OKJCharles2023_9_5_2_1

治世開始から1年、人気急上昇のチャールズ国王(写真中央)と、あらゆる場面で夫を後押しするはカミラ王妃(写真右)と、国王の妹でプリンセス・ロイヤルのアン王女(写真左)。

チャールズ国王:私たちの偉大な国王の後ろに、素晴らしい女性たちがいます!(後編)

チャールズ国王を支える、カミラ王妃、キャサリン皇太子妃、エディンバラ公爵夫人ソフィーそして、アン王女!

上級王室のもう1人の貴重な女性は、エディンバラ公爵夫人ソフィー(Sophie, Duchess of Edinburgh)です。今年3月、数ヶ月にわたる憶測を経て、チャールズ国王(チャールズ3世(Charles III))は彼女とエディンバラ公爵エドワード王子(Prince Edward, Duke of Edinburgh)に公爵位を授与しました。夫妻は、1947年の結婚式当日にこの称号を授与されたエディンバラ公爵(エディンバラ公爵フィリップ王配(Prince Philip, Duke of Edinburgh)とエリザベス女王(エリザベス2世:Elizabeth the Second))夫妻以来、この称号を持つ初めてのカップルとなりました。

58歳のエディンバラ公爵夫人ソフィーは、障害者の権利の擁護や、避けられる失明や女性性器切除に反対するキャンペーンなどの大義を精力的に支援してきましたが、多くの場合、ほとんど大騒ぎしたり宣伝したりすることはありませんでした。彼女は国王の「秘密兵器」と呼ばれており、彼女が指揮する注目するものは着実に増加し続けています。

キャサリン皇太子妃(ウェールズ公妃キャサリン(Catherine, Princess of Wales)とエディンバラ公爵夫人ソフィーは、王室の70歳未満の4人しかいない現役王室のうちの2人であると、王室評論家のリチャード・フィッツウィリアムズ(Richard Fitzwilliams)氏は指摘し、彼女の目立たないことが成功の鍵だと感じています。

「彼女は共通の雰囲気を持つ母親であることを楽しんでいます。彼女はとても魅力的で、多くの勝利方法を持っていますが、あまり宣伝されないプロフィールを持つことを好みます。」とリチャード氏は言います。

「エディンバラ公爵夫人ソフィーは、何らかの意味で特別に魅力的であったり、特別に知名度の高いイメージではなく、私がいわゆる信頼できるイメージを追い求めています。エディンバラ公爵夫人ソフィーは君主制に欠かせない存在ですが、国民は彼女が誰であるかを知っていても、おそらく彼女についてあまり多くは知らないレベルです。そしてそれが彼女の好きなやり方だと思います。」

BBCの元王室特派員ジェニー・ボンド(Jennie Bond)氏も、共感できることは間違いなくエディンバラ公爵夫人ソフィーの最大の財産の1つであるというリチャード氏の指摘に同意します。

「エディンバラ公爵夫人ソフィーには共通の雰囲気があります。おそらくエディンバラ公爵エドワード王子と結婚する前は普通の生活を送っていたからでしょう。彼女は出会った人々とつながり、本当にチャットしたいように見えます。エディンバラ公爵夫人ソフィーは間違いなく、新しい女性スターの1人です。エレガントで魅力的で共感力に富んでいます。」

OKJCharles2023_9_5_2_2

写真:エディンバラ公爵夫人ソフィー。

家族内での公爵夫人の立場について、ジェニー氏はこう語ります。

「彼女の明らかな親密さは、義理の両親である国王と王妃に対する深い愛情のように見えます。そして、彼女はエディンバラ公爵の死後、亡き女王を大いにサポートし、あちこちに立ち寄ったり、一緒に映画を観たり、一緒にドライブしたりしました。」

おそらくチャールズ国王の同盟者の中で最も忠実なのは、73年間彼のそばに居続けた女性、彼の妹であるプリンセス・ロイヤルのアン王女(Princess Anne)かもしれません。

「チャールズ国王とアン王女は子供の頃からとても仲が良く、その関係は今も強いです。母親が突然女王になり、その仕事に伴うすべての責任を引き受けたとき、2人はまだ若かったのです。それで、両親が長い間家を空けていた間、彼らは寂しい時間を過ごしました。」とジェニー氏は言います。

この緊密な絆は生涯続き、国王は戴冠式での待機役のゴールド・スティック役に妹を選び、彼女を国王の身辺安全の責任者としました。

ジェニー氏は、彼らの違いこそが彼らを結びつけていると主張します。「アン王女は、2人の中では常にタフで社交的で、幼い頃から2番目に生まれた自分の立場を完全に受け入れていたと言いましたが、確かに弟を威圧することを躊躇しませんでした。彼の保護者としての役割を果たしています。」

アン王女の有名な真面目な姿勢が、彼女を国民だけでなく兄からも尊敬される理由にしています。彼女は、チャールズ国王の簡素化された君主制計画に反対するなど、自分の意見をはっきりと言うことで知られています。

「人々はアン王女の考え方や行動に、共感することができます。彼らは、彼女が喜んで愚か者を苦しめないという事実を気に入っています。チャールズ国王が彼女に必ずしも同じ賛美歌用紙から歌わせようとするはずもないし、実際に望んでいるはずもありません。彼女が自分の考えを話すことは受け入れられており、それが世間にアピールする点の1つです。」とリチャード氏は言います。

「アン王女は、欠かせない貢献をしており、それは確かに大きな将来性を示しています。」とリチャード氏は言いますが、あらゆる場面で夫を本当に後押ししているのはカミラ王妃(Queen Camilla)です。

「それは常にカミラ王妃の大きな強みの1つだと思います。彼女は彼に対処する方法を知っているだけです。」とジェニー氏は言います。

「チャールズ国王が機嫌を損ねているとき、彼女のアプローチは、ただ一歩下がり、あえて彼を爆発させて、その後は順調に続けるというものです。カミラ王妃は、問題のある状況を判断して効果的に油を注ぐのが非常に上手です。おそらく彼女は、彼が不安に思っているときにあえて話しかける、そして話すことができる唯一の人でしょう。そして彼が彼女に怒鳴り返す可能性は低いでしょう。」

何十年にもわたる世論の浮き沈みを経て、チャールズ国王の拠り所、相談役、そして最愛の友人として常に王の側にいたのはカミラ王妃です。

「ほとんどの人が退職しているこの年齢で、彼女は識字率や骨粗鬆症、動物愛護をサポートする運動を行っています。また、家庭内暴力やレイプなどの問題にも恐れることなく取り組んでいます。」とリチャード氏は言います。

「チャールズ国王には多大な支援が必要です。なぜなら彼は英国だけでなく他の14カ国と連邦全体を統治しているからです。彼女は憲法上の義務に驚くほど慣れています。本当に理想的なパートナーシップであり、おそらくいつか偉大な王室のラブストーリーの1つとしてみなされることになるでしょう。」

Words © Rebecca Russell /OK! Magazine
Photos © Mirrorpix

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_5_11_1
    NY時間の昨日、5月12日は母の日でした。Happy Mother’s Dayということで、私は日本…
  2. Kana2024_5_5_1
    最長で10連休となりました、今年のゴールデンウィークはいかがだったでしょうか?NY時間の20…

レーサー鹿島Blog

  1. ALPHA SHOP渋谷店の取材時に出会ったヘルメットバッグのスモール版が素敵です!スマフォ、財…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週(5月19日)は1959年創業のアメリカのミリタリーブ…
ok!family
PAGE TOP