛の子供たちへのオマージュとして、ケイティは子供5人全員のタトゥーを自分の体に入れる予定です。タトゥーアーティストのスター、ジェイ・ハットン(Jay Hutton)との7時間のセッションの後、ふくらはぎ全体に娘のプリンセス(Princess)(15歳)の顔にインクを塗ることから始めました。

「私がプリンセスから始めた理由は、彼女が長い巻き毛を持っているからです。だから、彼女の髪は間違いなく最も長くかかります。好意があるからではありません!」

OKJ_KatiePrice3_3

母親としての仕事は別として、ケイティは仕事に戻りつつあり、その勢いが衰える様子はありません。「どんなに打ちのめされても、必ず立ち直ります。今、私の心は正しい場所にいます。プライス帝国を取り戻す必要があります。香水、下着、水着、パジャマの範囲を取り戻したいです。そして、私はそれを行います。私は自分を、ちゃんとコントロールしていると感じています。」と彼女は言います。

ケイティは、彼女のドキュメンタリー『原題:ケイティ・プライス:トラウマと私(Katie Price: Trauma and Me)』の中で、彼女のメンタルヘルスの闘いについて話し、彼女の過去の闘争についてオープンにしています。チャンネル4(イギリスの公共テレビ局)の番組で、彼女は2021年9月に飲酒運転で事故に遭い、投獄される可能性があった瞬間について話しました。代わりに、彼女は16週間の執行猶予付きの判決と、2年間の運転禁止を言い渡されました。

PTSDと以前に議論された自殺未遂を抱えて生活しているケイティは、現在、毎週の治療セッションを受けています。「セッションは助けになります。私は社会奉仕もほぼ終えたので、それが終わったら、新たに始めることができます。人生でこれ以上ドラマを望んでいません。」と彼女は言います。

昨年、婚約者のカール・ウッズ(Carl Woods)と別れたリアリティ番組のスターは、「私は1人でいるのが本当に好きです。私は独身で、自分のスペースが大好きです。私は自分の最低点に戻ることは決してありません!!」と反抗的に付け加えます。

Words© Georgia Trevitt / OK! Magazine
Photos © Chelsea White / OK! Magazine

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_2_20_9
    2024年2月20日-Coterie New York(前編)時間や場所の指定に数量と限りが…
  2. Kana2024_2_20_1
    NY時間の2月19日の週は、真冬の休み(Midwinter Recess)ということで娘と息子の通う…

レーサー鹿島Blog

  1. 近未来系EVカート場、「CITY CIRCUIT TOKYO BAY」@お台場にある本格シミュレータ…
  2. 昨年12月にグランドオープンしたばかりの「CITY CIRCUIT TOKYO BAY」へ!…
ok!family
PAGE TOP