OKJSarah1_1

乳がんの乳房切除術と再建手術を受けて成功してからわずか数ヶ月後に皮膚がんの一種である悪性黒色腫と診断されたヨーク公爵夫人セーラ。

ヨーク公爵夫人セーラの衝撃的な2回目のがん診断

「悪性黒色腫が見つかってから自分のために時間を割いている。」とコメントする、ヨーク公爵夫人セーラ。

ヨーク公爵夫人セーラ(Sarah, Duchess of York)は先日、皮膚がんの一種である悪性黒色腫(malignant melanoma)と診断されたと発表、壊滅的な打撃を受けた後、新たな健康との戦いに直面しています。

この悲しい知らせは、彼女が乳がんの乳房切除術と再建手術を受けて成功してからわずか数ヶ月後にもたらされました。そして、亡くなった父親のロナルド・ファーガソン少佐(Major Ronald Ferguson)も皮膚がんと診断されたため、64歳のファーギー(Fergie)(愛称)は悲劇的にそれをよく知っていました。

父親と娘の絆は鉄壁だったと、BBCの元王室特派員ジェニー・ボンド(Jennie Bond)はOK! に語りました。 「セーラと父親はと非常によく似ています。活発で社交的な性格で、時折自分自身を泥沼にはめる傾向がありました。母親が家を出て行ったので、セーラは自然と父親と親しくなりました。辛い時も、彼らはあらゆる種類の危機や当惑を乗り越えてお互いを支え合いました。そして、父親は前立腺がんと皮膚がんの両方を患っていたのでセーラは、これから自分に待ち受けるかもしれない感情的、肉体的な旅をよく知っています。」

しかしヨーク公爵夫人セーラは、苦い思いや落胆の代わりに、彼女が知っている唯一の方法で行動しています。それは、堂々と顔を上げ、ポジティブさを投影することです。ヨーク公爵夫人セーラのアプローチは、多くの点で、亡くなった父親がこの状況に対処した方法を反映しています。 2002年に化学療法を受けたとき、彼はこう語りました。「がんに対する私の態度は、『よし、がんばろう』というものでした。」

ファーガソン少佐は、その経歴、国軍とのつながり、そしてポロへの愛情のおかげで、王室と緊密な関係を築いていました。その情熱から、彼はエディンバラ公爵フィリップ王配(Prince Philip, Duke of Edinburgh)、次にチャールズ国王(チャールズ3世:Charles III)、そしてウィリアム皇太子(William, the Prince of Wales)のポロマネージャーを務めました。ロナルドは「疾走する少佐」の愛称で広く知られていましたが、悲しいことに2003年3月16日に心臓発作により病院で亡くなりました。

ヨーク公爵夫人セーラ自身の皮膚がんの経験について、ジェニーは次のように説明します。「彼女は怖がっていることに違いありませんが、それには十分な理由があります。しかし、ファーギーは戦士でなければ何者でもない…彼女はそれを何度も証明してきました。彼女はすでに、この件について可能な限り前向きに考え、乳がんの場合と同様に、より大きな利益のために、そして他の人たちに検査を受けるよう奨励するために利用するつもりであることを示しています。」

静かな瞬間にヨーク公爵夫人セーラがどんな気持ちになるかについて、ジェニーはこう言います。「彼女のインスタグラムの投稿を見ると、彼女がこのニュースを受け止めながら穏やかで思索的な気分になっていることが分かります。彼女はこれまでに2度、自分の人生と将来について考えさせられました。彼女は強いです。 近年、ヨーク公爵夫人セーラは元夫アンドルー王子(Prince Andrew)(63歳)にとって力の塔となっています。彼女が娘たちに対していつもそうであったように。きっと彼ら全員が、今こそその気遣いや思いやりを少しでもお返しする時だと感じるでしょう。」

OKJSarah1_2

オーストリアのアルプスにある健康クリニックで初期の回復期間を過ごした後、ロンドンで治療を受けている公爵夫人は、インスタグラムで沈黙を破りました。
「皮膚がんの一種である悪性黒色腫と診断され、昨年の夏に乳がんと診断され、乳房切除術と再建手術を受けてから1年以内に2度目のがん診断となったため、自分のために時間を割いています。悪性黒色腫が発見されたのは、皮膚科医が細心の注意を払ってくれたおかげです。当然、新たながんの診断はショックでしたが、私は元気で、たくさんの愛とサポートのメッセージに感謝しています。」と彼女は書きました。

すでに自身の巨大なプラットフォームを他者を助けるために活用しているヨーク公爵夫人セーラ(1990年以来ティーンエイジ・キャンサー・トラスト(Teenage Cancer Trust)の後援者)は、肌の変化に常に注意するよう人々に呼び掛けました。

「私の経験は、大きさ、形、色、質感、そして悪性黒色腫の兆候である可能性のある新しいほくろの発生をチェックすることの重要性を強調していると思います。これを読んでいる人には、熱心に観察するよう勧めます。」と彼女は付け加え、自分の世話をしてくれた医療チームに感謝しました。

このような時には、病気が初期段階で発見されたことを確認するためにさらなる調査を受けるため、彼女が元夫アンドルー王子と今も共有しているウィンザーの家であるロイヤル・ロッジ(Royal Lodge)での彼女のサポートシステムが鍵となるでしょう。

1996年に離婚したにもかかわらず、彼女とアンドルー王子は今でも親密な関係を保っており、常にお互いが寄りかかる肩の役割を果たしてきました。
「ヨーク公爵夫人セーラとアンドルー王子は、離婚しているにもかかわらず、ほとんどの夫婦よりも結婚しているように見えるとして、人々は長年にわたって嘲笑してきました。」とジェニーは言います。「しかし、彼女の周りにこれほど強力な家族団がいることは、どれほど幸運でしょうか? あなたの世界が不確実性とトラウマによって突然揺さぶられたとき、協力的で愛情深い家族のしっかりとした根が不可欠です。」

ヨーク公爵夫人セーラはまた、以前「心のこもったチアリーダー、献身的な擁護者、ソウルメイト」と呼んでいた2人の娘、ベアトリス王女(Princess Beatrice)(35歳)とユージェニー王女(Princess Eugenie)(33歳)の愛と、3人の孫、シエナ(Sienna)(2歳)、オーガスト(August)(2歳)、アーネスト(Ernest)(8ヶ月)が与えてくれる楽しみにも慰めを感じることでしょう。

公爵夫人にとって今後は厳しい時期が訪れるかもしれませんが、私たちは彼女の無事を祈っています。

Words © Eve MacDonald / OK! Magazine
Photos © Phil Lewis / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_4_15_1
    今日のNYの最高気温は27度と汗ばむ1日となりました。今年の夏も暑そうだな・・・。気温が高く…
  2. 日本は、お花見シーズンですね。NYでも所々で満開の桜を鑑賞できます。道を歩いて満開の桜を見るとお花見…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週は東京ビッグサイトに11万3千人を集めた「第51回東京モー…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週(4月7日)も先週に引き続き、創刊36年の老舗クラシッ…
ok!family
PAGE TOP