OKJ_ChrisPratt2_1

史上最高の興行収入を上げた映画スターのトップ10リストに入るクリス・プラット(Chris Pratt)。

OK! インタビュー☆クリス・プラット:『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』&『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』(後編)

キャリア最大の年を迎えようとしているクリス・プラット。

━━(『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』(原題:The Super Mario Bros. Movie)(全米公開:2023年4月5日、日本公開:2023年4月28日))のマリオの声を担当する機会が与えられたとき、スーパーマリオブラザーズゲームにどれくらい精通していましたか?

ああ、私はこのゲームの大ファンでした…。スーパーマリオ ブラザーズは世界で最も売れたビデオゲームであり、私はそのゲームをプレイした何億人もの人々の1人でした。1988年、私が9歳のとき、家族が任天堂のゲーム機を家に持ち込んだとき、それは私にとって魔法のようでした。ノスタルジックな瞬間を感じる多くは、子供の頃のノスタルジックな時間です。マリオは、多くの世代の多くの人々にとってノスタルジックな瞬間だと思います。

━━マリオをどのように表現しますか?

マリオは、兄弟と彼の家族に献身的な目を見張る夢想家です。マリオは、簡単にお給料を貰う手段をあきらめて、自分の配管事業を始め、低価格とフレンドリーなサービスでブルックリンを救うという夢を追い求めた男です。そして彼は、まさにそれを行う機会を与えられていることをほとんど知りません。

━━大画面版に追加された最も重要な新要素の1つは、ピーチ姫がよりアクティブな存在になったことです。

この映画のプリンセスはかなりタフです。80年代のオリジナルのゲームでは、マリオブラザーズが外に出て、ゲームの数回の繰り返しまでピーチ姫と呼ばれなかったプリンセスを救いました。その時点で、ピーチ姫はプレイヤーが使用できるアバターでした。

したがって、私たちの映画では、彼女が苦しんでいる乙女ではなく、彼女自身がかなりクールでヒロイック(英雄的)なキャラクターにする方が前向きでした。マリオとピーチ姫は協力して、ジャック・ブラック(Jack Black)演じるクッパに捕らえられたマリオの弟ルイージ(チャーリー・デイ:Charlie Day)を救出します。

━━キャッチフレーズ以外に、あなたのキャラクターであるマリオについてどのような詳細が分かりましたか?

マリオがゲームで実際に言ったことは、ほんの一握りです。そのため、私たちはこれらのキャッチフレーズを映画に挿入する方法を見つけようとしていましたが、これらの労働者階級のキャラクターと一致するでしょう。

━━この映画でスーパー マリオブラザーズゲームのファンを興奮させるものは他にありますか?

私たちはDonkey Kong’s Kingdom(ドンキーコング)からたくさん発見することができます。これらの熱狂的なカートゲームは、高速道路をロケットで駆け抜けます。それは本当にクールで真面目で、素晴らしいアニメーションの世界構築であり、マリオカートを映画に組み込むチャンスです。

━━近日公開予定の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』(原題:Guardians of the Galaxy Vol.3)(全米公開:2023年5月5日、 日本公開:2023年5月3日)の映画に目を向けると、映画がピーター・クイル(Peter Quill)の人生を取り上げるとピーターは人生のどの時点にいますか?

私たちは、クイルが彼を知らない彼の人生の愛の喪失に対処していることを発見しました。それは彼に影響を与え、ガーディアンを脆弱にします。この映画は彼を捕まえる場所です。“スター・ロード”(冒険野郎)について、今安心していることは何もありません。彼はかろうじて、それをまとめています。

━━ガーディアンズのフランチャイズが終了することを考えると、撮影の最終日はどのようなものでしたか?

私はキャストとクルー、そしてジェームズ(ジェームズ・ガン(James Gunn)監督)にスピーチをしました。私は感動と感謝の気持ち、そしてジェームズがこの映画と3つの映画すべてで監督を務めたことの祝福に圧倒されました。彼は作家で先見の明のある人であり、ディズニーがこの最後の映画のために彼を呼び戻してくれたのはとても幸運です。撮影最終日に感謝の気持ちが込み上げてきました。彼とガーディアンズを終わらせることは、すべてを意味しました。

━━苦労している俳優としての日々を乗り切るのに役立った資質の1つは、自分の信念だといつもおっしゃいましたか?

ある時、人を笑わせる太ったバディタイプを演じる俳優として生計を立てることを諦めていました。でもその後、その自分のイメージにうんざりして、『ゼロ・ダーク・サーティ』(原題:Zero Dark Thirty)を見た後、再び多くの体重を減らさなければならなかったことを覚えています。そして、体調を整えて、残りの人生も体調を維持しようと自分に言い聞かせています。そして、私は実行しました。

私はいつも自分自身を狂ったように盲目的に信じていました。いつの日か大きな役割を果たし、素晴らしいキャリアを積むことになるだろうと思っていました。どうやってそれをやろうとしているのか分からなかったし、ずっと後になるまでキャリアプランもあまり持っていませんでした。しかし、私の中には常に、誰もが期待していたよりも大きなことを人生で達成するという希望と自信を与えてくれる何かがありました。

クリス・プラットによる上記のコメントは、3月20日のZoom インタビューの過程で、彼が新しい映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』を宣伝していたときに行われました。追加のコメントは、2022年7月23日のサンディエゴコミコンで彼が『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』を宣伝していたコメントです。クリス・プラットのコメントは、長さと明確さのために要約および編集されています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photo © Nicky Nelson / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2023_6_3_1
    NY時間の6月3日の土曜日、週末はいつも家族揃ってお出掛けすることが多いのですが、この日は主人には予…
  2. Kana2023_5_29_1
    NY時間の本日2023年5月29日は、Memorial Day(メモリアルデー:戦没将兵追悼記念日)…

レーサー鹿島Blog

  1. ついに究極のギターストラップに巡り合いました。浅草発の新ブランド「AQUBE MUSIC P…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週と来週は、一流ブランドの革靴やバッグなどを手掛けてきた浅草…
ok!family
PAGE TOP