OKJ_RitaSimons1_1

人生を変える子宮摘出手術を受けた元『イーストエンダーズ』のリタ・シモンズがその方法やパートナーのベン・ハーロウが彼女の治癒を助けていることについて語るOK!独占インタビュー。

OK! 独占インタビュー☆リタ・シモンズ:「子宮摘出手術が私の女性らしさへの攻撃だったように感じます」(前編)

元『イーストエンダーズ』のリタが人生を変える手術を受けたこととその方法、パートナーのベンのサポートついて語る。

子宮摘出手術を受けてから数日後(インタビュー当時)に勇気を持って自身の話を共有した元『イーストエンダーズ』(EastEnders:BBCで放送されている連続テレビドラマ)のスター、リタ・シモンズ(Rita Simons)は、彼女の回復は肉体的だけでなく精神的な部分でもあります。

45歳の彼女は、OK! に独占的に語ったところによると、何年にもわたる苦しみに終止符を打つ手術が正しいことだと分かっていた一方で、自分の女性らしさと母親になるチャンスを奪われていると感じていました。

「私たちは女性として、妊娠できることを当然のことと考えがちですが、妊娠できないと、選択の余地がなくなります…。」リタは言葉を切り捨てます。

すでに双子の女の子、ジェイミー(Jaimee)とマイヤ(Maiya)(16歳)の母親である彼女は、2020年のロックダウンの前にパートナーのベン・ハーロウ(Ben Harlow)と一緒になったとき、これ以上子供を持つことを考えていませんでした。代わりに、彼女は、離婚後に気分が落ち込んだ後、彼が彼女に与えた新しい人生のリースを楽しむことに集中しました。

「本当に奇妙なことです。そのような状況に陥るまでは、それほど気にならないと思っていたのに、突然、『5年以内に子供が欲しかったらどうしよう…』と思うからです。」と彼女は率直に言います。

「ベンは知っています…彼は愚かではありません。女性として、私がもう妊娠できないことに動揺していることを知っています。彼はその会話が何を意味するかを知っていて、それが潜在的に意味することを知っています。彼はとても優しいのであえて言いませんでした。」

OKJ_RitaSimons1_2

写真左から:元『イーストエンダーズ』のスターのリタとパートナーのベン。

リタが専門家に相談することを決めたのは、交際が始まって間もない頃のことでした。生理不順は彼女の仕事能力に影響を与え、OCD(強迫性障害)と不安神経症の急増を引き起こしていました。

「生理中は、仕事をすることが難しくなるので、生理になると分かっている日には仕事の予約しないようにエージェントに言っていました。生理中の私は衰弱していると思うので、毎月の生理の日には仕事ができないことを知っていました。私の感情は毎月完全におかしくなりました。月に5日は大丈夫なはずなのに、また排卵が始まり、すべてが下り坂になるところまで来ました。」

彼女は最初にエストロゲンとプロゲステロンの混合ホルモンを試しましたが、その組み合わせは彼女を病気にし、それが長期的な選択肢ではないことを知っていました。その後、彼女は手術が必要になるという衝撃的な知らせを受けました。

「医師は『すべてを取り除くしかない。』と言いました。」と彼女は説明します。しかし、彼女が入院する前日に私たちの独占撮影のためにポーズをとり、手術が行われた数日後に私たちに話しかけているスターは、現実的です。

「健康が第一です。」と彼女は言います。「それはすべて私の女性らしさへの攻撃だったように感じますが、私の精神面での健康は子供たちにとっても、ベンにとっても良いことです。月経前のときの私の怒りを彼らは感じていましたから。」

リタは広汎子宮全摘出術を受け、子宮、子宮頸部、両方の卵巣が取り除かれました。デヴォン(Devon)の別荘でベンと一緒に回復している彼女は、次の課題の準備をしています。手術の結果として更年期障害に直面しています。

OKJ_RitaSimons1_3

リタは、現在受けているHRT(ホルモン補充療法:Hormone Replacement Therapy)とは別のHRTで症状を管理したいと考えています。彼女は、47歳のベンがそばにいれば乗り越えられることを知っています。

「私はリタをとても誇りに思っています。」と彼は言います。「彼女はこの決定について本当によく考え、素晴らしいアドバイスを受けました。本当に勇気がいる選択です。」

カップルがロマンスを始める前に、リタはOCD、ADHD(注意欠如・多動症)、不安神経症と戦い、どん底にいた彼女は、2019年に14年間連れ添った夫であり、娘たちの父親であるテオ・シルベストン(Theo Silveston)と別れた後、深刻なうつ病に陥りました。

最悪の場合、彼女は階段から身を投げ出すことを考えました。「私は自分に自殺願望があるとは言いませんでした。私はその点に到達したことはありません、でも私が死んでいれば、誰にとっても人生はより良いものになると思いました。」

しかし、その後、2017年から友人として知っていたベンが彼女をデートに誘い、ロマンスのチャンスをつかむのは「かなり恐ろしい飛躍」であることに気付きましたが、彼女は「本能的に」それが正しいと感じたことを知っていました。今、リタは至福の幸せを感じています。ベンが彼女を救ってくれたことを認めています。

「私は地獄に行ったり、戻ったり、また同じ所を回ったりしました。もしベンがいなかったら、私は今日ここにいないと確信しています。」と彼女は言います。「彼の言葉は、『誰も死ぬことはない。一歩下がって、全体像を見る。』ということです。」彼の影響で、以前ほど不安にならなくなったと思います。

Words © Gemma McCartney / OK! Magazine
Photos © Lorna Roach / OK! Magazine

後編へ続く・・・。

 

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_7_17_1
    東京の本日の最高気温は31度、湿気がすごいです。日本の夏を子供たちと一緒にエンジョイしています。地元…
  2. Kana2024_7_8_1
    NYも連日30度越えの暑い日が続いていますが・・・日本の猛暑の報道を見て皆さまの体調を心配しています…

レーサー鹿島Blog

  1. モータージャーナリストでラリードライバー竹岡圭さんの参戦発表会を取材してきました!三…
  2. 「全日本EV-GPシリーズ」第3戦@袖ヶ浦フォレストレースウェイ/2024年6月29日(土)…
ok!family
PAGE TOP