OKJwalks1_1

「ウォーキングには器具や実際の経験は必要ないため、あらゆるフィットネスレベルに適しています。」と英国最大の医療慈善団体のNuffield Healthのパーソナルトレーニングのリーダーであるサムエル・クインはとコメントしています。

OK! Health☆ウォーク・オブ・ライフ

自分に合ったストライディング・スタイルを選択して、ペースを上げましょう。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のロックダウン中にジムが閉鎖されたとき、私たちの多くは毎日の散歩で体を動かしていました。 2020年、イギリスの人々はそれぞれ平均220マイル(約354km)を歩きましたが、私たちはまだ勢いを保っています。昨年の夏、何千人ものTikTok ユーザーが4マイル(約6.43km)の長さの冒険を記録するためにソーシャルメディアを利用して、話題になったホットな女の子のウォーキング・トレンドが証明されたのと同じです。

英国最大の医療慈善団体のNuffield Healthのパーソナルトレーニングのリーダーであるサムエル・クイン(Samuel Quinn)氏は、「ウォーキングには器具や実際の経験は必要ないため、あらゆるフィットネスレベルに適しています。」とコメントしています。

免疫機能を高め、骨と筋肉を強化し、心臓血管の健康状態を改善します。閉経後の女性では、1日1~2マイル(1.60~3.21km)歩くだけで血圧が下がりますが、65歳以上の女性で1日2.5マイル(約4.02km)歩く人は、加齢に伴う認知機能の低下を経験する可能性が低いことが研究で示されています。

ノルディックウォーキングとパワーウォーキングは何年も前から人気がありますが、試してみたい新しいストライドスタイルがいくつかあります。

1. トレッドミルストラット(TREADMILL STRUT)

米国のフィットネスの第一人者アリー・ベネット(Allie Bennett)によってTikTokで人気を博したこのテクニックは、持久力とペースがすべてです。36分間のプレイリストに固執し、快適なペースで歩き始めます。新しい曲が再生されるたびに、速度を0.1mph上げます。

歌手のリゾ(Lizzo)は、過去にワークアウトを高く評価しています。「やりました。最高の気分です。」と彼女は、自分のヒット曲のプレイリストに足を踏み入れた後、コメントしています。

2. カイウォーキング(CHI WALKING)

これは太極拳のマインドフルネスの原理を利用したもので、サムエル氏は次のように述べています。「体の動きに集中できるようにして、それに応じて調整できるようにします。 関節を緩め、腕や脚への圧力を取り除きながら姿勢を正すのに役立つので、歩くときに不快感を覚える場合に有益です。」

3. 12-3-30チャレンジ

これまでにTikTokで3億回近く再生されたこのチャレンジでは、傾斜12%のトレッドミルを時速3マイル(時速4.8キロ)で30分間歩きます。

「これはランニングに代わる負荷の少ない代替手段であり、傾斜、速度、時間を組み込むことで、下半身の持久力に優れています。」とサムエルは言い、勾配と速度を下げて開始することを勧めています。「十分な休息をとるために週に2~3回行い、他のウォーキングスタイルと同様に、できるだけ多くの筋肉を働かせるために、他の形式のエクササイズを試してください。」

4. ダンベルを持って歩く(HEAVY HANDS WALKING)

軽量のダンベルを数個持つ、リストウェイトを使用する、ウェイトジャケットを着用するなど、ウェイトを持って歩くことがますます人気になっている、とサムエルは言います。「全身の力、握力、コアと肩の安定性を向上させ、筋肉量を増やすことができます。」

ただし、「体に負荷をかけすぎると、けがや不必要な衝撃を引き起こす可能性があるため、試す前に専門家のアドバイスを求めてください。」という警告があります。

5. 競歩(RACE WALKING)

オリンピック種目である競歩のルールは2つだけです。片足が常に地面に着いていて、足が腰の下を通るまでまっすぐである必要があります。

「体は、衝撃を与えずに走る動きを模倣しています。あらゆる能力と年齢にとって、とても楽しく、やりがいのあるエクササイズになる可能性があります。」とサムエルは言います。ただし、けがのリスクが高くなります。「シンスプリントとランナーズニーは一般的であり、歩行スタイルの不自然な性質により、足首、膝、腰にストレスがかかる可能性があります。」とサムエルは付け加えます。まずはコーチにアドバイスを求めましょう。

軽い有酸素運動とストレッチで、事前に約10分間ウォームアップすることを忘れないでください。

一般的なけが

足底筋膜炎は、足裏の組織の帯(足底筋膜)が炎症を起こすことによって引き起こされる、刺すようなかかとの痛みの一般的な原因。回復には数か月かかる場合があります。歩いている地面の種類とその持続時間、履いている靴と体重に注意してください。

通常、片方の脚に過度のストレスがかかることが原因であるシンスプリントは、下肢の前部に沿った痛みとして現れますが、歩くだけで引き起こされることはあまりありません。ただし、一定期間活動を行わなかった後に、散歩の時間や強度を上げた人は危険にさらされています。固い地面の上を歩いたり、下手な歩き方をしたりすることも原因です。

膝蓋大腿痛症候群(PFPS)のかなり一般的な愁訴として、膝の前部(膝蓋大腿関節)に痛みを引き起こし、階段を上ったり、長時間座ったりするなどの動作中に感じることがあります。原因には、サポートのない靴や新しい活動を始めることが含まれます。

アキレス腱炎は、アキレス腱の使いすぎが原因で、脚の後ろの痛みやこわばりに関連しています。年齢とともに腱が弱くなると、リスクが高まります。

Words © Lucy Robinson / OK! Magazine
Photo © Mirrorpix

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_6_6_1
    ここ最近のNYは、日中は25度を超え日差しが強く暑いのですが、夕方以降は気温が15度まで下がり過ごし…
  2. Kana2024_6_3_1
    本日のNYの最高気温は30度。日差しも強く暑い1日となりました。3rd grade(3年生)…

レーサー鹿島Blog

  1. トランスミッション、シフトロッドのボルト破損のマイナートラブルから無事に帰還。日差しが強くて目が…
  2. キャブレターの調整を終えて帰還。DUCATI MHR 1983.…
ok!family
PAGE TOP